岩国特別2022予想と考察_本命キングズソード

中央競馬
スポンサーリンク

岩国特別2022予想と考察_本命キングズソード

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「岩国特別」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月24日に小倉競馬場で行われる、ダート1700m、3歳以上2勝クラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

岩国特別2022予想と考察_本命キングズソード:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):キングズソード

〇(対抗):グッドディール

▲(単穴):タガノクリステル

△(連下):シェイリーン

 

本命はキングズソード

デビューして5戦目になり、全体的にムラのある馬ですが、実力は通じても良いと感じます。デビュー後は先行して競馬をしていましたが、近走では控える形を取っています。2走前は位置が後ろ過ぎて届きませんでしたが、前走は完璧な内容でした。勝ちのイメージもできたと思いますので、いよいよ本領発揮となりそうです。

 

 

対抗はグッドディール

2ヶ月半の休み明けになります。前々走までは連戦に対応しながら好走していましたが、前走ではそれまでの疲れが出てしまった印象でした。スタートを決めて先行するも、仕掛けどころからズルズルと下がっていき、いつもの伸びがありませんでした。今回はリフレッシュして臨みますし、休み明けでも走りそうなタイプですので、前走以上は期待できそうです。

 

 

単穴はタガノクリステル

2ヶ月の休養を挟んでいますが、現在2連勝中です。連勝したレースは脚抜きの良い重馬場でしたので、良馬場だと不安要素も大きくなります。ただ、前走内容からは2勝クラスでもいきなり通用しそうな走りでした。距離を伸ばしてから負けなしですし、当レースが今後の活躍を占う一戦となりそうです。

 

 

連下はシェイリーン

デビューして6戦目ですが、これまで掲示板を外したことがありません。血統からはまさにダートで活躍しそうな内容ですが、徐々に力の片鱗を見せ始めています。父は早熟傾向でしたので、当レースあたりから本格化してきても良いと感じます。

 

 

 

スポンサーリンク

岩国特別2022予想と考察_本命キングズソード:出走予定馬一覧

今年は以下の16頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

キングズソード 54.0 騎乗予定:今村

スズカルビコン 57.0 騎乗予定:加藤

ゼンノミチザネ 57.0 騎乗予定:秋山真

レッドロムルス 57.0 騎乗予定:荻野極

フェブタイズ 57.0 騎乗予定:岩田望

ジョウショーリード 55.0 騎乗予定:高倉

キョウワウォール 57.0 騎乗予定:中井

シェイリーン 52.0 騎乗予定:坂井

グットディール 54.0 騎乗予定:川田

サンライズグリット 57.0 騎乗予定:松若

モンサンイルベント 57.0 騎乗予定:北村友

ジロー 57.0 騎乗予定:西村淳

タガノクリステル 52.0 騎乗予定:和田竜

リュクスウォリアー 57.0 騎乗予定:藤懸

ラルフ 57.0 騎乗予定:松山

レガーメペスカ 57.0 騎乗予定:

 

 

 

スポンサーリンク

岩国特別2022予想と考察_本命キングズソード:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

スタート後は先行馬が比較的楽に位置取りできそうなメンバー構成です。後方勢はレースが進むに連れてバラけ、向う正面では均等に振り分けられていそうです。本命のキングズソードは、中団待機のまま最後の直線で仕掛ける展開で、ゴール前で差し切ると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、7月24日(日)の予定です。

 

あとがき

参考レースのデータでは、1番人気が結果を出しています。前走が同クラス、昇級戦に関係なく好走していましたので、軸として相応しいと思います。一方、前走が同距離で結果が伴っていない場合、上位人気といえど裏切る形が多かったです。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました