稲妻ステークス2022予想と考察_本命ジャズエチュード

中央競馬
スポンサーリンク

稲妻ステークス2022予想と考察_本命ジャズエチュード

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「稲妻ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月13日に新潟競馬場で行われる、芝1000m、3歳以上3勝クラス、ハンデキャップ指定のレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

稲妻ステークス2022予想と考察_本命ジャズエチュード:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ジャズエチュード

〇(対抗):ジャスパージャック

▲(単穴):スイーツマジック

△(連下):ファイアダンサー

 

本命はジャズエチュード

2走前はダートを使われましたが、芝に慣れた状態では合わずに大敗しました。続く、前走は芝に戻しましたが、しっかり巻き返してクビ差の2着でした。先行力がありますし、久しぶりは少し心配ですが、当レースの舞台なら久しぶりでも走れると思います。

 

 

対抗はジャスパージャック

久しぶりだと走らない馬で、使って良くなるタイプだと想っています。今回は休み明け2戦目ですし、かなり上向いた状態で出走できそうです。こちらも先行力があり、当レースの舞台でも実績がありますので、粘り込みがありそうです。

 

 

単穴はスイーツマジック

2ヶ月ぶりのレースです。間隔があいても走れるタイプだと思います。今年の春頃から本格的に成長している印象ですし、当レースの舞台も経験しています。斤量にも恵まれていますので、成長著しい今なら上位とも僅差でしょう。

 

 

連下はファイアダンサー

条件戦とはいえ安定した実績を残しています。クラスが上がってもいきなり通用している走りからは、昇級初戦でも好走できそうに感じます。ある程度の位置につければ、自慢の脚もいかせると思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

稲妻ステークス2022予想と考察_本命ジャズエチュード:出走予定馬一覧

今年は以下の18頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

テーオーマルクス 55.0 騎乗予定:岩田康

ファイアダンサー 53.0 騎乗予定:戸崎圭

ジャスパージャック 56.0 騎乗予定:川田

クルークヴァール 54.0 騎乗予定:津村

トミケンボハテル 53.0 騎乗予定:内田博

ジャズエチュード 54.0 騎乗予定:ルメール

スイーツマジック 52.0 騎乗予定:木幡巧

ムスコローソ 54.0 騎乗予定:嶋田

シホノレジーナ 52.0 騎乗予定:菊沢

フミロア 52.0 騎乗予定:江田照

トミケンルーア 55.0 騎乗予定:木幡初

ショウナンバニラ 53.0 騎乗予定:三浦

シャチ 51.0 騎乗予定:

スーパーウーパー 51.0 騎乗予定:松岡

ベイビーボス 55.0 騎乗予定:菅原明

ショウナンバービー 53.0 騎乗予定:デムーロ

ヒロノトウリョウ 55.0 騎乗予定:丸田

ノアヴィグラス 51.0 騎乗予定:藤田菜

 

 

 

スポンサーリンク

稲妻ステークス2022予想と考察_本命ジャズエチュード:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

外枠優位な傾向ですので、スタート後からポジション争いが激しくなりそうです。本命のジャズエチュードもまず外に寄せてくるでしょう。久しぶりでスタートが少し心配ですが、少しの遅れなら巻き返せる力がありますので、心配ないと予想しています。

 

レース日

レースの発走は、8月13日(土)の予定です。

 

あとがき

格上挑戦が多い印象のレースです。芝直線1000mが舞台ということもありますので、実績よりも近走のの勢いが結果に現れやすいといえます。そのため、外枠有利な傾向を押さえつつ、勢いがある馬にも十分注意を払いたいですね。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました