九州チャンピオンシップ2022予想(佐賀競馬)_本命テイエムチェロキー

地方競馬
スポンサーリンク

九州チャンピオンシップ2022予想(佐賀競馬)_本命テイエムチェロキー

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「九州チャンピオンシップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月7日に佐賀競馬場で行われる、ダート1750m、3歳以上の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

九州チャンピオンシップ2022予想(佐賀競馬)_本命テイエムチェロキー:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):テイエムチェロキー

〇(対抗):ゲットワイルド

▲(単穴):ティアラキング

 

本命はテイエムチェロキー

元々中央の3勝クラスまで勝ち進んでいた実力馬です。障害でも勝ち実績があり、スタミナの豊富さはこのメンバーなら上位です。地方に移籍してからも重賞問わず好走を続けており、特に中距離以上で好走率が高いです。距離は長い向きますし、前走よりも距離が伸びる今回は見直せると思いますし、勝ち負けになると思っています。

 

 

対抗はゲットワイルド

佐賀に移籍してからいきなり5連勝するなど、コースとの相性の良さが目立ちます。以降も好走を続けて重賞にも出走していますが、あと一歩届いていません。しかし、2走前はメンバー最速の上がり3ハロンでハナ差の2着入っていますし、実力的には重賞制覇してもおかしくない力を持っています。メンバーや展開が向けば、チャンスもより大きくなると思います。

 

 

単穴はティアラキング

中距離以上の出走経験が多く、重賞経験こそありませんが、近走は上がり調子の様子です。大井では馬場が合わなかった印象ですが、メンバーも違いますが、佐賀に移籍してからは好走率も多くなってきます。明らかに上がり3ハロンタイムも上位になっていますので、展開が向けば上位進出も可能でしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

九州チャンピオンシップ2022予想(佐賀競馬)_本命テイエムチェロキー:出走予定馬一覧

今年は12頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ドゥラリュール 56.0 騎乗予定:山口勲

テイエムチェロキー 56.0 騎乗予定:田中純

ティアラキング 56.0 騎乗予定:金山昇馬

モンスターキング 56.0 騎乗予定:川島拓

スーパースナッズ 54.0 騎乗予定:田中直人

マイネルジャスト 56.0 騎乗予定:竹吉徹

マテラユウキ 56.0 騎乗予定:倉富隆一

ラヴィアンレーヴ 56.0 騎乗予定:小松丈二

パイロキネシスト 56.0 騎乗予定:飛田愛斗

トゥルスウィー 54.0 騎乗予定:山下裕貴

カルフレグランス 54.0 騎乗予定:石川慎将

ゲットワイルド 56.0 騎乗予定:山田義貴

 

 

 

 

スポンサーリンク

九州チャンピオンシップ2022予想(佐賀競馬)_本命テイエムチェロキー:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

逃げから追い込みまでのメンバー構成です。若干差し勢が多い印象ですが、先行争いは多少ありそうです。ペースは平均からややスローで進みそうですので、スタミナのある馬にとっては展開も向くでしょう。本命のテイエムチェロキーはスタミナも豊富ですので、展開に合わせて前にもつけられます。ペースが速くなれば、より展開も向くと思いますので、勝ち負けになると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、8月7日(日)の予定です。

 

あとがき

コースを一周半するレースとなります。最初のコーナーまでの距離が短く、内枠有利な傾向です。しかし、内ラチ沿いの砂が深いので道中は一概に内側有利とは言えません。展開によってはより差しやまくりも決まりやすいので、幅広い競馬ができるタイプを軸にしたいところでしょう。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました