多摩川ステークス2022追い切りタイムと予想_本命ウインシャーロット

中央競馬
スポンサーリンク

多摩川ステークス2022追い切りタイムと予想_本命ウインシャーロット

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「多摩川ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、6月19日に東京競馬場で行われる、芝1400m、3歳以上3勝クラス、ハンデキャップ指定のWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

多摩川ステークス2022追い切りタイムと予想_本命ウインシャーロット:勝ち馬予想の追い切りタイム

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ウインシャーロット

〇(対抗):ショウリュウレーヴ

▲(単穴):タイニーロマンス

△(連下):ルーカス

 

本命はウインシャーロット

2週前追い切り

先週美浦、P良、助手

5ハロン馬なり:72.1-56.2-41.6-?-13.4

 

1週前追い切り

8日美浦、W重、高野騎手、外併

5ハロン馬なり:66.1-51.1-36.8-23.7-11.7

 

福島のデビュー戦で4着になったあとは、一度も馬券圏外から外れていません。高い先行力と粘る力で安定感のある好走を続けています。今回も55キロと斤量も手頃ですし、当レースでもしっかり逃げられると思います。馬場が渋ればさらに展開も向くでしょうし、勝ち抜けは時間の問題でしょう。

 

対抗はショウリュウレーヴ

2週前追い切り

先週栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:52.4-37.6-23.8-11.8

 

1週前追い切り

8日栗東、坂路良、助手

4ハロン強め:50.5-36.3-23.4-11.9

 

先行力ならショウリュウブレーヴも負けていません。重賞クラスではまだスピードが足りない印象ですが、3勝クラスでは昇級初戦から2着に入っています。前走は出遅れが原因で6着でしたし、1200m戦でしたのでそれほど気にすることはなさそうです。今回は得意な距離に戻りますので、前進はあると思います。

 

単穴はタイニーロマンス

2週前追い切り

先週美浦、坂路稍重、助手

4ハロン馬なり:53.3-38.3-25.0-12.6

 

1週前追い切り

9日美浦、坂路良、助手、内遅

4ハロン馬なり:55.2-39.6-25.9-13.2

 

2勝クラスはそれほど時間がかからず勝ち上がりました。先行から押し切る展開でしたが、2馬身差をつける楽勝でした。3勝クラスでは休み明けですが、いきなり2着に入りましたし、タイプ的にはレースが続けば前進があっても良いです。実力的に若干不安はありますが、53キロのハンデをいかせば、上位争いにも加われると思います。

 

連下はルーカス

2週前追い切り

先週美浦、W良、助手

5ハロン馬なり:69.5-53.7-38.9-25.3-12.6

 

1週前追い切り

9日美浦、坂路重、助手

4ハロン馬なり:55.9-41.0-26.3-13.2

 

3勝クラスでの経験が多いですが、決め手にかける印象で勝ちきれていません。先行時は比較的上位成績を残していますが、メンバーも強力なため、もう一歩届きません。それでも、暖かくなって近走は復調の兆しがありますし、手頃なメンバーになった当レースなら、引き続き好走できそうな予感はします。

 

 

 

スポンサーリンク

多摩川ステークス2022追い切りタイムと予想_本命ウインシャーロット:出走予定馬一覧

今年は以下の10頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

タイニーロマンス 53.0 騎乗予定:武豊

セルフィー 52.0 騎乗予定:江田照

ワンスカイ 55.0 騎乗予定:戸崎圭

ブルーシンフォニー 55.0 騎乗予定:田辺

ルーカス 56.0 騎乗予定:レーン

ピーエムピンコ 52.0 騎乗予定:嶋田

ウインシャーロット 55.0 騎乗予定:石川

ショウリュウレーヴ 56.0 騎乗予定:ルメール

チェリーブリーズ 52.0 騎乗予定:原田和

カルリーノ 54.0 騎乗予定:三浦

 

 

 

スポンサーリンク

多摩川ステークス2022追い切りタイムと予想_本命ウインシャーロット:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

極端な追い込み馬はいませんが、先行力のあるメンバーが揃いました。その中でも本命のウインシャーロットはデビュー戦では唯一馬券圏内を外しましたが、以降はすべて3着以内です。逃げ脚質ではあるものの安定感に加え、実績も伴っている軸馬推奨の1頭と言えるでしょう。

 

レース日

レースの発走は、6月19日(日)の予定です。

 

あとがき

近年は二桁人気が絡んでおり、波乱のあるレースになっています。前残り傾向のデータでもあるため、先行力は不可欠といえそうです。血統面ではサンデーサイレンス系が不振で、父がキングマンボ系、母父がノーザンダンサー系の出走馬は約半数程度が馬券に絡む活躍です。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました