スパーキングレディーカップ2022予想(川崎競馬)_本命ショウナンナデシコ

地方競馬
スポンサーリンク

 

スパーキングレディーカップ2022予想(川崎競馬)_本命ショウナンナデシコ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「スパーキングレディーカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月6日に川崎競馬場で行われる、Jpn3、ダート1600m、3歳以上牝馬限定の指定交流重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スパーキングレディーカップ2022予想(川崎競馬)_本命ショウナンナデシコ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ショウナンナデシコ

〇(対抗):サルサディオーネ

▲(単穴):レーヌブランシュ(馬場が渋ればレディバグ)

 

本命はショウナンナデシコ

Jpn1かしわ記念を制したことで、一気にダート路線の主役となりました。逃げながら牡馬を含めた後続を最速の上がりで完封した内容は圧巻でした。牝馬同士のマイル戦ならまず格上の存在としてレースを終えられると思います。ただ、ここは秋に向けての通過点になりそうです。仕上げ具合や斤量に58キロの影響によっては番狂わせもありそうです。

 

対抗はサルサディオーネ

サルサディオーネも牡馬相手のJpn2で2勝している実績がありますので、侮れない1頭です。昨年の覇者でもありますので、連覇を虎視眈々と狙っているでしょう。前走は1400mの浦和コースで逃げ切っていますし、年齢を重ねてパワーアップしている印象すらあります。絶好調の今なら同じ斤量を背負ったショウナンナデシコとも好勝負になると思います。

 

単穴はレーヌブランシュ(馬場が渋ればレディバグ)

近走は2戦続けて3着という実績ですが、敗れている2頭が今回も相手になります。力関係は大きいと感じますが、前で2頭がやり合う展開になれば、その分チャンスも大きくなると思います。状態がいいだけになんとか結果に繋げたいところですが、展開の助けがないと上位入賞は厳しいかなと感じています。

また、雨が降ればレディバグにもチャンスはあると思います。脚抜きの良い馬場の方が走れるタイプですので、馬場が渋ればノメることなく走れ、展開によっては差し切る可能性もあると思います。

 

 

 

スポンサーリンク

スパーキングレディーカップ2022予想(川崎競馬)_本命ショウナンナデシコ:出走予定馬一覧

今年は10頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

サルサディオーネ 58.0 騎乗予定:矢野貴之

グランパラディーゾ 55.0 騎乗予定:御神本訓

クレールアドレ 52.0 騎乗予定:松本剛志

レーヌブランシュ 57.0 騎乗予定:松山弘平

アールロッソ 55.0 騎乗予定:町田直希

グレートコマンダー 55.0 騎乗予定:野畑凌

ハピネスマインド 55.0 騎乗予定:本田正重

レディバグ 55.0 騎乗予定:戸崎圭太

キムケンドリーム 55.0 騎乗予定:笹川翼

ショウナンナデシコ 58.0 騎乗予定:吉田隼人

 

 

 

 

スポンサーリンク

スパーキングレディーカップ2022予想(川崎競馬)_本命ショウナンナデシコ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

本命のショウナンナデシコとサルサディオーネの一騎打ちとなりそうです。お互い逃げに近い先行馬ですので、スタート後からハナ争いになってくるでしょう。枠順からはサルサディオーネが有利ですので、2番手で様子を伺うかもしれません。主導権争いになって体力をそれなりに消耗したとしても、牝馬同士の戦いならJpn1を制しているショウナンナデシコに分があると感じて予想していますが、レーヌブランシュが怖い…。雨予報ならレディバグも候補に入れる予定です。

 

レース日

レースの発走は、7月6日(水)の予定です。

 

あとがき

ショウナンナデシコとサルサディオーネが3度目の対戦となります。これまでの2戦は全てショウナンナデシコが勝利していますので、サルサディオーネとしては何とか一矢報いたいところでしょう。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました