五稜郭ステークス2022予想と追い切りタイム_本命ホウオウリアリティ

中央競馬
スポンサーリンク

五稜郭ステークス2022予想と追い切りタイム_本命ホウオウリアリティ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「五稜郭ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月10日に函館競馬場で行われる、芝2000m、3歳以上3勝クラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

五稜郭ステークス2022予想と追い切りタイム_本命ホウオウリアリティ:勝ち馬予想と追い切りタイム

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ホウオウリアリティ

〇(対抗):スタッドリー

▲(単穴):シルヴェリオ

△(連下):モリノカンナチャン

 

本命はホウオウリアリティ

2週前追い切り

22日美浦、W稍重、助手、外併

5ハロン一杯に追う:68.3-53.6-38.5-24.4-11.6

 

1週前追い切り

3日函館、W稍重、助手

4ハロン強め:57.1-41.7-?-13.6

 

デビューからあと一歩届かない時期がありましたが、1勝クラス、2勝クラスは時間をかけずに勝ち上がっています。未勝利戦を勝ちあがったあと、約5か月の放牧に入ったことが結果を出せる良い成長に繋がったようです。今回は4カ月の休み明けになりますが、1勝クラスで難なく対応できていますし、久しぶりの昇級初戦でも2000mならまず折り合いも問題ないと見ています。

 

 

対抗はスタッドリー

2週前追い切り

前週栗東、C良、助手

6ハロン馬なり:88.4-71.1-55.0-38.8-23.9-11.6

 

1週前追い切り

29日函館、W不良、藤岡佑騎手、内先

5ハロンG前追う:69.9-53.2-38.9-?-12.7

 

近走は掲示板を外すことなく、すべて馬券に絡む走りで活躍しています。この背景には、先行しながらも最後の直線ではメンバー上位の脚を使えることが大きいと思います。最後まで脚が上がらないことから持久力は間違いないと思いますが、あとは初の函館コースや洋芝に対応できるかでしょう。

 

 

単穴はシルヴェリオ

2週前追い切り

22日栗東、坂路不良、助手

4ハロンG前仕掛け:53.4-38.3-24.2-11.9

 

1週前追い切り

26日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:57.2-41.2-26.3-12.7

 

5歳になりましたが、函館コースは今回初となります。前々走は中京ダートを使われいますので、力のいる洋芝自体は合いそうな気もしています。比較的休み明けでも走るタイプですので、休養明けの2000mでも折り合いはつきそうです。あとは洋芝が問題ないようなら好走できる可能性は高いと思います。

 

 

連下はモリノカンナチャン

2週前追い切り

前週美浦、W稍重、助手

5ハロン馬なり:66.8-51.8-37.4-23.9-11.8

 

1週前追い切り

30日函館、W不良、丸山騎手

4ハロン馬なり:53.3-38.2-?-12.2

 

札幌と函館で好走実績が多く、典型的に洋芝向きでしょう。一発狙うならこの馬だと思いますが、軸に据えるにはリスクが高いので、頑張っても紐または複勝1点勝負かなと思います。前走は東京コースで18着に大敗していますが、実績のある適性の高い舞台になることで巻き返しは十分あり得ると思います。

 

 

 

スポンサーリンク

五稜郭ステークス2022予想と追い切りタイム_本命ホウオウリアリティ:出走予定馬一覧

今年は以下の16頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アウスヴァール 57.0 騎乗予定:古川吉

オレンジペコ 55.0 騎乗予定:未定

ココニアル 55.0 騎乗予定:未定

コーストライン 55.0 騎乗予定:秋山稔

シルヴェリオ 57.0 騎乗予定:岩田康

スタッドリー 57.0 騎乗予定:藤岡佑

スパングルドスター 55.0 騎乗予定:柴山

ターキッシュパレス 57.0 騎乗予定:横山和

テンカハル 57.0 騎乗予定:菱田

ビューティーウェイ 55.0 騎乗予定:松田大

フィオリキアリ 55.0 騎乗予定:未定

ホウオウリアリティ 57.0 騎乗予定:未定

ミトノマルーン 57.0 騎乗予定:未定

モリノカンナチャン 55.0 騎乗予定:丸山

レインカルナティオ 57.0 騎乗予定:横山武

ワールドヘリテージ 57.0 騎乗予定:勝浦

 

 

 

スポンサーリンク

五稜郭ステークス2022予想と追い切りタイム_本命ホウオウリアリティ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

洋芝の函館コースはコーナーの角度が急です。一見キレを重要視したいところですが、個人的にはどちらかと言えば先行して持続力のある脚を使えるタイプの方が好走しやすいと思っています。本命のホウオウリアリティは函館コースの経験が十分で、未勝利戦とはいえ勝利や好走実績もあります。洋芝の適性自体は問題ないでしょうから、高い先行力をいかした走りで押し切ると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、7月10日(日)の予定です。

 

あとがき

基本的には堅め決着が多いレースです。近年の傾向では馬連の平均配当がやや高くなっていますが、9番人気が2着に入ったことが一度あるための数値となるので注意しておきたいところです。4歳関西馬に限れば勝率や連対率も良いので、該当馬が入れば軸候補として扱い、点数を絞って確実な的中を狙ってもいいかもしれませんね。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました