UHB賞2022予想と考察_本命マイネルジェロティ

中央競馬
スポンサーリンク

UHB賞2022予想と考察_本命マイネルジェロティ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「UHB賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月14日に札幌競馬場で行われる、芝1200m、3歳以上オープンクラス、ハンデキャップ指定のWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

UHB賞2022予想と考察_本命マイネルジェロティ:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):マイネルジェロティ

〇(対抗):タイセイアベニール

▲(単穴):リンゴアメ

△(連下):ヴィズサクセス

 

本命はマイネルジェロティ

前走の青函ステークスは休み明けでした。大外枠が影響したこともありますが、3着に食い込めたのは地力が高い証拠だと思います。実際、最後の伸び脚は目立っていましたし、ロスがなければさらに上もあったでしょう。前走で洋芝の目処もつきましたし、休み明け2戦目の今回はさらに上向いています。期待十分な走りになると思います。

 

 

対抗はタイセイアベニール

昨年も当レースに出走していますが、当時は2着でした。追い込み型の脚質であるため、実績にはどうしてもムラが出てしまいますが、一気に差し切るだけの決め手は持っています。先行馬が早めからやり合う展開になれば、チャンスもさらに広がりそうです。

 

 

単穴はリンゴアメ

2歳時には函館2歳ステークスを制していますので、洋芝自体は問題ありません。長く低迷していましたが、前走の青函ステークスでは4着でしたし、走りにも復調の兆しを感じました。より馬体が動く時期ですし、2戦目となる当レースは前進が見込める仕上がりです。

 

 

連下はヴィズサクセス

前走のTVh杯ではクビ差の接戦を制しました。道中は中団に構えて脚をため、最後は馬場の中央から複数馬による追い比べでしたが、岩田康誠騎手にしっかり追われ、ゴール直前で先頭を交わしました。前走がピークのような感じがありますが、馬場が渋ればチャンスがありそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

UHB賞2022予想と考察_本命マイネルジェロティ:出走予定馬一覧

今年は以下の18頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アドマイヤジャスタ 55.0 騎乗予定:斎藤

リンゴアメ 53.0 騎乗予定:泉谷

タイセイアベニール 56.0 騎乗予定:横山武

コロラトゥーレ 51.0 騎乗予定:角田和

マイネルジェロディ 55.0 騎乗予定:丹内

ミニオンペール 52.0 騎乗予定:

ビップウインク 52.0 騎乗予定:菱田

ケープコッド 53.0 騎乗予定:池添

アルピニズム 55.0 騎乗予定:勝浦

サヴォワールエメ 53.0 騎乗予定:松田

ショウナンアニメ 54.0 騎乗予定:横山琉

ヴィズサクセス 54.0  騎乗予定:岩田康

マイネルアルケミー 54.0 騎乗予定:丸山

アスタールビー 53.0 騎乗予定:古川吉

ロードマックス 55.0 騎乗予定:鮫島駿

シーズンズギフト 52.0 騎乗予定:吉田隼

 

 

 

 

スポンサーリンク

UHB賞2022予想と考察_本命マイネルジェロティ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

アスタールビーが逃げる展開で進みそうです。坂がなく、平坦コースになるためペースは緩みにくいので平均からハイペースあたりになりそうです。年によってはミドルスパート戦になり、差し馬の活躍も見られます。本命のマイネルジェロティは、先行位置につけそうです。基本的に前有利な条件ではありますが、前走以上の反応が見込める今回は、逃げ馬の脚が鈍ったところを差し切ると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、8月14日(日)の予定です。

 

あとがき

過去5年のレースデータからは、上位人気が堅実な走りをしています。ハンデ戦といえど、そこまで荒れる要素の少ないデータでした。なお、出走数が少ないこともありますが、世代実績からは3歳世代の連対率がなく、5歳〜6歳で約50%の連対率を占めていました。

 

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました