若鮎賞2022予想(盛岡競馬)_本命フジラプンツェル

地方競馬
スポンサーリンク

 

若鮎賞2022予想(盛岡競馬)_本命フジラプンツェル

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「若鮎賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月14日に盛岡競馬場で行われる、芝1600m、2歳馬による重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

若鮎賞2022予想(盛岡競馬)_本命フジラプンツェル:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):フジラプンツェル

〇(対抗):ケープライト

▲(単穴):レジーナ

 

本命はフジラプンツェル

現在は無傷の3連勝中です。前走は初めての盛岡コースでしたが、終始馬なりの手応えでした。さらに結果は2着馬に8馬身差をつける圧勝で、ダートなら同世代では敵なしでしょう。ただ、今回は初めての芝レースとなります。前走までの走りを見る限り、スピード自体は対応てきそうな速さはありそうです。今の時点なら素質だけで押し切ることも可能でしょう。

 

 

対抗はレジーナ

デビューから4走目となった前走は、当レースと同じ舞台で勝利しています。当レースと同じ舞台を経験できたのは大きいと思いますし、上がりタイムも上位でした。デビュー後は少しもっさりした感じがありましたが、3戦目あたりから動けており、いよいよ本領発揮という印象です。前走経験がいきて、本命が芝レースでもたつくようなら勝ち負け争いも可能でしょう。

 

 

単穴はケープライト

こちらも前走で当レースと同じ舞台を経験しています。前走は惜しくもレジーナに敗れてしまいましたが、着差はアタマ差ですし巻き返しは可能でしょう。デビューから連勝している勢いもありますし、常に上位に入る上がりタイムは上位争いができそうな印象です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

若鮎賞2022予想(盛岡競馬)_本命フジラプンツェル:出走予定馬一覧

今年は10頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ストレイトアップ 54.0 騎乗予定:関本淳

クレマカタラーナ 55.0 騎乗予定:鈴木祐

レジーナ 54.0 騎乗予定:岩本怜

ペルトラン 54.0 騎乗予定:高松亮

アサップ 55.0 騎乗予定:高橋悠里

アガット 54.0 騎乗予定:関本玲花

ケープライト 54.0 騎乗予定:山本聡哉

ローズトレミエ 54.0 騎乗予定:菅原辰徳

フジラプンツェル 54.0 騎乗予定:山本政聡

ウルフヴェローチェ 55.0 騎乗予定:阿部英俊

 

 

 

スポンサーリンク

若鮎賞2022予想(盛岡競馬)_本命フジラプンツェル:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

有力馬は外枠に入りました。本命のフジラプンツェルは先行馬ですので、スタート後は外枠からでも前へ行けると思います。メンバーも手頃ですので、出遅れない限り、位置がとれないということはなさそうです。そのまま押し切って決まるでしょう。2歳馬による起伏の激しいコースですので、基本的に平均からスローと予想しています。

 

レース日

レースの発走は、8月14日(日)の予定です。

 

あとがき

最初のコーナーまでは約300mですので、コーナーに入るまでは、ある程度の位置取りはできそうです。ただ、コースを一周しますので、道中はどうしても内側優位になります。また、起伏の激しいコースですので、外を回されると未成熟の2歳馬にはかなりきつくなりそうです。操縦性の高いタイプを積極的に選んで行きたいところです。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました