ノースクイーンカップ2022予想(門別競馬)_本命クーファアチャラ

地方競馬
スポンサーリンク

 

ノースクイーンカップ2022予想(門別競馬)_本命クーファアチャラ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「ノースクイーンカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月7日に門別競馬場で行われる、ダート1800m、3歳以上の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノースクイーンカップ2022予想(門別競馬)_本命クーファアチャラ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):クーファアチャラ

〇(対抗):コーラルツッキー

▲(単穴):ネーロルチェンテ

 

本命はクーファアチャラ

転入初戦のヒダカソウカップは見事に逃げ切りました。転入前後のレースで馬体重が26キロ増えており、正直不安な部分も大きかったですが、馬体の重さを克服できたのは今後に繋がりそうです。ただ、次走はさらに馬体重が増えたことが影響して3着に敗れました。当レースではマイナス体重になる方がよりパフォーマンスも上がると思います。

 

対抗はコーラルツッキー

昨年の覇者が2年連続で出走します。昨年はゴール前までもつれて大接戦となりました。勝負根性もありますが、2歳時にはJpn3エーデルワイス賞も制しており、実力は確かな1頭です。重賞を2勝挙げている相性の良いコースですし、上位争いはできそうです。

 

単穴はネーロルチェンテ

昨年の当レースは2着でしたが、雪辱を果たすべく今年も参戦します。前走のヒダカソウカップでは1番人気に推されましたが、結果は6着と期待に応えることができませんでした。しかし、門別コースは【5200】という相性が良く、巻き返しの可能性は高いと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

ノースクイーンカップ2022予想(門別競馬)_本命クーファアチャラ:出走予定馬一覧

今年は10頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

サルサレイア 56.0 騎乗予定:西啓太

クーファアチャラ 56.0 騎乗予定:落合玄太

コーラルツッキー 56.0 騎乗予定:松井伸也

バブルガムダンサー 56.0 騎乗予定:阿部龍

ニーズヘッグ 56.0  騎乗予定:五十嵐冬

シャイニングアカリ 56.0 騎乗予定:井上俊彦

アブソルートクイン 56.0 騎乗予定:宮崎光行

ネーロルチェンテ 56.0 騎乗予定:石川倭

サイファリス 56.0 騎乗予定:服部茂史

チビノヴァルタン 56.0 騎乗予定:桑村真明

アトムアストレア 56.0 騎乗予定:亀井洋司

 

 

 

 

スポンサーリンク

ノースクイーンカップ2022予想(門別競馬)_本命クーファアチャラ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

先行有利なレースですが、スタート後はやり合うことなく内側につけられるかが勝負の分かれ目になりそうです。本命のクーファアチャラは、先行タイプで内枠に入りました。ネーロルチェンテとともにレースを引っ張る形になりそうなので、ポジションの不利はなさそうです。個人的には馬体重がマイナスで出てきてくれた方が、厚く買える要素になるので期待しながら予想しています。

 

レース日

レースの発走は、7月7日(木)の予定です。

 

あとがき

コーナーが緩やかで道中も平坦なコースレイアウトとなります。内側が有利なのは間違いありませんので、いかに4回のコーナーで外を回されないかが好走のポイントです。一見外枠が不利に見えますが、最初のコーナーまで距離がありますので、マイペースで運べる外枠の方が若干有利となります。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました