黒潮菊花賞2022予想(高知競馬)_本命ガルボマンボ

地方競馬
スポンサーリンク

 

黒潮菊花賞2022予想(高知競馬)_本命ガルボマンボ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「黒潮菊花賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月28日に高知競馬場で行われる、ダート1900m、3歳の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒潮菊花賞2022予想(高知競馬)_本命ガルボマンボ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ガルボマンボ

〇(対抗):ナナコロビヤオキ

▲(単穴):パスポートチェック

 

本命はガルボマンボ

当レースと同じ舞台である高知優駿で重賞初制覇となりました。勝利の勢いをもってJpn1ジャパンダートダービーに臨みましたが、9着に敗れました。JRA勢の速い流れについていけず、終始後手になってしまいましたので、現時点での差はあります。しかし、地元に戻れば世代上位の存在として、2冠目を十分狙える存在です。

 

 

対抗はナナコロビヤオキ

現在5連勝中で勢いにのっています。JRA所属時代でも、当レースの舞台となるダート1900mは経験したことがありません。当日は距離に対応できるかが最大のポイントになりそうです。もし対応できれば、地元筆頭として各地方や指定交流重賞でも活躍できそうです。

 

 

単穴はパスポートチェック

JRA所属時に1勝を挙げています。転入初戦の前走は、不慣れな地方コースや馬場に対応しきれませんでした。しかし、2戦目となる今回は上積みも期待できますし好走できると思います。個人的にはヴェレノと甲乙つけ難い位置づけですが、秘めた能力が気になるので単穴にしました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

黒潮菊花賞2022予想(高知競馬)_本命ガルボマンボ:出走予定馬一覧

今年は12頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ナナコロビヤオキ 56.0 騎乗予定:倉兼育康

サーキットブレイク 56.0 騎乗予定:塚本雄大

モズクルードラゴン 56.0 騎乗予定:岡村卓弥

ガルボマンボ 56.0 騎乗予定:林謙佑

チアアップ 54.0 騎乗予定:西川敏弘

パスポートチェック 56.0 騎乗予定:岡遼太郎

ベルイルアンメール 54.0 騎乗予定:永森大智

マオノウイッシュ 54.0 騎乗予定:多田羅誠

アラバド 56.0 騎乗予定:赤岡修次

サンコーチ 56.0 騎乗予定:妹尾浩一

ヴェレノ 54.0 騎乗予定:畑中信司

アムールジョイ 54.0 騎乗予定:佐原秀泰

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

黒潮菊花賞2022予想(高知競馬)_本命ガルボマンボ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

極端な先行馬はいませんので、道中の位置、動き出しやスタミナがポイントになりそうです。レースは落ち着いた平均ぐらいでしょう。本命のガンボマンボは実績のあるコースです。よほどの流れや展開にならない限り、上位争いは間違いないと予想しています。

 

レース日

レースの発走は、8月28日(日)の予定です。

 

あとがき

高知コースの内側の砂の深さは有名ですね。当レースはコーナーを6回通りますので、位置取りがかなり重要になってきます。外過ぎれば距離のロス、内すぎればスタミナ消費となります。菊花賞という名の通り、スタミナや地力が試される一戦となりそうです。

 

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました