佐渡ステークス2022予想と考察_本命ククナ

中央競馬
スポンサーリンク

佐渡ステークス2022予想と考察_本命ククナ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「佐渡ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月31日に新潟競馬場で行われる、芝2000m、3歳以上3勝クラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐渡ステークス2022予想と考察_本命ククナ:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ククナ

〇(対抗):ノースザワールド

▲(単穴):ダノンレガーロ

△(連下):カントル

 

本命はククナ

桜花賞では最後方から6着まで巻き返していますし、その他のレースについても強力な末脚を使って好走しています。オークスなどでは先行するような立ち回りも見せましたが、控える競馬が本来の姿です。近走は控える競馬も板についてきたので、当レースも最後の末脚に期待できると思います。

 

 

対抗はノースザワールド

追い込み型の脚質ですが、枠順が良かったりやスタートを決めると先行することもあります。前々走の湘南ステークスでは、最後方から仕掛けが遅れながらも5着にもってくる瞬発力がありますし、一瞬のキレ味はメンバーでも上位です。仕掛けどころさえ合えばゴール前で差し切る姿も十分想像できます。

 

 

単穴はダノンレガーロ

3勝クラス初戦でいきなり2着入るぐらい実力を備えています。前走も2着ですが、この要因は長く良い脚を使えるからでしょう。これまでのレースでも上がり3ハロンタイムは最速も多いですし、展開によらず脚を使えています。キレ味では予想馬に一歩劣るイメージですが、開幕週の馬場なら前目で粘り込むことも可能だと思います。

 

 

連下はカントル

先行して粘り込むタイプですので、開幕週の馬場には合っている印象です。先行力も高く、長く使える脚がありますので、粘り込む可能性は高いでしょう。ただ、当レースは後方有利な傾向ですし、展開の助けがないと上位入賞は厳しそうには感じます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

佐渡ステークス2022予想と考察_本命ククナ:出走予定馬一覧

今年は以下の11頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

カントル 57.0 騎乗予定:岩田望

ククナ 55.0 騎乗予定:福永

クロワドフェール 55.0 騎乗予定:ホー

ダノンレガーロ 57.0 騎乗予定:川田

ナリノモンターニュ 57.0 騎乗予定:吉田豊

ノースザワールド 57.0 騎乗予定:坂井

ピュアブレンド 55.0 騎乗予定:石橋脩

フェアリーグルーヴ 55.0 騎乗予定:団野

ヤマニンマヒア 57.0 騎乗予定:津村

レッドアルマーダ 57.0 騎乗予定:杉原

ロールオブサンダー 57.0 騎乗予定:戸崎圭

 

 

 

スポンサーリンク

佐渡ステークス2022予想と考察_本命ククナ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

半数以上が久しぶりの実戦となります。ひと叩きされた後なら不安要素も少ないのですが、反応が鈍くなってしまうとまず上位争いは無理でしょう。本命のククナは、本来の形に持っていけばまず末脚は発揮できるでしょう。直線が長く広い新潟コースも合っていますし、条件的には好相性でしょう。

 

レース日

レースの発走は、7月31日(日)の予定です。

 

あとがき

参考レースデータからは、上がり最速馬がいずれもレースを制していました。さらに、上がり2位はすべて3着に入っていることから、末脚の強力さが勝負を分けるレースです。前走が逃げ、先行馬だった場合、全く馬券に絡んでおらず好走できていません。また、サンデーサイレンスとミスタープロスペクターの配合が好相性なレースでもありました。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました