【初心者向け】神戸新聞杯2022予想と考察_本命パラレルヴィジョン

G2
スポンサーリンク

【初心者向け】神戸新聞杯2022予想と考察_本命パラレルヴィジョン

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「神戸新聞杯」の出走予定馬について、初心者向けの勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、9月25日に中京競馬場で行われる、G2、芝2200m、3歳オープンクラスのWIN5対象のレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【初心者向け】神戸新聞杯2022予想と考察_本命パラレルヴィジョン:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。

なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。

予めご了承ください。

定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):パラレルヴィジョン

〇(対抗):プラダリア

▲(単穴):アスクワイルドモア

△(連下):ヴェローナシチー

 

本命はパラレルヴィジョン

デビュー前に歩様の乱れから骨折が判明し、3歳の4月までデビューは伸びました。

しかし、ここまで2戦2勝と文句なしの結果で、潜在能力の高さを見せつけました。

前走は展開の助けがありましたが、一気に突き抜けた決め手は評価できます。

タイムも古馬3勝クラス並でしたし、現状は主役は遅れて登場するという感じがしています。

ダービーの上位4頭が不在のメンバーなら、互角以上に十分戦えると思います。

 

対抗はプラダリア

春にG2青葉賞を制し、短いレース間隔ながらダービーでも5着に食い込みました。

好位集団で立ち回れたのも大きいですが、皐月賞馬のジオグリフにも先着しています。

デビュー自体は3歳1月と遅かったですが、半年も経たないうちに世代最強を決めるダービーで健闘しました。

まだまだ伸びしろがあり、秘めた力もありそうなことです。

菊花賞に向けての始動戦になりますが、経験済みの中京コースなら注目度も高くなりそうです。

 

単穴はアスクワイルドモア

前走の日本ダービーは良いポジションでレースを運べていました。

最後は力の差を見せつけられましたが、伸びしろや成長力もありそうです。

夏を越して力強さが増した印象がありますし、追い切りでも良い動きをしていました。

力は出せる仕上がりでしょう。

中京コースは重賞実績のある舞台ですので、自在性の高い走りが見られそうです。

 

連下はヴェローナシチー

前走は勝負どころでもたつく感じがありました。

直線でも内によれるような走りをしていましたが、伸びていました。

もたつき、よれた結果が着順にも影響した印象です。

しかし、当レースを目標に調整されており、前哨戦としては収穫もあったでしょう。

精神面が成長して良い状態でレースで臨めそうですが、あとは勝負どころでの反応でしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

【初心者向け】神戸新聞杯2022予想と考察_本命パラレルヴィジョン:出走予定馬一覧

今年は以下の17頭が出走予定をしています。

登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アイキャンドウイッ 56.0 騎乗予定:和田竜

アスクワイルドモア 56.0 騎乗予定:岩田望

ヴェローナシチー 56.0 騎乗予定:団野

コントゥラット 56.0 騎乗予定:北村友

サトノヘリオス 56.0 騎乗予定:浜中

サンセットクラウド 56.0 騎乗予定:未定

ジャスティンパレス 56.0 騎乗予定:鮫島駿

ジュンブロッサム 56.0 騎乗予定:坂井

パラレルヴィジョン 56.0 騎乗予定:ルメール

ビーアストニッシド 56.0 騎乗予定:岩田康

プラダリア 56.0 騎乗予定:池添

ボルドグフーシュ 56.0 騎乗予定:吉田隼

ミスターホワイト 56.0 騎乗予定:未定

メイショウラナキラ 56.0 騎乗予定:秋山真

ヤマニンゼスト 56.0 騎乗予定:未定

リカンカブール 56.0 騎乗予定:藤岡康

レヴァンジル 56.0 騎乗予定:デムーロ

 

 

 

 

スポンサーリンク

【初心者向け】神戸新聞杯2022予想と考察_本命パラレルヴィジョン:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

ダービーの上位馬が不在のレースとなりました。

出走馬の脚質は逃げから追い込みまで幅広く、色んな展開が予想できそうです。

ただ、中京コースの芝2200mはタフな条件ですので、決め手と馬力か不可欠と感じます。

本命のパラレルヴィジョンは、まだ底を見せていませんし決め手は強力です。

好位から中団につけられれば、直線で突き抜ける展開になると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、9月25日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年は、ステラヴェローチェが制しました。

当日は2番人気に支持されました。

雨の中、不良馬場でのレースとなりましたが、メンバー最速の上がりタイムで力強く差し切りました。

3度目の対決となったシャフリヤールに初めて先着した形でしたが、道悪の展開がうまくハマり本領発揮となりました。

なお、2着には5番人気のレッドジェネシス、3着には8番人気のモンテディオが入りました。

1番人気のシャフリヤールは馬場に対応できず、4着に敗れています。

 

あとがき

今年も中京コースで開催されます。

中京競馬場は全体に起伏があり、コースとしてはかなりタフな形態に入ります。

そのため決め手だけでなく、馬力も求められる条件です。

昨年は圧倒的1番人気のシャフリヤールが不良馬場に泣き4着、上位ワン・ツーはダービー組でした。

春に活躍した実力馬が好走する傾向ですので、休養前のレースも確認しておきたいですね。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。

引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

同日の中山競馬場では、産経賞オールカマーも開催されます。

ぜひオールカマーの勝ち馬予想と考察記事もご覧ください。

【初心者向け】オールカマー2022予想と考察_本命ソーヴァリアント
この記事では2022年「産経賞オールカマー」の出走予定馬について、初心者向けの勝ち馬予想と考察をしています。 当レースは、9月25日に中山競馬場で行われる、G2、芝2200m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象のレースです。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました