STV杯2022追い切りタイムと予想_本命ダークペイジ

中央競馬
スポンサーリンク

STV杯2022追い切りタイムと予想_本命ダークペイジ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「STV杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、6月18日に函館競馬場で行われる、芝1200m、3歳以上2勝クラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

STV杯2022追い切りタイムと予想_本命ダークペイジ:勝ち馬予想の追い切りタイム

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ダークペイジ

〇(対抗):バトーデュシエル

▲(単穴):メイショウハボタン

△(連下):メイショウエニシア

 

本命はダークペイジ

2週前追い切り

25日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:53.9-38.6-24.6-12.1

 

1週前追い切り

9日函館、W良、助手

5ハロン馬なり:69.4-54.4-39.7-?-13.1

 

デビューから2連勝で臨んだ阪神ジュベナイルフィリーズは14着に敗れましたが、次走のリステッドレースでは2着に巻き返しました。7着に敗れた前走後は、長期休養に入り、当レースは休み明けの一戦となります。今回のようなレース間隔は初めてになりますので、多少の不安はありますが、休みの間に成長した心身面は不安を上回る期待度だと感じます。さらに、3歳での出走になりますので、斤量は圧倒的優位となる52キロとなります。スムーズなら古馬相手でも勝ち負けになると思います。

 

対抗はバトーデュシエル

2週前追い切り

先週栗東、P良、助手

6ハロン馬なり:81.2-64.0-48.9-36.0-?-11.4

 

1週前追い切り

10日函館、W良、助手

5ハロンG前仕掛け:68.1-52.7-38.8-?-12.6

 

前走は1000m直の邁進特別でしたが、新潟コース独特のレースに対応できず9着でした。出遅れの影響も多少あったと思いますが、どちらかと言えば鞍上の経験が勝負を分けた印象です。最後は脚を使って巻き返しを狙いましたが、さすがに分が悪かったと思います。ただ、昨年の夏以降は成長が感じられ、1勝クラスでは十分通用していた末脚は、2勝クラスでも通用する感じます。スタートを決めて、好位につければ巻き返しもありそうです。

 

単穴はメイショウハボタン

2週前追い切り

先週函館、W良、助手

5ハロン馬なり:69.9-54.5-40.3-?-12.9

 

1週前追い切り

なし

 

連闘での出走です。スタートは決まったように感じましたが、前に出していかず、後ろに控えた時点で勝負アリでした。馬の脚質を考慮した乗り方だったかもしれませんが、個人的に函館の小回りコース、短距離レースなら、出していっても良かったのではと感じました。また、最終コーナーでも、各馬が外に張り出す一方で内側の馬群に入っていくようなロスもありました。前走の経験をいかせば巻き返しはあると思いますが、継続騎乗の鞍上がどう判断するかで大きく着順が変わりそうです。

 

連下はメイショウエニシア

2週前追い切り

先週栗東、C良、助手

4ハロン馬なり:50.7-35.3-22.3-11.2

 

1週前追い切り

なし

 

毎回上位人気にはなるものの、結果が伴っておらず陣営としても歯がゆい状態でしょう。個人的にも、スピードをいかした高い先行力を感じており、2勝クラスでの足踏みしている状態はもったいないと感じます。近2走はスタートを決めて、ハナで逃げ粘るもいずれも4着で惜しいレースが続いています。函館コースであれば、走りもいきて来ると思いますので、紐候補からは外せない1頭だと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

STV杯2022追い切りタイムと予想_本命ダークペイジ:出走予定馬一覧

今年は16頭の登録がありました。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アスクキングコング 57.0 騎乗予定:未定

アセンダント 55.0 騎乗予定:未定

アラモードバイオ 57.0 騎乗予定:未定

アルムブラスト 57.0 騎乗予定:浜中

カシノフォワード 57.0 騎乗予定:未定

カバーガール 55.0 騎乗予定:未定

グラウクス 57.0 騎乗予定:未定

スズカフェラリー 55.0 騎乗予定:未定

スマートルシーダ 57.0 騎乗予定:未定

ダークペイジ 52.0 騎乗予定:横山武

チャイブテソーロ 55.0 騎乗予定:未定

バトーデュシエル 55.0 騎乗予定:横山和

メイショウエニシア 55.0 騎乗予定:未定

メイショウハボタン 55.0 騎乗予定:未定

ハッピーホンコン 57.0  騎乗予定:落合

ボウトロイ 57.0 騎乗予定:斎藤

 

 

 

スポンサーリンク

STV杯2022追い切りタイムと予想_本命ダークペイジ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

逃げから追い込みまで極端な偏りがないメンバー構成です。函館コースは勾配の少ない平坦コースですので、先行有利と言いたいところです。しかし、洋芝コースとなりますので適性があるかないかで好走具合も変わります。本命のダークペイジは函館の経験はありませんが、血統的には適性は問題なさそうです。さらに、成長して力強さも増しているでしょうから、まず対応できると見て予想しています。

 

レース日

レースの発走は、6月18日(土)の予定です。

 

あとがき

近年のデータでは、合計20頭近い牡馬が出走していますが、勝ち実績がありません。そのため、実力のある牝馬を軸に据えて紐選びをしたいところです。上位人気で決着することが多く、牝馬軸から上位人氣の牡馬や牝馬を加えるという形でベターでしょう。関東馬が比較的優勢な実績を残していることも覚えておくと、より絞りやすくなるかもしれません。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました