スレイプニルステークス2022追い切りタイムと予想_本命ディアセオリー

中央競馬
スポンサーリンク

スレイプニルステークス2022追い切りタイムと予想_本命ディアセオリー

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「スレイプニルステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、6月18日に東京競馬場で行われる、ダート2100m、3歳以上オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スレイプニルステークス2022追い切りタイムと予想_本命ディアセオリー:勝ち馬予想の追い切りタイム

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ディアセオリー

〇(対抗):アルドーレ

▲(単穴):ゲンパチルシファー

△(連下):アルーブルト

 

本命はディアセオリー

2週前追い切り

中2週出走のためなし

 

1週前追い切り

先週美浦、W良、助手

6ハロン一杯に追う:82.9-67.4-52.3-37.2-23.4-11.3

 

3戦前までは芝レースがメインでした。2勝クラスで勝ちきれない状態が続いたため、ダート路線に転向すると、転向初戦から2連勝で一気にオープンクラス入りとなりました。芝レースではゴール前での詰めの甘さがありましたが、ダートに移ってからはしっかり追われて動けています。メンバー上位の上がり脚を使えているのも、詰める背景があるからでしょう。先行力やスタミナもオープンクラスで通用する力は持っていると感じます。連勝の勢いがある今なこのメンバーでも互角以上に戦えそうです。昇級初戦ですので、穴っぽい妙味のあるオッズになれば。

 

対抗はアルドーレ

2週前追い切り

1日栗東市、C良、助手

6ハロン馬なり:86.3-71.3-55.7-39.5-24.2-11.4

 

1週前追い切り

8日栗東、C良、助手、外遅

7ハロン一杯に追う:96.2-64.50.2-36.4-23.3-11.9

 

当日1番人気になりそうなのはアルドーレでしょう。前走のブリリアントステークスも制しており、この舞台では2勝の実績があります。銅柱のレース運びが安定しており、最近の馬柱からもわかる通り、掲示板を外していません。G3平安ステークスでも同様に力を発揮していることから、実力なら上位の存在です。当レースでは実力が示す通り、58キロの設定になりますが、個人的には踏ん張ってくれると感じています。

 

単穴はゲンパチルシファー

2週前追い切り

2日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:53.5-39.1-25.6-12.9

 

1週前追い切り

9日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:53.4-39.1-25.5-12.5

 

後方からの詰めていく脚質のため、展開に左右されやすい部分があります。近走で馬券に絡んだのは4走前のブラジルカップです。当レースと同じ舞台でしたが、当時は先行策をとり、勝ち馬より前で粘り込んで2着でした。この条件自体は合う印象ですが、騎手の乗り替わりがどう影響するかがポイントになりそうです。悔しい結果が続いてるだけに、なんとか好走して結果に繋げたいところでしょう。

 

連下はアルーブルト

2週前追い切り

2日栗東、C良、幸騎手、外併

6ハロン一杯に追う:81.8-66.1-51.2-36.0-22.4-11.2

 

1週前追い切り

8日栗東、坂路良、助手

4ハロンG前強め:53.8-38.9-24.7-12.3

 

前走はG3アンタレスステークスで11着でした。今できる走りを出したように感じましたが、現状は力不足という印象がありました。ただ、最大の魅力である末脚を使えませんでしたので、経験を積めばまた違う展開になると思います。前走の経験をいかせばオープンクラスでも好走を続けられそうですが、今回の騎手乗り替わりで影響次第でしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

スレイプニルステークス2022追い切りタイムと予想_本命ディアセオリー:出走予定馬一覧

今年は25頭の登録がありました。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アメリカンフェイス 56.0 騎乗予定:吉田豊

アルドーレ 58.0 騎乗予定:レーン

アルーブルト 56.0 騎乗予定:デムーロ

アンセッドヴァウ 56.0 騎乗予定:未定

インターミッション 54.0 騎乗予定:未定

ヴァニラアイス 54.0 騎乗予定:未定

エブリワンブラック 57.0 騎乗予定:戸崎

ギルデッドミラー 54.0 騎乗予定:未定

グルーヴィット 57.0 騎乗予定:未定

ケイアイドリー 56.0 騎乗予定:未定

ゲンパチルシファー 56.0 騎乗予定:津村

ケープコッド 54.0 騎乗予定:未定

サクラアリュール 57.0 騎乗予定:石川

シャンパンクーペ 56.0 騎乗予定:中井

ジュンライトボルト 56.0 騎乗予定:未定

ディアセオリー 56.0 騎乗予定:菅原

ディサーニング 56.0 騎乗予定:未定

デュープロセス 58.0 騎乗予定:未定

テリオスベル 54.0 騎乗予定:江田

ドスハーツ 56.0 騎乗予定:小沢

ラルナブリラーレ 54.0 騎乗予定:未定

リフレイム 54.0 騎乗予定:未定

ルークズネスト 57.0 騎乗予定:未定

レザネフォール 56.0 騎乗予定:ルメール

レッドソルダード 56.0 騎乗予定:団野

 

 

 

スポンサーリンク

スレイプニルステークス2022追い切りタイムと予想_本命ディアセオリー:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

先行勢がやや手薄なメンバー構成です。東京コースの中距離レースですので、差しタイプが多くなりました。比較的上位人気が結果を出せていなので、脚質的な優位さがあっても油断はできません。本命のディアセオリーは人気を集めそうですが、昇級戦ということもあり、4番人気あたりになりそうかなと思います。週末は道悪になりそうですし、前残りになると思うのでオッズの妙味を取りに行きたい予想となります。しかしながら、心身充実している印象ですので、それほど穴という印象はありません。

 

レース日

レースの発走は、6月18日(土)の予定です。

 

あとがき

前走ブリリアントステークス組が、特に好走している実績データです。同条件というレース環境が大きいと思いますので、前走での上位の入賞馬を中心に組み立てていきたいところです。ただ、前走で上位人気になりつつも案外な結果になってしまっている場合は、割り引きでも良いと感じます。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました