北九州記念2022予想と考察_本命ナムラクレア

G3
スポンサーリンク

北九州記念2022予想と考察_本命ナムラクレア

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「北九州記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月21日に小倉競馬場で行われる、G3、芝1200m、3歳以上オープンクラス、ハンデキャップ指定のWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北九州記念2022予想と考察_本命ナムラクレア:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ナムラクレア

〇(対抗):アネゴハダ

▲(単穴):テイエムスパーダ

△(連下):シンシティ

 

本命はナムラクレア

函館スプリントステークスでは2着馬に2馬身半差をつけて勝利しました。50キロの軽斤量に恵まれたことも大きいですが、あっさり突き抜けのは地力の高さも影響しているでしょう。

1200m戦では3戦3勝ですが、このうち2戦2勝は小倉コースでの実績です。マイル戦では距離が少し長く、勝負どころで反応しても詰めきれないイメージもあります。しかし、スプリンターとしての素質は高く、抜群の相性を誇るコースでならG1スプリンターズステークスの弾みになる可能性は高そうです。

 

 

対抗はアネゴハダ

除外対象ですが、出走すれば面白い存在になりそうです。

前走のCBC賞では前半3ハロンが31.8秒というハイラップでしたが、手応え良く3番手を追走していました。レコード勝ちした逃げ馬を追いかけた分、最後が甘くなりましたが、評価できる一戦でした。49キロの軽斤量の恩恵も大きいですが、ハイペースを経験できたことは当レースでもいきると思います。

2021年の勝ち馬ヨカヨカは、CBC賞で5着のあと当レースで1着になっていますし、当レースでアネゴハダが勝利する流れも考えられます。これまでナムラクレアとは5戦して勝ったことはありませんが、ハンデ差や立ち回りをいかせば巻き返しはあると思います。

 

 

単穴はテイエムスパーダ

前走のCBC賞は1分5秒8という、驚異的な日本レコードタイムで駆け抜けました。この背景には48キロの軽斤量や開幕週馬場の影響もありますが、スタート後からライバルに絡まれず、自分のリズムで最後まで気持ち良く走れたことも大きいでしょう。

今回は前走から3キロの負担増が最大のポイントになります。仮に同じ展開にならなくとも、2走前には2番手から抜け出す走りで勝っています。どちらにしても、先行していく形にはなりそうですが、前目につけながら幅のある走りは魅力的な1頭です。

 

 

連下はシンシティ

前走のアイビスサマーダッシュは好条件をいかして2着に入りました。外枠から抜群のスタートを決めると、最後までしぶとく伸びていきました。最後は勝ち馬の決め手に屈した形ですが、スピード、コースや短距離適性への高さを示しました。

この中間は軽めの内容で調整されています。疲労回復を最優先にしながらも、動き自体は引き続き良い印象です。前走から斤量が軽くなるのはプラスですし、前目で競馬もできると思います。上位馬に人気が集まれば競馬もしやすくなると思いますので、逆転のチャンスはありそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

北九州記念2022予想と考察_本命ナムラクレア:出走予定馬一覧

今年は以下の22頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アネゴハダ 49.0 騎乗予定:酒井

カフジテトラゴン 48.0 騎乗予定:今村聖

カレンロマチェンコ 54.0 騎乗予定:未定

カワキタアジン 50.0 騎乗予定:未定

キャプテンドレイク 55.0 騎乗予定:藤岡康

クリノアリエル 49.0 騎乗予定:未定

ザイツィンガー 53.0 騎乗予定:未定

ジャンダルム 58.0 騎乗予定:荻野極

シンシティ 53.0 騎乗予定:富田

スワーヴシャルル 54.0 騎乗予定:未定

タイセイビジョン 57.0 騎乗予定:川田

チェアリングソング 54.0 騎乗予定:団野

ディヴィナシオン 54.0 騎乗予定:岩田康

テイエムスパーダ 51.0 騎乗予定:国分

ナムラクレア 53.0 騎乗予定:浜中

ビオグラフィー 54.0 騎乗予定:北村友

ファストフォース 56.0 騎乗予定:松山

フレッチア 54.0 騎乗予定:ホー

ボンボヤージ 51.0 騎乗予定:川須

メイショウチタン 54.0 騎乗予定:和田竜

モントライゼ 55.0 騎乗予定:幸

レジェーロ 54.0 騎乗予定:西村

 

 

 

スポンサーリンク

北九州記念2022予想と考察_本命ナムラクレア:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

出走メンバーによって展開も変わりそうですが、コース形状から前半が速くなる傾向ですので、スタート後からポジショニング争いがありそうです。仕掛けどころや位置によっては強力な先行馬たちに逃げ切られてしまうため、本命のナムラクレアは、ハナ争いを見るような形で前よりの中団で進めるでしょう。

特にCBC賞組はレース内容からマークが集まると思いますので、プレッシャーもあると思います。ハイペースで進み、最後に甘くなったところをキレ味のある末脚で差し切る展開を予想しています。

 

 

レース日

レースの発走は、8月21日(日)の予定です。

 

 

前年レース回顧

2021年は、ヨカヨカが制しました。

当日は5番人気に支持されました。スタート後は好位の3番手で折り合うと、直線では外目から脚を伸ばして先頭を捉えると、そのまま稍重の馬場を駆け抜けました。ハンデ最軽量51キロを最大限活かした走りは、7度目の挑戦で重賞初勝利となり、熊本県産のサラブレッドとしてもJRA重賞初制覇となりました。

なお、2着には4番人気のファストフォース、3着には2番人気のモズスーパーフレアが入り、1番人気のジャンダルムは7着に敗れました。

 

 

あとがき

昨年まで1番人気は13連敗中で、2008年にスリープレスナイトが勝って以来、人気に応えられていません。波乱含みのハンデ戦ですが、当レースはスタート後から下り坂が続きます。そのため、前半からハイペースになるので逃げ馬が残りにくい傾向となっています。

なお、今週からからBコースに替わりますので馬場状態が悪化しない限り、前優位で進める方が良さそうです。

 

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました