横津岳特別2022予想と追い切りタイム_本命フィデル

中央競馬
スポンサーリンク

横津岳特別2022予想と追い切りタイム_本命フィデル

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「横津岳特別」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月10日に函館競馬場で行われる、芝2600m、3歳以上2勝クラス、ハンデキャップ指定のレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

横津岳特別2022予想と追い切りタイム_本命フィデル:勝ち馬予想と追い切りタイム

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):フィデル

〇(対抗):シェルビーズアイ

▲(単穴):マベルロンジュ

△(連下):リンフレスカンテ

 

本命はフィデル

2週前追い切り

前週函館、W良、助手

5ハロン馬なり:69.2-52.8-39.0-?-13.2

 

1週前追い切り

30日函館、W不良、助手

4ハロン馬なり:55.1-39.8-?-12.5

 

3歳牡馬で当レースで6戦目になります。まだ掲示板を外したことがありません。古馬との経験は前走のみですが、前走は古馬との初対戦でしたが、先行から差し切る形で強い内容でした。当レースでも見劣りしませんが、古馬よりは同世代や距離の方が要注意になりそうです。前走からは距離は伸びますが、走りを見る限りはこなせると思います。

 

 

対抗はシェルビーズアイ

2週前追い切り

前週函館、芝良、助手

5ハロン馬なり:68.7-52.1-37.7-?-11.6

 

1週前追い切り

29日函館、W不良、松田騎手

5ハロン一杯に追う:70.8-54.0-39.4-?-12.9

 

当レースで7戦目になります。前走も同じ条件での古馬混合のレースでしたが、先行好位からしっかり差し切りました。距離の目処が立っている点ではフィデルよりも人気しそうな感じもします。力をつけてきている印象ですし、休み明け二戦目ですので、まず上位争いになるでしょう。

 

 

単穴はマベルロンジュ

2週前追い切り

前週美浦、W稍重、助手

5ハロン馬なり:69.1-53.8-38.6-24.6-12.0

 

1週前追い切り

29日函館、W不良、助手

5ハロン一杯に追う:69.1-53.5-39.9-?-12.6

 

長距離を中心に出走していますが、どのレースも安定して好走を続けています。先行から最後は長く脚を使えるタイプですし、地方ダートでも走れる力強さがありますので、洋芝は合いそうな感じがしています。斤量にも恵まれていますので、伏兵としては十分な存在でしょう。

 

 

連下はリンフレスカンテ

2週前追い切り

前週函館、ダ良、助手

5ハロン馬なり:70.1-54.8-40.7-?-13.2

 

1週前追い切り

中1週出走のためなし

 

前走で函館コースを初めて経験しました。コースや洋芝の適性も問題なさそうでしたが、2000mは少し短いように感じました。距離が長いほど走れるタイプだと思いますので、今回の距離延長はプラスになると見ています。

 

 

 

スポンサーリンク

横津岳特別2022予想と追い切りタイム_本命フィデル:出走予定馬一覧

今年は以下の14頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アスティ 55.0 騎乗予定:未定

アルバーシャ 55.0 騎乗予定:未定

ウィズダイヤモンズ 51.0 騎乗予定:未定

ウインヴァカンス 52.0 騎乗予定:角田大

シェルビーズアイ 53.0 騎乗予定:松田大

シュバルツボンバー 54.0 騎乗予定:菱田

スワーヴエルメ 56.0 騎乗予定:浜中

ネオストーリー 53.0 騎乗予定:未定

フィデル 54.0 騎乗予定:武

マベルロンジュ 53.0 騎乗予定:横山和

モイ 51.0 騎乗予定:斎藤

ラヴィンジャー 53.0 騎乗予定:未定

リンフレスカンテ 55.0 騎乗予定:岩田康

リーブルミノル 54.0 騎乗予定:未定

 

 

 

スポンサーリンク

横津岳特別2022予想と追い切りタイム_本命フィデル:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

参考レースデータでは1番人気に勝利実績はありませんが、本命のフィデルは当日1番人気になりそうです。二桁人気馬や牝馬が好走している条件でもありますが、今年に限っては先行から押し切る形で、割と順当に決まるのではないかと思います。

 

レース日

レースの発走は、7月10日(日)の予定です。

 

あとがき

函館2600mはスタート後から上りが続くため、序盤はペースが落ち着きやすくなります。洋芝だけでなく、コーナーが急で道中は起伏があります。瞬発力というよりは持久力勝負になりやすいので、2周目のバックストレッチから早くなるペースについていけるスタミナや追走力が必要となります。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました