新潟記念2022予想と考察_本命サンレイポケット

G3
スポンサーリンク

新潟記念2022予想と考察_本命サンレイポケット

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「新潟記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、9月4日に新潟競馬場で行われる、G3、芝2000m、3歳以上オープンクラス、ハンデキャップ指定のWIN5対象のレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新潟記念2022予想と考察_本命サンレイポケット:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):サンレイポケット

〇(対抗):ヒートオンビート

▲(単穴):エヒト

△(連下):フェーングロッテン

 

本命はサンレイポケット

昨年は強豪揃いの天皇賞秋やジャパンカップで4着に入る実力馬です。前走の函館記念では初ブリンカーを着用しました。結果は5着でしたが、道中や勝負どころでの前傾姿勢には効果が感じました。また、当日は重馬場のコンディションでしたが、バテずに最後まで伸びていた姿からは、当レース条件の適性は高いと感じます。札幌記念を見送ってまで照準を合わせてきたローテーションも良さそうです。

 

 

対抗はヒートオンビート

前走は1番人気に推されながら2着でした。ハンデ重賞ということもあり、勝ち馬のエヒトとは斤量差も影響したと感じます。途中苦しくなるシーンもありましたが、福島コースの短い直線を鋭く最後まで伸びたのは地力の高さでしょう。基本的には広いコースの方が向いている印象があります。体調も引き続き良く、順調に仕上がっています。当日のパドックで緩さがなければ、さらに評価を上げても良さそうです。

 

 

単穴はエヒト

前走の七夕賞はスタートが抜群に良かったです。いつもより前目につけられたことで、より決め手をいかせましたし、前に届くことができました。前走内容はすべてが噛み合ったという印象です。調教でも引き続き良い状態が見られます。まだ発展途上ですので、力強さが増してくれば、さらに楽しみも増えそうな1頭です。ただ、立ち写真では腹回りが少し太く感じられます。当日絞れていれば上位争いもより面白くなりそうです。

 

 

連下はフェーングロッテン

前走のラジオNIKKEI賞は控える形でしたが、イメージ通りの競馬ができたと思います。道中の手応えも良く、脚をしっかりためれていました。最後は狭くなったところに飛び込んでいきましたが、勝負根性を見せて差し切りました。先行から中団までこなせたことで競馬の幅も広がりましたし、まだ3歳ですのでレースのたびに伸びしろもありそうです。特に翌年以降が楽しみな1頭ですが、今は小柄で筋肉が少ないようにも感じます。それでも自分の力は出せる状態でしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

新潟記念2022予想と考察_本命サンレイポケット:出走予定馬一覧

今年は以下の18頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

イクスプロージョン 56.0 騎乗予定:三浦

エヒト 57.0 騎乗予定:田中勝

カイザーバローズ 55.0 騎乗予定:津村

カナリキケン 49.0 騎乗予定:未定

カラテ 57.5 騎乗予定:菅原

ココロノトウダイ 55.0 騎乗予定:

コトブキテティス 51.0 騎乗予定:戸崎

ゴールドスミス 53.0 騎乗予定:武藤

サンレイポケット 57.5 騎乗予定:石橋

スカーフェイス 55.0 騎乗予定:鮫島駿

ディアマンミノル 55.0 騎乗予定:岩田康

ヒートオンビート 57.0 騎乗予定:荻野極

フェーングロッテン 53.0 騎乗予定:池添

フォワードアゲン 53.0 騎乗予定:松若

プリマヴィスタ 53.0 騎乗予定:黛

プレシャスブルー 55.0 騎乗予定:松岡

ユーキャンスマイル 57.0 騎乗予定:デムーロ

レッドジェネシス 56.5 騎乗予定:内田

 

 

 

 

スポンサーリンク

新潟記念2022予想と考察_本命サンレイポケット:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

上がり3ハロン最速馬の勝率が高いので、先行逃げ切りは難しいでしょう。馬場も最終週ですので、各馬が外目の進路を選択するはずです。そのため、段々と外に広がっていき、直線ではコースを目一杯使ったレースとなりそうです。

本命のサンレイポケットは、多少の道悪でもバテずに走れます。最後まで伸びることができ、ある程度の位置からなら、最終コーナーで内を選択して一気に差を詰め、まとめて差し切れると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、9月4日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年は、マイネルファンロンが制しました。

当日は12番人気と決して人気を集めた訳ではありませんでした。レースは外枠からのスタートでしたが、発走直後につまづき、後方3番手で進めました。結果的に脚をしっかりためれたこともあり、直線では大外から一気の末脚でまとめて差し切りました。最後はトーセンスーリヤとの追い比べになりましたが、半馬身差で11回目の重賞挑戦をものにしました。

なお、2着には3番人気のトーセンスーリヤ、3着には2番人気のクラヴェルが入りました。1番人気のザダルは13着に敗れています。

 

あとがき

広い外回りコースで行われる当レースは、中盤でラップが緩む傾向です。これは最後の直線での追い比べに備えてになります。しかし、それでも最後の200mが苦しくなりやすいので、踏ん張りや地力が問われるレースとなります。

 

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました