札幌2歳ステークス2022予想と考察_本命フェアエールング

G3
スポンサーリンク

札幌2歳ステークス2022予想と考察_本命フェアエールング

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「札幌2歳ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、9月3日に札幌競馬場で行われる、G3、芝1800m、2歳オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

札幌2歳ステークス2022予想と考察_本命フェアエールング:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):フェアエールング

〇(対抗):ドゥーラ

▲(単穴):ブラストウェーブ

△(連下):シャンドゥレール

 

本命はフェアエールング

ゴールドシップ産駒ですので、スタミナや馬力は父親譲りの部分も大きいでしょう。デビュー戦の芝1800mではスタート後はハナに立ちました。最終コーナーでは一時的に2着馬に抜かれてしまいましたが、直線で抜き返す地力を見せました。当日は重馬場でしたが、小柄な牝馬とは思えない走りで駆け抜けました。後半3ハロンラップの平均も11.5秒ですので、当レースの条件への適性も高いはずです。

 

 

対抗はドゥーラ

新馬戦は4着でしたが、同じ舞台となった前走で勝ち抜けました。新馬戦では出負けした影響が最後まで続きましたが、前走はスタートをしっかり決めて正攻法に持ち込んで勝ち切りました。ただ、直線でヨレるシーンもあり、まだ修正の余地はあります。それでも目に見えて伸びた脚力は魅力的ですし、レースごとに伸びしろのありますので今後も期待できる1頭です。

 

 

単穴はブラストウェーブ

ブラストワンピースの全弟ですので、ポテンシャルには期待できる1頭です。1800mのデビュー戦を勝利し、当レースに臨みます。当レースを目標に順調に調整されていますが、追い切りでは古馬3勝クラスに遅れを取りました。2歳時点の完成度を踏まえると仕方ないとも言えます。ただ、トモの緩さがあり、良化の余地を残した段階での同世代対決なら好勝負になると思います。

 

 

連下はシャンドゥレール

新馬戦ではゲート入りを嫌がるなどの一面もありました。さらに道中では先手を取りながらも物見して走っており、凡走に終わってもおかしくない様子でした。しかし、後半2番手で進めた直線では余裕十分で先頭に立ち、快勝しました。幼さを残しつつも潜在能力の高さを見せつけましたし、コース替わりで戸惑わなければ、当レースでも好走できそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

札幌2歳ステークス2022予想と考察_本命フェアエールング:出走予定馬一覧

今年は以下の14頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アスクメークシェア 54.0 騎乗予定:藤岡佑

アンテロース 54.0 騎乗予定:武

アースビート 54.0 騎乗予定:菱田

ウェイビー 54.0 騎乗予定:鮫島駿

シャンドゥレール 54.0 騎乗予定:デムーロ

ジョウショーホープ 54.0 騎乗予定:未定

ダイヤモンドハンズ 54.0 騎乗予定:福永

ドゥアイズ 54.0 騎乗予定:吉田隼

ドゥーラ 54.0 騎乗予定:斎藤

トーセンウォルト 54.0 騎乗予定:横山武

ビキニボーイ 54.0 騎乗予定:浜中

フェアエールング 54.0 騎乗予定:丹内

ブラストウェーブ 54.0 騎乗予定:川田

レッドソリッド 54.0 騎乗予定:横山和

 

 

 

 

スポンサーリンク

札幌2歳ステークス2022予想と考察_本命フェアエールング:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

例年通りの流れなら最後が極端に速くなることはなさそうです。後半よりも全体の平均ラップを重要になるでしょう。レースは本命のフェアエールングあたりが引っ張る展開になりそうです。脚質が定まっていない時期ですが、タフな馬場を味方につけて、逃げ切ると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、9月3日(土)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年は、ジオグリフが制しました。

1番人気に支持された当日は、最後方からのレースでした。3コーナーあたりから外を通ってポジションを上げていきました。直線に入っても楽な手応えで間もなく先頭に立つと、鞍上のルメール騎手が後ろを確認できるほど押し切れる強い内容でした。デビューから連勝での重賞初制覇は、父であるドレフォン産駒としても産駒初制覇となりました。

なお、2着には4番人気のアスクワイルドモア、3着には5番人気のトーセンヴァンノが入りました。

 

あとがき

過去2年の勝ち馬が後のG1馬になっており、登竜門と言っても過言ではないでしょう。ただ、条件的は洋芝、最終週の馬場とタフな内容です。上がり3ハロン最速馬や上位馬の実績が優秀ですが、道中の位置取りやトップスピードを持続できる力求めらる一戦です。

 

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました