吉野ヶ里記念2022予想(佐賀競馬)_本命リュウノシンゲン

地方競馬
スポンサーリンク

 

吉野ヶ里記念2022予想(佐賀競馬)_本命リュウノシンゲン

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「吉野ヶ里記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月24日に佐賀競馬場で行われる、ダート1400m、3歳以上の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉野ヶ里記念2022予想(佐賀競馬)_本命リュウノシンゲン:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):リュウノシンゲン

〇(対抗):ミスカゴシマ

▲(単穴):テイエムチェロキー

 

本命はリュウノシンゲン

昨年は岩手クラシックの2冠を制しました。園田競馬の楠木賞でも、イグナクターに続く2着と好走しています。佐賀競馬に移籍してからも、最終コーナーから早めに先頭に立つと、そのまま押し切る強い内容でした。今の状態なら東北優駿以来、1年ぶりのタイトルも狙えるでしょう。

 

 

対抗はミスカゴシマ

2020年、2021年の当レースを静止ており、今年は3連覇を狙います。前走はリュウノシンゲンに及びませんでしたが、ハナ差の僅差なら勝負づけが済んでいませんし、当レースでも対等以上の勝負になると思います。コースの経験は優勢ですし、ディフェンディングチャンピオンとして迎え撃つ体制は整いました。

 

 

単穴はテイエムチェロキー

前走の佐賀王冠賞で、待望の重賞初制覇となりました。昨年の当レースでは2着入っていますし、重賞制覇で自信をつけた今なら上位とも肩を並べて勝負できると思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

吉野ヶ里記念2022予想(佐賀競馬)_本命リュウノシンゲン:出走予定馬一覧

今年は10頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ハクアイブラック 56.0 騎乗予定:山下裕貴

リュウノシンゲン 56.0 騎乗予定:山口勲

マテラユウキ 56.0 騎乗予定:竹吉徹

スーパースナッズ 54.0 騎乗予定:田中直人

キタカラキタムスメ 54.0 騎乗予定:倉富隆一

ペガッソ 56.0 騎乗予定:金山昇馬

ミスカゴシマ 54.0 騎乗予定:石川慎将

モンスターキング 56.0 騎乗予定:小松丈二

アイメイドイット 54.0 騎乗予定:飛田愛斗

テイエムチェロキー 56.0 騎乗予定:田中純

 

 

 

 

スポンサーリンク

吉野ヶ里記念2022予想(佐賀競馬)_本命リュウノシンゲン:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

極端な逃げ馬や追い込み馬がいないため、道中のペースは落ち着いた流れになると思います。最後の直線で抜け出し、最後まで走り切る脚を残しておきたいので、道中ではできるだけ消耗は避けたいところでしょう。本命のリュウノシンゲンは、差しタイプのため展開に合わせた位置取りになりそうです。岩手二冠の実力や、今の状態の良さならまず勝ち負けになると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、7月24日(日)の予定です。

 

あとがき

コースを一周するレースとなりますので、コーナーも4回通ります。言わずもがな、外を通ると距離のロスがありますので、先行内枠有利な傾向です。ただ、内ラチ沿いの砂が深いので、内側を走らされることで、思った以上にスタミナ消費に繋がるので、経験の少ない馬は注意したいところでしょう。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました