マレーシアカップ2022予想と追い切りタイム_本命ジゲン

中央競馬
スポンサーリンク

マレーシアカップ2022予想と追い切りタイム_本命ジゲン

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「マレーシアカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月9日に小倉競馬場で行われる、ダート1000m、3歳以上3勝クラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マレーシアカップ2022予想と追い切りタイム_本命ジゲン:勝ち馬予想と追い切りタイム

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ジゲン

〇(対抗):ジャスパーウィン

▲(単穴):ペプチドヤマト

△(連下):アッティーヴォ

 

本命はジゲン

2週前追い切り

前週栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:54.3-40.2-25.4-12.5

 

1週前追い切り

1日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:55.6-39.9-25.5-12.9

 

3勝クラスでも安定した走りで掲示板を確保できています。当レースの条件で57キロは多少心配はありますが、最後は脚を使えますので、大きく出遅れなければスタートで決してしまうようなことにはなりにくいと思います。メンバー的にも手頃ですし、ここはチャンスでしょう。

 

 

対抗はジャスパーウィン

2週前追い切り

22日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:54.2-39.8-25.9-12.8

 

1週前追い切り

29日栗東、坂路不良、松本騎手、内先

4ハロン直線仕掛け:49.6-36.0-23.6-11.8

 

前々走は約一年ぶりの実戦で2着だったことを考えると、2年ぶりの今回も走れても不思議ではありません。それでも軸に据えるのは心配も大きいので、対抗までとしました。久しぶりでも入念に乗り込まれていますし、動きも良さそうですので、あっさり勝ってしまいそうな予感もしています。

 

 

単穴はペプチドヤマト

2週前追い切り

25日栗東、坂路良、助手、外遅

4ハロンG前追う:52.2-37.7-24.4-12.2

 

1週前追い切り

2日栗東、坂路良、助手、外併

4ハロン一杯に追う:52.6-37.6-24.0-12.0

 

前走は2勝クラスの恵那ステークスでした。先行行為から早めに抜け出し、そのまま押し切る内容は強かったと思います。前走の走りからは昇級初戦でも通用する力はありそうですし、斤量をいかせれば前走の再現もあると思います。

 

 

連下はアッティーヴォ

2週前追い切り

前週栗東、B重、助手

5ハロン馬なり:70.1-52.4-37.0-?-11.1

 

1週前追い切り

中1週出走のためなし

 

前走は阪神のリボン賞でした。早めから動き、後方から徐々に差を詰めでゴール前で差し切りました。今回は昇級初戦となりますが、動きや状態は良さそうです。ただ、実力的にはもう一歩で、クラス慣れも必要かと思います。狙うなら次でしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

マレーシアカップ2022予想と追い切りタイム_本命ジゲン:出走予定馬一覧

今年は以下の11頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アッティーヴォ 57.0 騎乗予定:松山

サウンドカナロア 57.0 騎乗予定:和田竜

ジゲン 57.0 騎乗予定:岩田望

ジャスパーウィン 57.0 騎乗予定:松本

タマモヒメギミ 55.0 騎乗予定:秋山真

チェリーブリーズ 55.0 騎乗予定:大庭

プラチナムレイアー 57.0 騎乗予定:西村

ペプチドヤマト 54.0 騎乗予定:松若

ラホーヤノキセキ 57.0 騎乗予定:小沢

レジェモー 55.0 騎乗予定:加藤

ダイセンハッピー 55.0 騎乗予定:荻野極

 

 

 

スポンサーリンク

マレーシアカップ2022予想と追い切りタイム_本命ジゲン:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

先行有利な条件ですので、スタートでほぼ決まると言ってもいいでしょう。先行勢から軸選ぶと出脚が鈍ったときに巻き返す術がないため、本命は差しタイプのジゲンとしました。このメンバーなら実力上位ですし、折り合いもまず問題ありません。前でも中団でも競馬ができますので、出遅れなければ好走率は高いと思います。

 

レース日

レースの発走は、7月9日(土)の予定です。

 

あとがき

ダート1000mという条件ですので、とにかく出脚の速さが求められます。ただ、上位条件戦になるに連れて差しも届くことがありますが、さすがに追い込み馬は届いていません。中京ダ1200で結果を出している馬は比較的好走傾向にありますので、積極的に選んでも良さそうですね。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました