エルムステークス2022予想と考察_本命オメガレインボー

G3
スポンサーリンク

エルムステークス2022予想と考察_本命オメガレインボー

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「エルムステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、8月7日に札幌競馬場で行われる、G3、ダート1700m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エルムステークス2022予想と考察_本命オメガレインボー:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):オメガレインボー

〇(対抗):スワーヴアラミス

▲(単穴):ロードエクレール

△(連下):ブラッティーキッド

 

本命はオメガレインボー

前走のマリーンステークスは前残り展開になったため、直線で勝負するには展開が向きませんでした。着差も展開によるものだと考えれば、評価はそれほど落とすこともないでしょう。実際レースでは持ち前の競馬はできており、当レースに向けての練習にはなったと思います。当レースは当初から目標としており、前走よりも流れが速くなりそうなので展開も向きます。昨年競り負けているだけに、リベンジを果たしたいところでしょう。

 

 

対抗はスワーヴアラミス

ダート1700mでは重賞を含めて4戦していますが、1着3回、2着1回という実績です。このうち2戦を札幌で経験していますので、コースとの相性は間違いなく良いでしょう。昨年の勝ち馬でもありますし、出走メンバーを考えれば前走よりは楽になります。重賞3勝している馬ですし、地力上位は確実ですので58キロの斤量にも対応できると思います。

 

 

単穴はロードエクレール

今年になってから重賞問わずに好走しており、全て馬券に絡む活躍です。ただ、先行してレースを進めていくため、後続からの目標になりやすくプレッシャーも大きくなります。今は軌道に乗っている印象ですので、平坦で小回りの札幌コースなら前で粘り込む可能性も高いでしょう。当日はどれだけ自分の競馬に持ち込めるかがポイントになりそうです。

 

 

連下はブラッティーキッド

地方から中央に再転入してから3連勝しています。地方レースを含めると8連勝ですし、ダート適性はかなり高い1頭です。当レースはオープン入りして初の実戦となりますが、函館での1分44秒台の走破タイムは通用する可能性は高いと思います。上位陣とはまだ差がある印象ですが、このメンバーなら初戦から好走できても不思議ではありません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

エルムステークス2022予想と考察_本命オメガレインボー:出走予定馬一覧

今年は以下の15頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アイオライト 56.0  騎乗予定:菱田

アメリカンシード 56.0 騎乗予定:未定

ウェルドーン 54.0 騎乗予定:武

オメガレインボー 56.0 騎乗予定:横山和

スワーヴアラミス 58.0 騎乗予定:松田大

ダノンファラオ 58.0 騎乗予定:浜中

ダンツキャッスル 56.0 騎乗予定:未定

バティスティーニ 56.0 騎乗予定:鮫島駿

ヒストリーメイカー 56.0 騎乗予定:小沢

ブラックアーメット 56.0 騎乗予定:角田和

ブラッティーキッド 56.0 騎乗予定:水口

フルデプスリーダー 56.0 騎乗予定:丹内

ロジペルレスト 56.0 騎乗予定:未定

ロードエクレール 56.0 騎乗予定:石川

ロードレガリス 56.0 騎乗予定:富田

 

 

 

スポンサーリンク

エルムステークス2022予想と考察_本命オメガレインボー:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

バランスよく様々な脚質が揃った印象です。基本的には先行有利な条件ですが、ペースが流れやすいので後方組にもチャンスはあります。本命のオメガレインボーは、最後方に近い位置からの競馬になりそうですが、前走は前残り展開で4着でした。目標にしてきたレースですので、前走以上のデキにはありますし、流れる展開になりそうなことを考えれば、後方一気もあり得ると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、8月7日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年はスワーヴアラミスが制しました。

当日は4番人気でレースに臨みました。一見、不利な枠順ですが、スタートから追い出す形でしたが、好位で流れに乗ることできました。しかし、好位につけながらも後方待機組の脚が強力なため、3コーナーから早めにから仕掛け始めました。直線でも脚は衰えることなくしぶとく伸びて、後続勢を振り切ってのゴールとなりました。結果的に、スタートから最後まで追い出しっぱなしになりましたが、鞍上の指示に応える形で重賞2勝目を飾りました。

なお、2着には7番人気のオメガレインボー、3着には11番人気のロードブレスが入り、1番人気のアメリカンシードは最下位の14着に敗れました。

 

あとがき

コースはほぼ平坦で、小回りとなるコースになります。オーソドックスに先行優位と思っていいでしょう。ただ、先行力だけでなくスピードの持続力も求められますので、走る距離以上のスタミナは欲しいところです。また、大半が早くから仕掛けて行くため、ある程度の位置からでもプレッシャーに怯まない勝負根性も必要になります。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました