新潟ジャンプステークス2022予想と考察_本命ゼノヴァース

G3
スポンサーリンク

新潟ジャンプステークス2022予想と考察_本命ゼノヴァース

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「新潟ジャンプステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月30日に新潟競馬場で行われる、G3、障害3250m、3歳以上オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新潟ジャンプステークス2022予想と考察_本命ゼノヴァース:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ゼノヴァース

〇(対抗):ケイティクレバー

▲(単穴):ニューツーリズム

△(連下):ホッコーメヴィウス

 

本命はゼノヴァース

障害に映ってからセンスのあるレースぶりで初戦から好走を続けています。2走前にはオープンクラスでも勝利し、前走は東京ジャンプステークスに臨みました。2番人気に支持され結果は4着でしたが、最終コーナーでは一旦沈みながらも直線では盛り返すシーンもあり、スタミナや力強さを見せました。レースセンスはかなり高いものがありますので、当レースでスムーズなら押し切る可能性は高いと思います。

 

 

対抗はケイティクレバー

前走は平地で2連続大敗を喫した後の東京ジャンプステークスでしたが、障害ではものが違うと言わんばかりの走りでした。先行から押し切る内容は、豊富なスタミナを感じさせ、さらに距離が伸びても走れる印象です。平地、障害を通して初めてのタイトルにもなりましたので、自信をつけた今なら重賞連勝も可能でしょう。

 

 

単穴はニューツーリズム

前走でオープンクラス初勝利となりました。勝利前でも好走を続けていましたが、前走も新潟コースでしたが、中団待機から直線でメンバー最速の脚で抜け出しました。前走内容で波に乗るような気がしますので、実績のあるコースでなら昨年の再現も可能でしょう。

 

 

連下はホッコーメヴィウス

安定した実力で重賞でも好走を続けています。勝利まであと一歩という惜敗の裏側には、決め手にかけるという理由もあると思います。素質や実力は低いわけではありませんが、展開が味方しないと勝ち切るのは難しいように感じます。今回も前がやり合うようならチャンスはありそうですし、追い出しのタイミングがカギになりそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

新潟ジャンプステークス2022予想と考察_本命ゼノヴァース:出走予定馬一覧

今年は以下の14頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アサクサゲンキ 60.0 騎乗予定:石神

マイネルグロン 60.0 騎乗予定:草野

ヴァーダイト 60.0 騎乗予定:小牧加

マリオ 60.0 騎乗予定:平沢

ホッコーメヴィウス 60.0 騎乗予定:黒岩

シンキングダンサー 60.0 騎乗予定:大江原

テイエムコンドル 60.0 騎乗予定:大庭

ザメイダン 60.0 騎乗予定:高田

ケイティクレバー 60.0 騎乗予定:北沢

ワーウルフ 60.0 騎乗予定:西谷誠

ニューツーリズム 60.0 騎乗予定:伴

ゼノヴァース 60.0 騎乗予定:森一

トワイライトタイム 60.0 騎乗予定:小野寺

ヴァイトブリック 60.0 騎乗予定:蓑島

 

 

 

スポンサーリンク

新潟ジャンプステークス2022予想と考察_本命ゼノヴァース:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

今年のメンバーなら先行押切の形で決まると思っていますので、前でレースできるタイプを選んでいます。本命のゼノヴァースは、ハナに立ちそうなケイティクレバーを見るような形で好位につけそうです。実力は僅差だと感じますので、前の隊列はほぼ変わらないまま、最後まで追い比べてゼノヴァースが差し切ると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、7月30日(土)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年はトゥルボーが制しました。

当日10番人気だったトゥルボーは、障害レース5戦目と経験不足が軽視されて低評価にとどまりました。しかし、レースでは中団後方から2週目3コーナーから一気に抜け出しました。直線では3番人気のサーブルオールとの追い比べで、最後はクビ差をものにしました。

前走の東京ジャンプステークスで13着という見事なV字勝利で、障害キャリア5戦目にして初めてのタイトルとなりました。なお、3着には4番人気のフォイヤーヴェルクが入っています。

 

あとがき

昨年は10番人気が勝利する波乱の結果になりましたが、全体でみれば人気サイドで決着している内容でした。そのため、上位人気馬の信頼度はそれなりにあると思います。ただ、関東馬は人気していても応えられていないことが多かったので、所属馬に注意しておきたいところです。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました