関屋記念2022予想と考察_本命ウインカーネリアン

G3
スポンサーリンク

関屋記念2022予想と考察_本命ウインカーネリアン

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「関屋記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月14日に新潟競馬場で行われる、G3、芝1600m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関屋記念2022予想と考察_本命ウインカーネリアン:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ウインカーネリアン

〇(対抗):イルーシヴパンサー

▲(単穴):ゴールデンシロップ

△(連下):スカイグルーヴ

 

本命はウインカーネリアン

一時は蹄のトラブルにより、長期休養を余儀なくされました。今年の春から復帰し、復帰初戦こそ約1年間のブランクを感じたものの、2戦目以降は連勝でブランクを感じさせない状態で、重賞まで戻ってきました。

復帰から連勝したレースはいずれも王道といえる内容で、重賞でも十分通用する力は見せました。元々は中山コースのような右回り向きの印象もありましたが、近走では左回りや広いコースでも結果を出しています。

状態が復帰前以上で勢いに乗ってきて充実ぶりが肌で感じられる今なら、3連勝で重賞初制覇も可能でしょう。

 

 

対抗はイルーシヴパンサー

今年の始動戦はG3東京新聞杯でした。3連勝中で臨んだレースは後方2番手で進め、最後はメンバー最速の末脚で差し切りました。4連勝で重賞初制覇を果たし、前走のG1安田記念に出走しましたが展開が向きませんでした。

前走は道中の流れが落ち着き、勝負どころで進路のこと確保もままなりませんでした。そんな中、上がりはメンバー最速を叩き出すも8着に敗れた内容は、負けて強しといえる印象でしょう。

今回の出走メンバーなら末脚の強力さは上位ですし、広く直線の長い新潟コースはより決め手もいきる条件でしょう。斤量も56キロと手頃ですので、あとは道中の位置取りさえ決まれば突き抜ける可能性も秘めている1頭です。

 

 

単穴はゴールデンシロップ

現在3連勝中で勢いに乗る1頭です。実戦は約9ヶ月ぶりとなりますが、当レースと同じ1600mで連勝を重ねていますし、底を感じさせない走りは重賞でも活躍できる可能性があると思います。

どちらかといえばパワータイプに見え、キャリアも浅く経験不足が不安視される一方で、成長の伸びしろもまだありそうですので、注意しておきたい1頭です。

 

 

連下はスカイグルーヴ

前走の京王杯スプリングカップでは好走するも半馬身差の2着でした。今年の初戦の京都牝馬ステークスでも2着と惜敗が続いており、そろそろ重賞初勝利が欲しいところでしょう。

これまでは1400mを中心に使われてきましたが、今回はマイルに照準を合わせて調整されてきました。コンディション自体も上向き調子ですし、母ダイナカールの血統を考慮しても重賞未勝利で終わるようには思えません。紐には入れておきたい1頭です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

関屋記念2022予想と考察_本命ウインカーネリアン:出走予定馬一覧

今年は以下の15頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

イルーシヴパンサー 56.0 騎乗予定:岩田望

ウインカーネリアン 57.0 騎乗予定:三浦

エアファンディタ 56.0 騎乗予定:田辺

エクスパートラン 56.0 騎乗予定:未定

エンデュミオン 56.0 騎乗予定:秋山真

ゴールデンシロップ 56.0 騎乗予定:デムーロ

ザダル 58.0 騎乗予定:戸崎

シュリ 57.0 騎乗予定:津村

スカイグルーヴ 54.0 騎乗予定:ルメール

ダノンザキッド 57.0 騎乗予定:川田

ディヴィーナ 54.0 騎乗予定:武

ピースワンパラディ 56.0 騎乗予定:柴田善

リアアメリア 54.0 騎乗予定:菅原

レッドライデン 56.0 騎乗予定:吉田豊

ワールドバローズ 56.0 騎乗予定:和田竜

 

 

 

スポンサーリンク

関屋記念2022予想と考察_本命ウインカーネリアン:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

実力のある先行勢が手薄なメンバー構成だと感じました。レッドライデンあたりが出していき、本命のウインカーネリアンが2〜3番手あたり構え、予想印の馬が続く展開でしょう。道中は落ち着いたペースで最終コーナーにかけて、後続勢がペースアップしそうです。持ったまま直線に入ったウインカーネリアンは、半ばから追い出しを開始し、迫る後続を振り切る展開を予想しています。

 

レース日

レースの発走は、8月14日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年は、ロータスランドが制しました。

当日4番人気に支持されたロータスランドは、2番手を追走し、直線で力強く抜け出しました。1頭で走ると遊んでしまう面がありましたが、鞍上の田辺騎手が内ラチ沿いを巧く走らせ、重賞初制覇に繋げました。この重賞制覇で田辺騎手としても9年連続の重賞制覇となり、ダブルで嬉しい勝利となりました。

また、辻野調教師にとっても開業以来で初のタイトルとなり、解散して角居勝彦厩舎から引き継いだ同馬の素質を見事に開花させました。さらには重賞馬にするだけでなく、サマーマイルシリーズ王者にまで成長させた手腕は、今後も注目される存在となりました。

なお、2着には6番人気のカラテ、3着には1番人気のソングラインが入っています。

 

 

あとがき

最後の直線が長い新潟の外回りコースを使用します。道中は比較的ペースも落ち着き、各馬が脚をためながらレースを運ぶ傾向です。そのため、好走するには瞬発力よりも、トップスピードの持続力が求められる条件です。前残りも頻繁にあり、差しが届かないことが多いので、ある程度の位置から競馬ができるタイプを選んでおきたいところです。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました