くろゆり賞2022予想(笠松競馬)_本命メイショウワザシ

地方競馬
スポンサーリンク

 

くろゆり賞2022予想(笠松競馬)_本命メイショウワザシ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「くろゆり賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月11日に笠松競馬場で行われる、ダート1600m、3歳以上の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

くろゆり賞2022予想(笠松競馬)_本命メイショウワザシ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):メイショウワザシ

〇(対抗):イルティモーネ

▲(単穴):ニホンピロヘンソン

 

本命はメイショウワザシ

現在は大井競馬所属ですが、JRA在籍時にはオープンクラスでも活躍している実力馬です。前走の金沢スプリントは3着に敗れていますが、実戦を重ねるごとに馬体がスッキリしてきており、より好印象を抱いています。今回も遠征での重賞挑戦となりますが、タイトル獲得に向けて視界は良好でしょう。

 

 

対抗はイルティモーネ

2019年のJpn3兵庫ゴールドトロフィーで2着の実績がある実力馬です。今年は白銀争覇でも2着に入り、笠松コースとの相性は悪くありません。大外枠に入ってしまったことがレースにどう影響するかですが、元々差しタイプの脚質ですので、それほど大きな影響もないと思っています。幅の広い競馬ができるので先行勢が手薄という状況から、スタート後から出してくる可能性もありますし、臨機応変な対応が見られそうです。

 

 

単穴はニホンピロヘンソン

地元勢の有力馬として遠征勢を迎え撃ちます。今年の白銀争覇で内々から鋭く抜け出して重賞初制覇を飾っていますので、ここは意地を見せたいところでしょう。前走のサマーカップ10着に敗れましたが、スタート後につまづいて流れに乗れませんでした。度外視して良い内容だと思いますので、巻き返しに期待できる1頭です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

くろゆり賞2022予想(笠松競馬)_本命メイショウワザシ:出走予定馬一覧

今年は10頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

インシュラー 57.0  騎乗予定:大原浩司

ライジングドラゴン 57.0  騎乗予定:渡辺竜也 

ミラクルシップ 57.0  騎乗予定:村上弘樹

ブラックアピス 57.0  騎乗予定:堀場裕充

ニホンピロヘンソン 57.0  騎乗予定:向山牧

ナムラゴロー 57.0  騎乗予定:吉原寛人

メイショウワザシ 57.0  騎乗予定:今井貴大

スタンサンセイ 57.0  騎乗予定:藤原幹生

ナナカマドカ 55.0  騎乗予定:川原正一

イルティモーネ 57.0  騎乗予定:長谷部駿

 

 

 

 

スポンサーリンク

くろゆり賞2022予想(笠松競馬)_本命メイショウワザシ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

本命のメイショウワザシが逃げる展開でしょう。先行馬もそれほどおらず、差し勢が過半数を占めている印象ですので、楽にハナを取って逃げる流れになると思います。内枠有利な傾向ですのでもう少し内側の枠が欲しかったところですが、このメンバーなら問題ないでしょう。スタート後からハナに立ち、リズムよく走って押し切る形を予想しています。

 

レース日

レースの発走は、8月11日(木)の予定です。

 

あとがき

スタートしてすぐコーナーに入りますので、内枠有利な傾向です。外枠勢はスタートを決めるか、テンの速さをいかさないとまず先行勢に入れないでしょう。ただ、ここで脚を使ってしまうと最後に余力がなくなってしまいます。控えすぎると先行勢と距離ができますし、無理すると距離のロスもあるので、外枠勢に有力馬や軸馬が入った場合には注意しておきたいですね。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました