アイビスサマーダッシュ2022予想と考察_本命マリアズハート

G3
スポンサーリンク

アイビスサマーダッシュ2022予想と考察_本命マリアズハート

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「アイビスサマーダッシュ」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月31日に新潟競馬場で行われる、G3、芝1000m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイビスサマーダッシュ2022予想と考察_本命マリアズハート:勝ち馬予想と考察

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):マリアズハート

〇(対抗):ヴェントヴォーチェ

▲(単穴):スティクス

△(連下):ライオンボス

 

本命はマリアズハート

昨秋のルミエールオータムダッシュや前走の韋駄天ステークスなど、新潟千直の条件では負けなしの実績です。ただ、いずれも有利な8枠からスタートしており、脚をためられたことも大きな勝利要因でしょう。元々鋭い末脚がありますが、当レースの舞台では前に壁ができる傾向もマリアズハートにとっては好都合という条件でしょう。データ的にも韋駄天ステークスの勝ち馬は好走していますので、馬群を捌ければ重賞初制覇も可能でしょう。

 

 

対抗はヴェントヴォーチェ

前走は函館スプリントステークスでしたが、追走するのにもたついていました。直線でも伸びを欠いて結果は7着でした。前々走の春雷ステークスではスピード勝負に対応できていましたので、当レース条件はどちらかといえば悪くはならないと懐います。事実、3歳時には同舞台で勝っていますし、スタート後に行き脚がつけば見直せる1頭だと思います。

 

 

単穴はスティクス

前々走の韋駄天ステークスでは10着でした。スタートこそまずまずでしたが、二の脚の速さで3枠から一気に外ラチ沿いを奪いました。当レースで不可欠なダッシュ力はメンバーでも上位でしょう。前走のCBC賞では前半のハイラップを2番手で追走できていましたし、スピードが問われる舞台の適性は高いと思います。

 

 

連下はライオンボス

当レースの常連組で過去3年は全て勝ち負け争いを演じています。当レース初挑戦となった3年前は、重賞初挑戦でしたが1番人気にしっかり応えました。以降2年間は2着に甘んじていますが、当レースの舞台適性は最上位といっても良いと思います。近走は1200m戦だったため凡走が続いていますが、得意な条件に戻れば違う走りになってもおかしくありません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

アイビスサマーダッシュ2022予想と考察_本命マリアズハート:出走予定馬一覧

今年は以下の26頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アヌラーダプラ 54.0 騎乗予定:ホー

ヴェントヴォーチェ 56.0 騎乗予定:福永

オヌシナニモノ 56.0 騎乗予定:今村

オールアットワンス 54.0 騎乗予定:石川

キタイ 54.0 騎乗予定:未定

クリスティ 54.0 騎乗予定:松若

ジャスパージャック 56.0 騎乗予定:未定

ジュニパーベリー 54.0 騎乗予定:嶋田

シンシティ 54.0 騎乗予定:富田

スティクス 54.0 騎乗予定:藤田菜

テイエムトッキュウ 56.0 騎乗予定:北村友

トウショウピスト 56.0 騎乗予定:江田

トキメキ 54.0 騎乗予定:松山

トミケンルーア 56.0 騎乗予定:木幡初

パーティナシティ 56.0 騎乗予定:未定

ビリーバー 54.0 騎乗予定:杉原

ヒロノトウリョウ 56.0 騎乗予定:未定

マウンテンムスメ 54.0 騎乗予定:デムーロ

マリアズハート 55.0 騎乗予定:菊沢

ムスコローソ 56.0 騎乗予定:未定

ライオンボス 58.0 騎乗予定:坂井

リンゴアメ 54.0 騎乗予定:未定

ルッジェーロ 56.0 騎乗予定:三浦

ルドラクシャ 54.0 騎乗予定:未定

レジェーロ 54.0 騎乗予定:団野

ロードベイリーフ 56.0 騎乗予定:西村

 

 

 

スポンサーリンク

アイビスサマーダッシュ2022予想と考察_本命マリアズハート:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

外ラチ沿いが有利なレースですが昨年は内ラチ沿いを走ったバカラクイーンが3着に入りました。馬場状態によっては内でも伸びる部分がありますので、今年も若手騎手の思い切った騎乗があるかもしれません。本命のマリアズハートは鋭い末脚を武器に、後半でのキレ味勝負を狙っているでしょう。牝馬で斤量も軽いので、好位で瞬発力勝負に持ち込めれば勝機はあると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、7月31日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年はオールアットワンスが制しました。

外目の14番枠からのスタートでしたが、当日は1番人気となりました。斤量に恵まれ、持ち前のスピードをいかす展開で押し切りました。初重賞かつ古馬とも初対戦でしたが、初めてとは思えないほど堂々とした走りで、この勝利でマクフィ産駒はJRA初重賞制覇となりました。

なお、2着には2番人気のライオンボス、3着には内ラチ沿いを走りきった14番人気のバカラクイーンが入りました。

 

あとがき

1分以内のレースが殆どで、良馬場なら54秒前後で決着することも多いです。出遅れは致命的になりますので、適性はもちろんのこと、ダッシュ力は不可欠となります。さらに枠順も重要でセオリー通りに外枠有利な傾向です。近年では牝馬の台頭が目覚ましく、斤量などにも注意を向けたいところでしょう。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました