ひまわり賞2022予想(盛岡競馬)_本命ボサノヴァ

地方競馬
スポンサーリンク

 

ひまわり賞2022予想(盛岡競馬)_本命ボサノヴァ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「ひまわり賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月7日に盛岡競馬場で行われる、ダート1800m、3歳牝馬の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひまわり賞2022予想(盛岡競馬)_本命ボサノヴァ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ボサノヴァ

〇(対抗):アップテンペスト

▲(単穴):カクテルライト

 

本命はボサノヴァ

これまで15戦して【4-5-4-2】という実績ですが、掲示板を外したのは一度だけです。他のレースでは重賞でも馬券になることも多く、世代上位の実力馬です。2走前の岩手牝馬一冠目こそ大差の3着に敗れていますが、当レースでは主役級が不在になるため、距離適性が高くなることもありますし、重賞2勝目の可能性も高いと思います。

 

 

対抗はアップテンペスト

前走はさすがに距離が長いと感じました。先行勢が軒並み崩れたことからも、後方待機組向きの展開でした。2走前は馬体重増加の影響もり、1番人気に応える走りはできませんでしたが、距離自体は問題ないと見ています。2走連続で大敗した影響がなければ巻き返しも可能だと思いますので、見直せる1頭でしょう。

 

 

単穴はカクテルライト

前走は早めから自分のペースに持ち込み、気持ちよく逃げ切って重賞3勝目となりました。マイル以下なら逃げ切れることもありますが、1800mとなる当レースだと逃げ切るには不安要素が大きくなります。さらに道中もタフになりますので、逃げ切れないと見て予想しています。それでも、道中がスローになれば粘り込む可能性も高まるので、距離適性を見極める一戦となりそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ひまわり賞2022予想(盛岡競馬)_本命ボサノヴァ:出走予定馬一覧

今年は12頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

マルルットゥ 54.0 騎乗予定:高松亮

セイシーキング 54.0 騎乗予定:坂口裕一

トーセンキャロル 54.0 騎乗予定:山本聡哉

レディジャン 54.0 騎乗予定:村上忍

ボサノヴァ 54.0 騎乗予定:関本淳

セシボン 54.0 騎乗予定:岩本怜

ビッグタマテルーフ 54.0 騎乗予定:高橋悠里

シャローナ 54.0 騎乗予定:木村暁

アップテンペスト 54.0 騎乗予定:鈴木祐

カクテルライト 54.0 騎乗予定:山本政聡

ベストフィーチャー 54.0 騎乗予定:大坪慎

リュウノアン 54.0 騎乗予定:菅原辰徳

 

 

 

 

スポンサーリンク

ひまわり賞2022予想(盛岡競馬)_本命ボサノヴァ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

先行勢が揃った印象です。スタミナが問われるタフな条件ですので普段はスローよりの流れになるイメージです。しかし、今回は先行勢が多少やり合う平均ぐらいになりそうです。本命のボサノヴァは、これまでのレース内容から距離が伸びても対応できると感じます。加えて、地力勝負になりそうな当レースは、実力差が如実に出そうなので、これまでの実績を素直に評価した結果です。

 

レース日

レースの発走は、8月7日(日)の予定です。

 

あとがき

3歳牝馬による重賞レース、岩手競馬ではオークスの位置付けとなります。スタート後は坂を登るコースとなり、3コーナーまで続きます。4コーナーにかけて急坂で下りますのでペースが上がりやすいですが、最後にもう一度坂を登る必要があるため、スタミナが必須なタフなレースとなります。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました