ばんえいグランプリ2022予想(帯広競馬)_本命メムロボブサップ

地方競馬
スポンサーリンク

 

ばんえいグランプリ2022予想(帯広競馬)_本命メムロボブサップ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「ばんえいグランプリ」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月14日に帯広競馬場で行われる、BG2、直線200m、3歳以上混合、ファン選別のグランプリレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ばんえいグランプリ2022予想(帯広競馬)_本命メムロボブサップ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):メムロボブサップ

〇(対抗):メジロゴーリキ

▲(単穴):ミノルシャープ

 

本命はメムロボブサップ

現在、11連続連対中と絶好調です。3歳、4歳には史上初となる六冠馬も達成、ファン投票1位、という結果からも名実共に現役最強と言えるでしょう。

夏バテの心配なさそうで体調的にも良さそうです。むしろ調子が良すぎるため、勢い余って障害で転んでしまうこともあるようです。勢いもそうですが、パワー面でも他より勝る点が多く、特に登坂力に秀でているので序盤のリードをいかせば連覇は可能でしょう。

 

 

対抗はメジロゴーリキ

ばんえい記念を制していますが、安定感にかける点が不安材料です。ただ、ばんえいグランプリは過去3年連続で3着以内ですので、この時期のレースは相性が良さそうです。

近走は馬場が軽く、展開も速かったので力を発揮できませんでした。馬場が重くなるようなパワー勝負はむしろ歓迎ですので、週末の天候次第では悲願達成も可能でしょう。

 

 

単穴はミノルシャープ

2020年に当レースを制覇したあとは、オープンクラスを2勝するに留まっています。昨年度の当レース、岩見沢記念でそれぞれ4着に食い込んでおり、上位入賞馬ともそれほど力の差があるわけではない印象です。

障害は比較的安定感高くこなせますが、ゴールまで止まってしまうことがあります。軽い馬場の方が力は出しやすく好勝負になると思いますが、馬場が重くなるようなら厳しい戦いでしょう。ただ、前よりも状態は良くなっていますので、対応できる幅は広がっていると思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ばんえいグランプリ2022予想(帯広競馬)_本命メムロボブサップ:出走予定馬一覧

今年は10頭の登録です。登録馬は馬名、重量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

インビクタ 800 騎乗予定:船山蔵

カイセドクター 800 騎乗予定:未定

キョウエイリュウ 800 騎乗予定:未定

ゴールドハンター 800 騎乗予定:未定

コマサンブラック 800 騎乗予定:未定

シンエイボブ 780 騎乗予定:未定

マツカゼウンカイ 800 騎乗予定:未定

ミノルシャープ 800 騎乗予定:鈴木恵

メジロゴーリキ 800 騎乗予定:西謙一

メムロボブサップ 800 騎乗予定:阿部武

 

 

 

 

スポンサーリンク

ばんえいグランプリ2022予想(帯広競馬)_本命メムロボブサップ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

本命のメムロボブサップは、馬場状態や重量に関係なく力を発揮できます。前走も第2障害を楽々とクリアし、状態はすこぶる良い印象ですので、ファン投票1位に応える走りができると予想しています。なお、力のいる馬場になればメジロゴーリキ、軽い馬場ならミノルシャープにも勝機はありそうです。

 

レース日

レースの発走は、8月14日(日)の予定です。

 

あとがき

今年で34回目を迎えます。ファン投票1位となったメムロボブサップは、史上6頭目の連覇がかかるレースです。他にもファン投票で選ばれた精鋭が集まっていますので、グランプリレースの名に恥じない盛り上がりとなりそうです。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました