【初心者向け】オールカマー2022予想と考察_本命ソーヴァリアント

G2
スポンサーリンク

【初心者向け】オールカマー2022予想と考察_本命ソーヴァリアント

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「産経賞オールカマー」の出走予定馬について、初心者向けの勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、9月25日に中山競馬場で行われる、G2、芝2200m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象のレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【初心者向け】オールカマー2022予想と考察_本命ソーヴァリアント:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。

なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。

予めご了承ください。

定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ソーヴァリアント

〇(対抗):デアリングタクト

▲(単穴):ヴェルトライゼンデ

△(連下):テーオーロイヤル

 

本命はソーヴァリアント

骨折休養前のG3チャレンジカップは圧巻の内容でした。

当週の追い切りも良かったことから、ジョッキーや陣営にも自信があったようです。

勝った内容も大差でしたし、春のG1に向けて良いイメージも持っていたでしょう。

しかし、G2中山記念前に骨折が判明し、9ヶ月の長期休養を余儀なくされました。

1週前の追い切りではブランクを感じさせない動きや走りで、タイムも順調そのもの。

この舞台では3戦しており、3着以下はない相性の良いコースです。

秋の大一番に向けた帰戦としては十分パフォーマンスを出せる状態でしょう。

 

 

対抗はデアリングタクト

約1年ぶりの復帰戦となったG1ヴィクトリアマイルは6着でした。

復帰戦はまだ物足りない感じもありましたが、前走のG1宝塚記念では3着でした。

調整を重ねたことや実戦勘が戻ったこともありますが、牝馬三冠の地力が大きいでしょう。

今回は秋のG1へ向けた始動戦になります。

G2クラスに入れば実績は最上位ですし、力試しとしては絶好の場でしょう。

当レースで弾みをつけられれば、秋以降は主役級になれるかもしれませんね。

 

単穴はヴェルトライゼンデ

前走のG3鳴尾記念は1年4ヶ月ぶりの実戦でした。

AJCCで2着になったあと、屈腱炎を発症したため戦線離脱となりました。

休養明けの前走は、これまでの鬱憤を晴らすかのような奔りでした。

5番手を追走すると手応え十分で直線へ。

追い出すと加速して一気に勝負を決めてしまいました。

動き切れていない中でのこの走りは、元々の地力の高さを見せつけるものでした。

当レースに向けては、脚元の不安を考慮して調整されています。

仕上がり具合は気になるところですが、最終追い切りで上向きを感じられればなお良しでしょう。

 

 

連下はテーオーロイヤル

スタミナ豊富な馬ですが、前走のG1天皇賞春の後は流石に疲れた様子でした。

勝ち馬をとらえるために無理をした分、疲れも多かったと思います。

それでも3着に入れたのは、長距離適性の高さやスタミナ、素質の高さでしょう。

休み明けの今回は追い切り内容も良く、久々でもしっかり動ける状態です。

休み明けを感じさせない仕上がりですので、復帰初戦から好走できると思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

【初心者向け】オールカマー2022予想と考察_本命ソーヴァリアント:出走予定馬一覧

今年は以下の13頭が出走予定をしています。

登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アドマイヤアルバ 56.0 騎乗予定:原田

ウインキートス 54.0 騎乗予定:松岡

ヴェルトライゼンデ 56.0 騎乗予定:戸崎

キングオブドラゴン 56.0 騎乗予定:三浦

クリスタルブラック 56.0 騎乗予定:吉田豊

クレッシェンドラヴ 56.0 騎乗予定:内田

ジェラルディーナ 54.0 騎乗予定:横山武

ソーヴァリアント 56.0 騎乗予定:川田

デアリングタクト 54.0 騎乗予定:松山

テーオーロイヤル 56.0 騎乗予定:菱田

バビット 56.0 騎乗予定:横山典

フライライクバード 56.0 騎乗予定:福永

ロバートソンキー 56.0 騎乗予定:伊藤

 

 

 

 

スポンサーリンク

【初心者向け】オールカマー2022予想と考察_本命ソーヴァリアント:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

ほとんどが休み明けの位置づけでの参戦となります。

キングオブドラゴンとバビットがいますので、ペースは多少流れるとみています。

レースはロングスパート戦になりそうですが、後方勢の動き出しがポイントでしょう。

休み明けで反応が鈍ければ逃げ切られる可能性も高くなります。

本命のソーヴァリアントは当舞台の経験が豊富です。

自分から動いていくこともできるので、しっかりと反応して差し切ると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、9月25日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年は、ウインマリリンが制しました。

当日は2番人気に支持され、レースに臨みました。

道中は好位で進め、直線に入ったあとブレーキをかけるようなシーンがありました。

しかし、すぐに立て直すと前2頭の追い比べに割って入った後抜け出しました。

この勝利で重賞3勝目となり、春に続いて牡馬を完封したレースでもありました。

なお、2着には5番人気のウインキートス、3着には3番人気のグローリーヴェイズが入りました。

1番人気のレイパパレは4着までで、2年連続で牝馬のワン・ツー決着となりました。

 

あとがき

中山コースの芝2200mは外回りコースを使用します。

トリッキーなコースレイアウトはおにぎり型とよく呼ばれます。

勝負どころからロングスパート戦になりやすく、機動力やスタミナが問われます。

ある程度の位置から競馬ができるタイプや、流れに対応できるタイプが好走傾向が高いです。

また、上がり最速馬の勝率が良いことから、長く脚を使えるタイプも好走しています。

 

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。

引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

同日の中京競馬場では、神戸新聞杯も開催されます。

ぜひ、神戸新聞杯の勝ち馬予想と考察記事もご覧ください。

【初心者向け】神戸新聞杯2022予想と考察_本命パラレルヴィジョン
この記事では2022年「神戸新聞杯」の出走予定馬について、初心者向けの勝ち馬予想と考察をしています。 当レースは、9月25日に中京競馬場で行われる、G2、芝2200m、3歳オープンクラスのWIN5対象のレースです。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました