プロキオンステークス2022予想と追い切りタイム_本命サンライズウルス

G3
スポンサーリンク

プロキオンステークス2022予想と追い切りタイム_本命サンライズウルス

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「プロキオンステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、7月10日に小倉競馬場で行われる、G3、ダート700m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロキオンステークス2022予想と追い切りタイム_本命サンライズウルス:勝ち馬予想と追い切りタイム

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):サンライズウルス

〇(対抗):ラーゴム

▲(単穴):ゲンパチルシファー

△(連下):アルドーレ

 

本命はサンライズウルス

2週前追い切り

24日栗東、坂路良、岡田騎手、外併

4ハロン馬なり:53.4-39.1-25.3-12.5

 

1週前追い切り

1日栗東、C良、横山典騎手、外遅

6ハロン一杯に追う:81.7-66.0-51.4-36.9-23.3-11.7

 

前走は立夏ステークスで1着でした。前走までの競馬をいかす形でしたが、非常に良い内容でした。3勝クラスでの昇級初戦でしたが、3馬身差をつける快勝でした。最後は見せムチしか使っていませんでしたし、底を見せていない走りは重賞初挑戦でもいきなり通用すると感じます。

調教では動きこそ目立ちませんが、どちらかと言えば実践型です。2週前や1週前もいつも通りの動きですが、馬体は仕上がっている印象でした。ワンターンコースの方が向く印象は残りますが、名手の騎乗ならコーナー4つでも対応できそうです。激しくなりそうな先行争いに巻き込まなければ、あっさりと勝ってしまうんじゃないかと感じています。

 

 

対抗はラーゴム

2週前追い切り

22日栗東、C不良、助手、外併

6ハロンG前仕掛け:85.6-69.0-53.0-37.2-23.0-11.5

 

1週前追い切り

29日栗東、C良、団野騎手、外併

6ハロン強め:81.8-66.3-51.8-36.7-23.0-11.5

 

前走は吾妻小富士ステークスで1着でした。折り合い重視の競馬ができるように厩舎がしっかり調整したこともあり、良い位置で競馬ができていました。最後は直線で押し切る形も強い内容だったと思います。過去にきさらぎ賞を制していますし、クラシック戦線にも進めるほどの実力がありますので、当然と言えば当然の結果かもしれませんね。

調教では相手に胸を貸すような余裕のある内容でしたが、それでも余力は十分に力強い走りをしていたと思います。前走は出脚こそ鈍かったですが、序盤からポジションを取りに行けた経験は、小回り小倉コースでもいきそうです。前走から斤量が2キロ減ることもプラス材料になると思いますし、重賞2勝目も十分考えられる状況です。

 

 

単穴はゲンパチルシファー

2週前追い切り

前週栗東、坂路稍重、助手

4ハロン一杯に追う:53.5-39.4-25.6-12.6

 

1週前追い切り

29日栗東、坂路良、助手

4ハロン1F追う:53.1-39.3-25.7-12.7

 

前走はスレイプニルステークスで3着でした。道中は折り合いがつき、良いリズムで運べていました。最後は先行で粘り込む力のあるところ見せてくれましたし、休み明け2戦目の今回はより楽しみな部分もあります。

調教では大型馬らしいストライドの大きい走りを見せていました。馬体も力強い印象がありますし、力は出せそうな仕上がりです。前走からの好調をキープできています。当舞台は実績のある条件ですし、道中の位置さえ取れれば好走できる可能性は高いと思っています。

 

 

連下はアルドーレ

2週前追い切り

前週栗東、坂路稍重、助手

4ハロン馬なり:54.3-39.4-25.0-12.2

 

1週前追い切り

30日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:55.4-41.7-27.0-12.7

 

前走はスレイプニルステークスで6着でした。前々走の時ほど手ごたえが残っていなかったので、早めから仕掛けていったようですが、直線では伸びきれませんでした。58キロの斤量が影響した可能性も高いため、今後は斤量にも注意を払いたいところです。

調教は中2週での出走になるため、1週前はさらっと流す程度の内容でした。それでも素軽い動きで好調さが伺えました。今回は前走よりも斤量が2キロ減って56キロとなり、実績のある斤量ですので、一変する可能性は秘めています。福永騎手への乗り替わり自体はマイナスにはならないでしょうから、一発狙うならアルドーレからだと面白そうです。

 

 

 

スポンサーリンク

プロキオンステークス2022予想と追い切りタイム_本命サンライズウルス:出走予定馬一覧

今年は以下の20頭が出走予定をしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アメリカンシード 56.0 騎乗予定:幸

アルドーレ 56.0 騎乗予定:福永

アンセッドヴァウ 56.0 騎乗予定:未定

ヴェルテックス 58.0 騎乗予定:西村

エアアルマス 57.0 騎乗予定:松山

エクレアスパークル 56.0 騎乗予定:荻野極

エブリワンブラック 56.0 騎乗予定:岩田望

ゲンパチルシファー 56.0 騎乗予定:川田

サクラアリュール 56.0 騎乗予定:藤岡康

サンライズウルス 56.0 騎乗予定:横山典

サンライズノヴァ 58.0 騎乗予定:松若

トップウイナー 56.0 騎乗予定:城戸

ニューモニュメント 56.0 騎乗予定:小崎

ヒストリーメイカー 56.0 騎乗予定:小沢

ミヤジコクオウ 56.0 騎乗予定:未定

メイショウウズマサ 56.0 騎乗予定:北村

メイショウフンジン 56.0 騎乗予定:未定

ユニコーンライオン 56.0 騎乗予定:川須

ラーゴム 56.0 騎乗予定:鮫島駿

ロードレガリス 56.0 騎乗予定:富田

 

 

 

スポンサーリンク

プロキオンステークス2022予想と追い切りタイム_本命サンライズウルス:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

小回りで直線の短い小倉コースでは先行有利な傾向だと思います。しかし、本命のサンライズウルスの前走を見る限りは、昇級戦で底を感じさせない走りをしていました。懸念材料は少なからずありますが、これを差し引いても十分通用するポテンシャルを秘めていると感じます。

 

レース日

レースの発走は、7月10日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年はメイショウカズサが制しました。

レース創設以来、初めての小倉開催でしたが当日は雷雨となり、重馬場のコンディションとなりました。

9番人気のメイショウカズサはスタート後先行好位でレースを進めると、直線ではメンバー最速の上がりで直線を駆け抜けました。上がり3ハロンタイムは35.5秒で、ダート重馬場を味方につけた末脚となりました。

なお、2着には14番人気のトップウイナー、3着にはメイショウウズマサが入りました。その結果、三連単配当はレース史上最高の194万4140円という超高配当となりました。

 

あとがき

昨年に引き続き、小倉競馬場での開催となります。昨年は雨のダートとなり、レコード決着となりました。小倉コースは小回りかつ、直線も短いのである程度の位置でないと、厳しい戦いとなります。まくるにしても、多頭で外を回るとロスが大きくなるので、ある程度の位置で競馬できて、操縦性の高いタイプを選びたいところです。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました