イヌワシ賞2022予想(金沢競馬)_本命タカジョー

地方競馬
スポンサーリンク

 

イヌワシ賞2022予想(金沢競馬)_本命タカジョー

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「イヌワシ賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月23日に金沢競馬場で行われる、ダート2000m、3歳以上の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イヌワシ賞2022予想(金沢競馬)_本命タカジョー:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):タカジョー

〇(対抗):ブルベアパンサー

▲(単穴):ジュランビル

 

本命はタカジョー

初重賞挑戦となった笠松のオグリキャップ記念は、9着に敗れました。しかし、初挑戦ながら当日は3番人気と支持を集め、レースも自分の形に持っていこうとした内容は評価できます。また、距離も未知の2500mでしたし先行から押し切るには長かったように感じました。距離適性を戻しての近3走は3連勝していますし、ここはメンバーも手頃ですので、初重賞制覇も狙えるでしょう。

 

 

対抗はブルベアパンサー

近走は重賞でも好走していますが、距離が心配です。1800m戦でも勝ち星があり結果を残していますが、主戦はマイルあたりです。前走から600m伸びる距離にどう対応していくがポイントになりそうです。

 

 

単穴はジュランビル

出走馬で唯一の牝馬です。これまでは中央の芝レースを中心に戦っており、重賞にも度々出走しています。3勝クラスで苦戦していましたが、天王寺ステークスでのダート出走で新味を見せました。まだ、ダートは慣れておらずムラのある走りですが、前走の園田サマークイーンからは地方ダート活躍の可能性も垣間見えました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

イヌワシ賞2022予想(金沢競馬)_本命タカジョー:出走予定馬一覧

今年は6頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アイアムレジェンド 57.0 騎乗予定:吉原寛人 

ウインハイラント 57.0 騎乗予定:細川智史

ブルベアパンサー 57.0 騎乗予定:栗原大河 

ジュランビル 55.0 騎乗予定:笹川翼 

タカジョー 57.0 騎乗予定:岡部誠

テルペリオン 57.0 騎乗予定:中島龍也

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

イヌワシ賞2022予想(金沢競馬)_本命タカジョー:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

今年は6頭と少頭数でのレースです。内外の枠順もそれほど影響しないので、地力勝負の展開になりそうです。本命のタカジョーは4歳で経験こそ劣りますが、各地方の同距離レースで結果を優秀な残しています。他は差しタイプになるので、先行から押し切りの形も十分考えられます。

 

レース日

レースの発走は、8月23日(火)の予定です。

 

 

あとがき

金沢2000mは上級条件でのみ使用されます。道中が平坦、コーナーは小回り、そして、コーナーを6回通るため、内枠が優位なレースを進められます。スタートから最初のコーナーまでの距離もあまりないため、位置を上げていくには多少の距離ロスはやむを得ません。

 

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました