レパードステークス2022予想と考察_本命ホウオウルーレット

G3
スポンサーリンク

レパードステークス2022予想と考察_本命ホウオウルーレット

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「レパードステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月7日に新潟競馬場で行われる、G3、ダート1800m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レパードステークス2022予想と考察_本命ホウオウルーレット:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ホウオウルーレット

〇(対抗):ハピ

▲(単穴):タイセイドレフォン

△(連下):メンアットワーク

 

本命はホウオウルーレット

目標にしていたジャパンダートダービーは補欠登録までで、本番には出走できませんでした。目標にしていただけあって状態は非常に良く、自己条件のいわき特別(3勝クラス)は5馬身差をつけて圧勝しました。当日は重馬場の中、勝ちタイムはコースレコードタイという内容でしたが、道中は控える形で位置取りは苦しそうでした。ただ、エンジンがかからないかかってからは脚色は1頭だけ明らかに異なっていました。競馬の幅が広がって相手なりに動けるのは強みですし、オメガパフュームの半弟という血統も飛躍が楽しみになる存在になりそうです。

 

 

対抗はハピ

3連勝で臨んだジャパンダートダービーは4着でした。Jpn1の舞台やメンバーの中、最後方からのレースになってしまったのが痛かったと思います。当日は水が浮くほどの不良馬場で前残り展開になってしまったため、着順はコースや位置取りの差でした。ただ、3コーナーから動き出し、大外から押し上げていった脚は見どころがある内容でした。地力は間違いなく高いと感じますし、流れに乗った競馬ができれば勝ち負けになると思います。

 

 

単穴はタイセイドレフォン

前々走の鳳雛ステークスではハピに完敗していますので、上位との格付けは済んでいると感じます。ただ、前走の弥富特別では2着馬に8馬身差をつける内容でしたので、成長度合を考えると紐筆頭の1頭です。先行力が高く、前々でリズム良く競馬できれば、上位争いになる力はあると思いますので、穴狙いなら頭に据えるのもありだと思います。

 

 

連下はメンアットワーク

2走前の未勝利戦では9馬身差をつけて勝ち抜けました。レース内容からは1つ上のクラスでも十分通用すると感じましたし、現に連勝で当レースに臨めています。ダートレースではまだ底を見せていない印象ですし、調教の動きも良く、速いペースにも対応できていました。体調も前走以上に感じますので、未経験の馬群内の競馬や砂かぶりの影響がなければ、いきなり好走する可能性も十分考えられます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

レパードステークス2022予想と考察_本命ホウオウルーレット:出走予定馬一覧

今年は以下の21頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アーテルアストレア 54.0 騎乗予定:横山典

インディゴブラック 56.0 騎乗予定:西村

ヴァレーデラルナ 54.0 騎乗予定:岩田望

カフジオクタゴン 56.0 騎乗予定:ホー

ギャラクシーナイト 56.0 騎乗予定:菊沢

グットディール 56.0 騎乗予定:未定

シダー 54.0 騎乗予定:藤岡康

タイセイドレフォン 56.0 騎乗予定:川田

トウセツ 56.0 騎乗予定:幸

ハピ 56.0 騎乗予定:藤岡佑

バレルゾーン 56.0 騎乗予定:三浦

ビヨンドザファザー 56.0 騎乗予定:北村友

プラチナドリーム 56.0 騎乗予定:菅原

ヘラルドバローズ 56.0 騎乗予定:松山

ホウオウルーレット 56.0 騎乗予定:福永

メイショウユズルハ 56.0 騎乗予定:岩田康

メンアットワーク 56.0 騎乗予定:戸崎

ライラボンド 56.0 騎乗予定:長岡

ラブパイロー 54.0 騎乗予定:野中

レッドラパルマ 56.0 騎乗予定:デムーロ

ロードジャスティス 56.0 騎乗予定:未定

 

 

 

スポンサーリンク

レパードステークス2022予想と考察_本命ホウオウルーレット:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

先行力のある実力馬が集まりました。新潟ダートは前優位のため、枠順も重要です。加えてスタートやテンの速さも備えてないと、希望の位置取りは難しくなるでしょう。本命のホウオウルーレットは、枠順や相手の出方で立ち回りを変えられる自在性があります。位置取り争いが激しくなりそうですし、前半は多少速くなりそうなので、道中は中団前目からレースを進め、直線で差し切る流れになると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、8月7日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年はメイショウムラクモが制しました。

当日は1番人気に支持され、初タイトル奪取には絶好の機会となりました。道中は2番手を進み、抜群の手応えのまま直線に入りました。直線半ばで先頭に立つと、以降は後続を突き放す強い内容でした。重賞初挑戦での勝利の他にも、騎乗していた柴田善臣騎手はJRA重賞最年長勝利記録となりました。

なお、2着には10番人気のスウィープザボード、3着には6番人気のレプンカムイが入りました。

 

あとがき

新潟のダートコースはコーナーの角度が急になっており、スピードを出しにくい傾向です。そのため、先行勢に有利な舞台設定となります。外から差し込むにしても、早めから動ける機動力、長く脚を使える持続力が必要となります。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました