ジュライステークス2022予想と考察_本命ケンシンコウ

中央競馬
スポンサーリンク

ジュライステークス2022予想と考察_本命ケンシンコウ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「ジュライステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月24日に福島競馬場で行われる、ダート1700m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジュライステークス2022予想と考察_本命ケンシンコウ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ケンシンコウ

〇(対抗):ダノンファスト

▲(単穴):ニューモニュメント

△(連下):デュードヴァン

 

本命はケンシンコウ

昨年の勝ち馬で、2年連続の制覇を狙います。前走は4着に敗れていますが、上がり3ハロンタイムは最速でしたし、位置取りが違えば結果も違ったでしょう。前走後は当レースを目標に調整されていますので、休み明けでも心配はなさそうです。

 

 

対抗はダノンファスト

前走は13着で大敗をしていますが、単純に距離が長すぎました。適正外の距離だったことから前走は度外視していいでしょう。当レースの舞台では2勝の実績がありますし、距離が適正に戻れば、上位争いになる可能性は高いと思います。

 

 

単穴はニューモニュメント

前走でも2着に入るなど、近走は明らかに好調な競馬内容です。近5走はすべて3着以内という実績からも、コースを問わず確実に末脚を伸ばしてきます。今の調子なら福島コースでも対等に戦えそうですし、展開が向けば突き抜ける可能性もあると思います。

 

 

連下はデュードヴァン

前走は道中でリキむシーンもあり、力を発揮できませんでした。乗り替わりの影響もあるような気がしますが、展開に左右されることも多く、地力では連対が精一杯という印象です。ただ、調教内容からは上向いているような雰囲気を感じましたので、狙うなら次走あたりでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

ジュライステークス2022予想と考察_本命ケンシンコウ:出走予定馬一覧

今年は以下の23頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ヴァンランディ 56.0 騎乗予定:未定

エイコーン 56.0 騎乗予定:未定

エクスパートラン 56.0 騎乗予定:未定

グラティアス 56.0 騎乗予定:未定

グレートマジシャン 56.0 騎乗予定:未定

ケンシンコウ 58.0 騎乗予定:田辺

コスモカレンドゥラ 56.0 騎乗予定:未定

ジュンライトボルト 56.0 騎乗予定:石川

ショーム 57.0 騎乗予定:津村

ダイメイコリーダ 56.0 騎乗予定:未定

ダノンファスト 57.0 騎乗予定:内田

デュアライズ 56.0 騎乗予定:菅原

デュードヴァン 56.0 騎乗予定:三浦

デュープロセス 58.0 騎乗予定:木幡巧

ナイママ 56.0 騎乗予定:未定

ニュートンテソーロ 56.0 騎乗予定:戸崎

ニューモニュメント 56.0 騎乗予定:小崎

バレッティ 57.0 騎乗予定:野中

マンオブスピリット 56.0 騎乗予定:未定

ミヤジコクオウ 57.0 騎乗予定:吉田豊

メイショウマサヒメ 54.0 騎乗予定:未定

リッターシュラーク 56.0 騎乗予定:宮崎

ロジペルレスト 56.0 騎乗予定:未定

 

 

 

スポンサーリンク

ジュライステークス2022予想と考察_本命ケンシンコウ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

 

予想まとめ・展開予想

当日のメンバーにもよりますが、極端な先行馬はいませんので、比較的落ち着いた平均ペースになると思います。本命のケンシンコウは前走では後ろからメンバー最速の上がりでしたし、前で粘れる先行力もあります。当レースを目標にしてきた経緯や実績もありますので、展開に合わせた立ち回りでライバルを捻じ伏せてくれると思っています。

 

レース日

レースの発走は、7月24日(日)の予定です。

 

あとがき

過去の参考レースやデータからは、脚質による差は見られませんでした。昨年の当レースでも追い込み馬が連対したように、ダートのオープンクラスらしく、後方からでも届く可能性はあります。前走が東京のダートマイル戦であれば、好走確率がグンと上がります。また、昨年の好走血統からは、父がエーピーインディ系でワン・ツーを決めていますので、該当馬がいれば注意しておきたいですね。

 

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました