フローラルカップ2022予想(門別競馬)_本命コパノオレゴン

地方競馬
スポンサーリンク

 

フローラルカップ2022予想(門別競馬)_本命コパノオレゴン

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「フローラルカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月10日に門別競馬場で行われる、ダート1600m、2歳牝馬による重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フローラルカップ2022予想(門別競馬)_本命コパノオレゴン:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):コパノオレゴン

〇(対抗):スティールグレイス

▲(単穴):リコシェ

 

本命はコパノオレゴン

デビュー戦は好位追走から抜け出し、勝ち負け争いを演じました。2着に敗れはしましたが、着差からは勝ち馬と大きな差は感じられません。続く、2戦目も同様の展開でしたが、早めから抜け出し、2着馬に4馬身つける強い内容でした。距離が前走から短くなるのはプラスになるはずですし、枠順も良いところに入ったので重賞初制覇も目前でしょう。

 

 

対抗はスティールグレイス

デビューがら2連勝と強い印象を残しました。少頭数のレースもあったとはいえ、スプリント戦でなら2着馬との差は決定的でしょう。前走は重賞初挑戦となりましたが、初の馬込みでしたし不良馬場の影響もあって6着と不完全燃焼となりました。マイル前後での距離適性は不安材料も大きいですが、見定めるにはまだレース数や経験も必要だと感じます。

 

 

単穴はリコシェ

ここまで5戦していますがまだ掲示板を外していません。この中には重賞が2戦含まれていますが、5着→2着と好走しています。距離適性は短い方が高いと思いますが、現メンバー内なら経験も豊富ですし、折り合いは付きやすいと感じます。5戦の結果で格付けを済ますには時期尚早でしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

フローラルカップ2022予想(門別競馬)_本命コパノオレゴン:出走予定馬一覧

今年は10頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

コパノオレゴン 54.0 騎乗予定:阿部龍

オンネマトカ 54.0 騎乗予定:岩橋勇二

パワトゥザピープル 54.0 騎乗予定:石川倭

スティールグレイス 54.0 騎乗予定:桑村真明

リコシェ 54.0 騎乗予定:亀井洋司

ティーズアイランド 54.0 騎乗予定:小野楓馬

サヤオンニ 54.0 騎乗予定:阪野学

ハシレヨオトメ 54.0 騎乗予定:落合玄太

リコーグロック 54.0 騎乗予定:山本咲希

コンテパルティロ 54.0 騎乗予定:服部茂

 

 

 

 

スポンサーリンク

フローラルカップ2022予想(門別競馬)_本命コパノオレゴン:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

差しタイプのメンバーが揃いました。2歳の夏の段階で経験を重ねている馬も多いですが、成長前に格付けを済ませてしまうのは危なそうです。マイル戦を経験している馬も少ないので、この時期は能力よりも適性を重視したいと思っています。本命のコパノオレゴンは距離適性は最上位ですし、まず勝ち負けになるでしょう。ペースが速くても、遅くても対応できる幅もありますので、軸推奨の1頭です。

 

レース日

レースの発走は、8月10日(水)の予定です。

 

あとがき

コースを一周強するレースです。最初のコーナーまでは距離がありますので、外枠であってもポジションは取りに行きやすいです。道中のコーナーは緩やかですし、勾配もほぼないため基本的に内枠や先行優位な傾向です。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました