王冠賞2022予想(門別競馬)_本命シルトプレ

地方競馬
スポンサーリンク

 

王冠賞2022予想(門別競馬)_本命シルトプレ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「王冠賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月16日に門別競馬場で行われる、ダート1800m、3歳馬による重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

王冠賞2022予想(門別競馬)_本命シルトプレ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):シルトプレ

〇(対抗):ポニーマジェスティ

▲(単穴):マナホク

 

本命はシルトプレ

初重賞制覇となった鎌倉記念を制したあとは、重賞路線で出走しています。Jpn1全日本2歳優駿を含め、各重賞でも掲示板を外したことがありません。近3走は上がり3ハロンでメンバー最速を計時しており、実力を発揮しているだけでなく調子の良さも感じます。ローテーションも適度な間隔ですし、疲れはほぼないでしょうから当レースでも実績通りの走りになるでしょう。

 

 

対抗はポニーマジェスティ

デビューはJRAでしたが、結果は16着と大敗でした。芝レースが向かなかった印象もありますが、地方へ移籍すると2連勝しました。続く地方3戦目は距離を500m伸ばしたレースでしたが、先行から粘り込んで3着に食い込みました。対応できる距離に目処がついたため、4戦目で初重賞に挑戦すると7番人気ながら勝ち負けを演じました。レースのたびに成長が見られますし、休み明け2戦目の今回は前走以上の走りになると思います。

 

 

単穴はマナホク

重賞制覇こそまだありませんが、素質は高いものを感じます。基本路線はダートですが、2歳の夏には札幌の芝レースに出走して5着に入っています。中央への出走は一度のみですが、以降は門別の重賞でも好走を続けています。差しタイプの脚質から展開や位置取りに着順が左右されやすいですが、末脚は良いものがあります。鞍上の導き出し次第では、勝ち負け争いができても不思議ではありません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

王冠賞2022予想(門別競馬)_本命シルトプレ:出走予定馬一覧

今年は12頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

エミーブレイズ 54.0 騎乗予定:阿部龍

カイトキング 56.0 騎乗予定:石堂響

シルトプレ 56.0 騎乗予定:石川倭

キングレジェンド 56.0 騎乗予定:小野楓馬

ボニーマジェスティ 56.0 騎乗予定:岩橋勇二

クルードラゴン 56.0 騎乗予定:山本咲希

エンリル 56.0 騎乗予定:桑村真明

サンオークレア 54.0 騎乗予定:五十嵐冬

フクノアルズ 56.0 騎乗予定:服部茂史

マナホク 56.0 騎乗予定:落合玄太

ワイジーチャンプ 56.0 騎乗予定:亀井洋司

カーロデスティーノ 54.0 騎乗予定:松井伸也

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

王冠賞2022予想(門別競馬)_本命シルトプレ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

後方待機組が揃った印象です。スタート後は中枠勢から内に被され、外枠勢はマイペースで走れそうです。先行勢は手薄ですので主導権争いはそれほどなく、平均ぐらいで進むと思います。本命のシルトプレは、内枠に入りましたので出たなりの競馬でしょう。中団の内側あたりでロスなく運び、直線で抜け出す予想をしています。

 

レース日

レースの発走は、8月16日(火)の予定です。

 

あとがき

内回りコースの最終コーナー出口付近からスタートし、コースを一周強するレースになります。道中は平坦で各コーナーも緩やかですので前残りもありますが、コーナーで外を回されると距離のロスが大きくなります。スタミナの温存を考えると、外から被されにくい外枠の方が立ち回りやすいでしょう。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました