しらかばステークス2022予想と考察_本命ダークペイジ

中央競馬
スポンサーリンク

しらかばステークス2022予想と考察_本命ダークペイジ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「しらかばステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月23日に札幌競馬場で行われる、芝1200m、3歳以上3勝クラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しらかばステークス2022予想と考察_本命ダークペイジ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ダークペイジ

〇(対抗):シュアーヴアリア

▲(単穴):バトーデュシエル

△(連下):コスモアンジュ

 

本命はダークペイジ

当レースでは唯一の3歳馬となります。参考レースの条件的にも好走が当てはまりそうな1頭です。斤量も52キロですし、当日はまず上位人気でしょう。前走の函館コースの走りを見る限り、実力もありますし、洋芝でも問題なさそうです。波乱狙いなら紐筆頭、堅実狙いなら頭固定でしょうか。

 

 

対抗はシュアーヴアリア

1勝、2勝クラスを連勝して3勝クラスに上がりました。昇級初戦から3着に入るなど、力量不足などは感じません。前走も重めの印をつけましたが、勝負どころで挟まれる形になり、力を出しきれませんでした。スムーズなら勝ち負けまであったと思いますので、今回も期待している1頭です。

 

 

単穴はバトーデュシエル

個人的にかなり警戒している1頭です。前走のレースや実績からも洋芝適性はまず問題ないと思います。今回は乗り替わりとなりますが、元々は横山和騎手が主戦です。前走は岩田康騎手が騎乗していますが、良い意味で気合をつけられ、鮮やかに差し切りました。これで流れに乗る気がしますし、波に乗る主戦の横山和騎手に戻れば、先行押し切りもありえそうな予感です。

 

 

連下はコスモアンジュ

洋芝適性には少し不安がありますが、個人的にはタフな馬場の方が合うと思っています。昨夏は調整が難航し、馬体重の増減が大きくなってレース内容にも影響しました。今年は精神的にも成長し、うまく調整できているように感じますので、夏競馬では好走できそうに感じます。実力的にも劣るわけではありませんので、展開が向けば上位争いもありそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

しらかばステークス2022予想と考察_本命ダークペイジ:出走予定馬一覧

今年は以下の15頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

コスモアンジュ 55.0 騎乗予定:丹内

シュアーヴアリア 55.0 騎乗予定:勝浦

ショウナンアリアナ 55.0 騎乗予定:古川吉

スンリ 55.0 騎乗予定:鮫島駿

ダークペイジ 52.0 騎乗予定:横山武

ディモールト 57.0 騎乗予定:浜中

トミケンボハテル 57.0 騎乗予定:未定

ナイントゥファイブ 55.0 騎乗予定:松田大

ネクストストーリー 55.0 騎乗予定:未定

バトーデュシエル 55.0 騎乗予定:横山和

フォイアーロート 57.0 騎乗予定:岩田康

マリーナ 55.0 騎乗予定:未定

ミニオンペール 55.0 騎乗予定:黛

ヤマニンペダラーダ 57.0 騎乗予定:未定

ユキノファラオ 57.0 騎乗予定:未定

 

 

 

スポンサーリンク

しらかばステークス2022予想と考察_本命ダークペイジ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

今年は前か、控えるか、という形ではっきり分かれそうです。札幌の開幕週になりますし、梅雨のない北海道ですので、馬場状態は良さそうです。本命のダークペイジは3歳牝馬ですので、斤量は52キロで、前目でレースをします。内側で揉まれない限り、まず上位争いなると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、7月23日(土)の予定です。

 

あとがき

毎年波乱の多い条件でした。なぜなら、上位人気が奮わず、二桁人気馬が馬券に絡むからです。特に牝馬の好走が目立ち、複勝率だけなら牡馬に倍近くの差をつけています。さらに、関西馬が優勢な傾向にありますので、関西の牝馬を2頭軸に、幅広く流す形なら一攫千金も狙えそうです。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました