阿蘇ステークス2022予想と考察_本命エマージングロール

中央競馬
スポンサーリンク

阿蘇ステークス2022予想と考察_本命エマージングロール

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「阿蘇ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月13日に小倉競馬場で行われる、ダート1700m、3歳以上オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

阿蘇ステークス2022予想と考察_本命エマージングロール:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):エマージングロール

〇(対抗):ミステリオーソ

▲(単穴):デュードヴァン

△(連下):サンライズラポール

 

本命はエマージングロール

ここまで9戦して6戦連続で連対しています。当レースと同じ条件に限れば、4戦のうち1着3回、着外1回という成績です。前でも、控えても競馬ができる幅がありますので、昇級戦といえど軸にしても良い1頭でしょう。

 

 

対抗はミステリオーソ

今回昇級戦になりますが、小倉ダート1700mは得意にしています。当レースと同じ舞台は6戦していますが、1着2回、2着1回、3着1回、着外2回という好成績です。今夏3戦目となりますが、まだ上向き調子ですし十分やれそうです。

 

 

単穴はデュードヴァン

前走のジュライステークスで復調の兆しを感じました。過去にはG3ユニコーンステークスで2着、G2東海ステークスで上がり3ハロンを最速をマークするなど重賞実績もあります。本来の姿姿に戻れば好勝負になりそうです。

 

 

連下はサンライズラポール

決め手は出走メンバーで最上位レベルでしょう。オープンクラスになっても上位の上がり3ハロンタイムをマークしていますが、距離をマイル以下にして芽が出た印象です。近走は距離を伸ばしていますが、少々不安定さがある残るため飄香はここまでとしました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

阿蘇ステークス2022予想と考察_本命エマージングロール:出走予定馬一覧

今年は以下の11頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

カントル 57.0 騎乗予定:岩田望

ククナ 55.0 騎乗予定:福永

クロワドフェール 55.0 騎乗予定:ホー

ダノンレガーロ 57.0 騎乗予定:川田

ナリノモンターニュ 57.0 騎乗予定:吉田豊

ノースザワールド 57.0 騎乗予定:坂井

ピュアブレンド 55.0 騎乗予定:石橋脩

フェアリーグルーヴ 55.0 騎乗予定:団野

ヤマニンマヒア 57.0 騎乗予定:津村

レッドアルマーダ 57.0 騎乗予定:杉原

ロールオブサンダー 57.0 騎乗予定:戸崎圭

 

 

 

スポンサーリンク

阿蘇ステークス2022予想と考察_本命エマージングロール:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

極端に脚質に偏りがないメンバーが集まりました。スタート後はダノングリズリーが引っ張りそうですが、ペースは平均ぐらいでしょう。3コーナーにかけて各馬が仕掛け始め、本命のエマージングロールも同様に動いて先行にとりつきます。その後は、ゴール前までの追い比べを制し、僅差で差し切ると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、8月13日(土)の予定です。

 

あとがき

過去データや参照したレースからは、前走重賞組が不振でした。1番人気であってもケイジバン外に敗れることもあり、当レースでの信頼度は低めです。また、昇級馬に勝ち星はなかったので、軸よりは紐で押さえる方が無難かもしれません。

 

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました