小倉2歳ステークス2022予想と考察_本命アウクソー

G3
スポンサーリンク

小倉2歳ステークス2022予想と考察_本命アウクソー

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「小倉2歳ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、9月4日に小倉競馬場で行われる、G3、芝1200m、2歳オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小倉2歳ステークス2022予想と考察_本命アウクソー:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):アウクソー

〇(対抗):プロトポロス

▲(単穴):ミカッテヨンデイイ

△(連下):クリダーム

 

本命はアウクソー

デビュー戦を鮮やかに勝ち抜けました。福島コースでの出走で、メンバーは手頃だったと思います。それでも一度もステッキを使うことなく、5馬身差をつけての圧勝でした。同世代でも高いスピード能力を見せつけた他に、道中ではしっかり我慢させて走れていました。当レースに向けた良い練習にもなったと感じますので、初コースに戸惑わなければ、上位争いができると思います。

 

 

対抗はプロトポロス

中京コースのデビュー戦を快勝しました。結果は3馬身差でしたが、道中は手前を替えたときに少しバランスを崩していました。経験からくる部分も大きいと思いますが、体制を立て直した後の伸びは魅力的に映りました。流れに乗れれば好勝負になりそうですが、ペースやコース次第で案外の可能性もありそうです。

 

 

単穴はミカッテヨンデイイ

未勝利で臨んだ3走目のフェニックス賞をあっさり勝ち切りました。過去2走はともに3着でしたが、実戦慣れしてきた印象です。昨年のナムラクレアも同じ流れで当レースを制していますので、良い例としてとらえて良いでしょう。また、前走は斤量が4キロも増えていましたが、タイムを縮めるだけでなく、最後は上位の脚を使えていたことは地力の高さでしょう。後方から差しやすい展開になりそうですので、道中の位置取りがポイントになりそうです。

 

 

連下はクリダーム

前走の函館2歳ステークスで2着でした。スタートを決めたあとは先手を取り、そのまま押し切る形に持ち込みました。一時は振り切ったようにも見えましたが、渋った馬場も影響して勝ち馬にさらに強い内容で差し切られました。元々高いスピードがある馬ですので、小倉コースは合うでしょう。乾いた馬場でマイペースならさらにチャンスも高まりそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

小倉2歳ステークス2022予想と考察_本命アウクソー:出走予定馬一覧

今年は以下の16頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アウクソー 54.0 騎乗予定:横山典

ウメムスビ 54.0 騎乗予定:角田河

エイヨーチャクラ 54.0 騎乗予定:未定

クリダーム 54.0 騎乗予定:武

ゴーツウキリシマ 54.0 騎乗予定:未定

ゴールデンウィンド 54.0 騎乗予定:坂井

シルフィードレーヴ 54.0 騎乗予定:西村

ニシノトキメキ 54.0 騎乗予定:亀田

バレリーナ 54.0 騎乗予定:未定

プロトポロス 54.0 騎乗予定:福永

フロムダスク 54.0 騎乗予定:未定

ミカッテヨンデイイ 54.0 騎乗予定:今村

メイショウコギク 54.0 騎乗予定:和田竜

メイショウヒュウガ 54.0 騎乗予定:未定

ロンドンプラン 54.0 騎乗予定:松山

ワキアプリンセス 54.0 騎乗予定:未定

 

 

 

 

スポンサーリンク

小倉2歳ステークス2022予想と考察_本命アウクソー:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

逃げ馬が揃ったので前半が速くなる傾向がさらに増しそうです。本命のアウクソーは先行タイプですが、抜群のスタートを決めたとしても前走の経験からハナ争いに付き合わず、我慢できると思います。底が深そうな前走内容からも、好位から抜け出せる可能性は高いと予想しています。

 

レース日

レースの発走は、9月4日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年は、ナムラクレアが制しました。

当日は4番人気でした。騎乗予定の和田竜二騎手が前日に負傷した影響で、急遽浜中騎手が代打騎乗となりました。道中は中団やや後方から進め、最後の直線ではメンバー最速の上がりで鮮やかに差し切りました。前走のフェニックス賞に続き、連勝での重賞初制覇となりました。

なお、2着には3番人気のスリーパーダ、3着には8番人気のアネゴハダが入りました。1番人気に支持されたショウナンマッハは7着に敗れています。

 

あとがき

小倉芝1200mはスタート後から下り坂が続き、前半がハイラップになりやすい傾向です。ただ、そのまま逃げ切れるほど簡単ではないので、最後のもうひと押しが必要となります。そのため、先行から抜け出す形が近年では最も勝率が高くなっています。

 

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました