セントウルステークス2022予想と考察_本命ジャングロ

G2
スポンサーリンク

セントウルステークス2022予想と考察_本命ジャングロ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「セントウルステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、9月11日に中京競馬場で行われる、G2、芝1200m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象のレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セントウルステークス2022予想と考察_本命ジャングロ:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ジャングロ

〇(対抗):メイケイエール

▲(単穴):ソングライン

△(連下):ダディーズビビッド

 

本命はジャングロ

1600m戦のニュージーランドトロフィーも逃げ切っていますが、1200m戦の方が向いている印象です。これまで1200戦は3戦していますが、連対を外したことはありません。この結果からも短距離適性は高いと思います。前走のG1NHKマイルカップはスタートでタイミングが合わず、最後方からのレースで持ち味がいかせませんでした。今回は乗り替わりで福永騎手騎乗となりますが、個人的には影響なしと見ています。

 

 

対抗はメイケイエール

デビュー当初から気難しい面が出ていましたが、陣営が一丸となり、根気強く我慢させることを覚えさせてきました。前走の京王杯スプリングカップはやっと取り組みが実り、理想の形になりました。目標にしているスプリンターズステークスに向けて順調に進めていますが、今回は大舞台に向けた初戦になります。多少の心配はありますが、うまく運べれば突き抜けても良い能力は備えている1頭です。

 

 

単穴はソングライン

前走はG1安田記念で初G1勝利となりました。スピード能力も高く、G1や重賞での実績を考えれば本命でもおかしくありません。しかし、今回はブリーダーズカップマイル出走のため、アメリカ遠征へ向けた調整になる部分が大きいです。当レースは早い流れになりやすいので、経験させる目的があります。初めての1200m戦になりますが、戸惑わなければ遠征先でも好勝負になりそうです。

 

 

連下はダディーズビビッド

前走は1400m戦で、前々走の1200m戦の直後でしたが道中は我慢ができていました。最後は脚も使えましたが、届かず2着でした。行きたがらずに我慢できたことは今回でもいきると思います。8月中旬から調整されていますが、良い意味でいつも通りな印象です。休み明けでも走れるタイプですが、一度使えばさらに良くなりそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

セントウルステークス2022予想と考察_本命ジャングロ:出走予定馬一覧

今年は以下の15頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

コムストックロード 52.0 騎乗予定:未定

サンライズオネスト 56.0 騎乗予定:横山典

ジャスパープリンス 56.0 騎乗予定:松山

ジャングロ 55.0 騎乗予定:福永

シャンデリアムーン 54.0 騎乗予定:斎藤

ソングライン 56.0 騎乗予定:ルメール

タイセイアベニール 56.0 騎乗予定:藤岡康

ダディーズビビッド 56.0 騎乗予定:竹之下

チェアリングソング 56.0 騎乗予定:未定

ファストフォース 56.0 騎乗予定:団野

ボンボヤージ 54.0 騎乗予定:川須

メイケイエール 55.0 騎乗予定:池添

メイショウケイメイ 54.0 騎乗予定:未定

モントライゼ 56.0 騎乗予定:未定

ラヴィングアンサー 56.0 騎乗予定:菱田

 

 

 

 

スポンサーリンク

セントウルステークス2022予想と考察_本命ジャングロ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

後方組もそれなりに揃った印象です。開幕週ですので出番は少なくなりそうですが、紐レベルだと思っています。逃げから押し切ろうとする候補が少しいそうですので、ペースはそれなりに速くなるでしょう。本命のジャングロもその1頭です。しかし、マイル戦で逃げ切っている実績から、開幕週の良馬場なら逃げ切れると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、9月11日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年は、レシステンシアが制しました。

当日は1番人気でレースを迎えました。サマースプリントシリーズ最終戦という位置づけもあり、各馬、各ジョッキーとも気合の入る一戦でした。レースはスタートを決めて2番手で進めました。終始手応え良く走ると最後の直線では、逃げる先頭を早めに捕らえ、一気に抜け出しました。最後は後方からピクシーナイトの強襲に合いましたが、なんとか凌ぎきって押し切り、重賞4勝目となりました。

なお、2着馬には2番人気のピクシーナイト、3着には4番人気のクリノガウディーが入りました。

 

あとがき

近年は良馬場での開催ということもあり、かなり早いタイムが出ています。開幕週馬場でもありますので、後ろからの候補は総じて怪しくなると感じます。ここ2年の勝ち馬も先行から抜け出していますので、前目で競馬ができるタイプを積極的に選びたいですね。

 

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました