キーンランドカップ2022予想と考察_本命エイティーンガール

G3
スポンサーリンク

キーンランドカップ2022予想と考察_本命エイティーンガール

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「キーンランドカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月28日に札幌競馬場で行われる、G3、芝1200m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キーンランドカップ2022予想と考察_本命エイティーンガール:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):エイティーンガール

〇(対抗):ウインマーベル

▲(単穴):ヴァトレニ

△(連下):ジュビリーヘッド

 

本命はエイティーンガール

3年連続の出走となりますが、2020年の勝ち馬です。連覇がかかった昨年もアタマ差の2着と、当レースとの相性は良く、今年も好走できそうです。今年は高松宮記念に出走し、内側優位な馬場の中、外からメンバー最速の上がり3ハロンで猛追。結果は8着でしたが、内容は評価できます。しまいの脚は確実ですし、展開が向けば突き抜けると思います。

 

 

対抗はウインマーベル

春の葵ステークスは2馬身差つけて快勝しました。当日はメンバー唯一57キロを背負ったことを踏まえると、強い内容だったと感じます。まだ3歳ですし、伸びしろも大きいと思いますので、54キロなら古馬相手でも好勝負になりそうです。ブリンカーをつけてからレースに集中できるようになり、成績も上向いています。ファルコンステークスでは不利を受けた影響ですので度外視OK。洋芝も経験済みです。

 

 

単穴はヴァトレニ

札幌コースで3戦3勝、函館コースで1戦1勝という実績です。メンバー屈指の洋芝巧者といえる存在で、洋芝適性は非常に高く、コースと前目で競馬をする脚質との相性も良いです。夏になってから毛ヅヤや馬体が良くなっており、前走も良い内容で勝ちました。去勢の影響も確実に出ていますし、夏馬らしい走りが見られそうな仕上がりです。

 

 

連下はジュビリーヘッド

前走の青函ステークスは2着でしたが、前々走が良すぎました。大崩れするタイプではなさそうですが、2走前が良すぎただけに少し見劣るような印象です。それでも、調教自体はメリハリがきいて動けていましたし、今が充実期だと思います。当日元気の良さや、力強さが見られれば評価を上げても良いかもしれません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

キーンランドカップ2022予想と考察_本命エイティーンガール:出走予定馬一覧

今年は以下の20頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ヴァトレニ 56.0 騎乗予定:横山武

ウインマーベル 54.0 騎乗予定:松山

ヴェントヴォーチェ 56.0 騎乗予定:ルメール

エイティーンガール 55.0 騎乗予定:武

オパールシャルム 54.0 騎乗予定:江田

サヴォワールエメ 54.0 騎乗予定:松田

ジェネラーレウーノ 57.0 騎乗予定:未定

シゲルピンクルビー 54.0 騎乗予定:和田竜

ジュビリーヘッド 56.0 騎乗予定:横山和

タイセイアベニール 56.0 騎乗予定:未定

トウシンマカオ 53.0 騎乗予定:川田

トキメキ 54.0 騎乗予定:未定

ビップウインク 54.0 騎乗予定:未定

ビリーバー 55.0 騎乗予定:杉原

マイネルジェロディ 56.0 騎乗予定:未定

マウンテンムスメ 54.0 騎乗予定:パコー

ミニオンペール 54.0 騎乗予定:黛

メイショウミモザ 55.0 騎乗予定:丹内

レイハリア 55.0 騎乗予定:松岡

ロードマックス 56.0 騎乗予定:未定

 

 

 

 

スポンサーリンク

キーンランドカップ2022予想と考察_本命エイティーンガール:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

出走メンバーによって展開も変わりそうですが、前傾ラップになるのは間違いないでしょう。個人的には速くなると感じていますので、後方有利な展開だと予想しています。本命のエイティーンガールは、2020年の勝ち馬ですしコース適性は言うまでもなく、しまいの脚も確実に使えます。今年の高松宮記念では内側有利な馬場の中、メンバー最速の上がり3ハロンタイムをマークしていますので、決め手はメンバー中最上位でしょう。

 

レース日

レースの発走は、8月28日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年は、レイハリアが制しました。

当日は3番人気に支持されました。スタート後、ハナを取りかけたところで1番人気のメイケイエールに前に出られたところをムキにならず、控える競馬で道中を進めました。直線で進路が開くと、溜めていた脚で力強く抜け出して後続を振り切りました。結果はアタマ差でしたが、この勝利で4連勝、前走の葵ステークスからは重賞連勝となりました。

なお、2着には7番人気のエイティーンガール、3着には9番人気のセイウンコウセイが入りました。

 

 

あとがき

毎年、前半が早くなる展開ですが決め手は、逃げ切りから差しまで幅広くなっています。そのため、出走予定メンバーから展開予想が重要になりそうです。前週からコース替わりもしていますので、馬場状態にも気を配っておくべきでしょう。個人的には差し有利な展開だと思っています。

 

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました