常滑特別2022追い切りタイムと予想_本命ナリタザクラ

中央競馬
スポンサーリンク

 

常滑特別2022追い切りタイムと予想_本命ナリタザクラ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「常滑特別」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、6月12日に中京競馬場で行われる、芝2000m、3歳以上2勝クラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

常滑特別2022追い切りタイムと予想_本命ナリタザクラ:勝ち馬予想の追い切りタイム

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ナリタザクラ

〇(対抗):ルージュメサージュ

▲(単穴):ピノクル

 

本命はナリタザクラ

2週前追い切り

先週栗東、坂路良、助手

4ハロンG前追う:54.5-39.3-25.5-12.8

 

1週前追い切り

1日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:54.5-40.0-26.2-13.3

 

前走は休み明けの1戦でした。約3カ月ぶりの実戦でしたが、いつも通り中団で折り合うと、直線では馬場の中央からメンバー最速の上がり脚で先頭に迫りました。ゴール前まで追い比べとなりましたが、惜しくもクビ差で敗れました。どちらかと言えば休み明けの方が走るタイプですが、今回は2戦目ですし、前走並みの走りや脚は期待できると思います。

 

対抗はルージュメサージュ

2週前追い切り

25日栗東、P良、助手

5ハロン馬なり:70.0-53.2-38.7-?-11.2

 

1週前追い切り

1日栗東、P良、助手

5ハロン一杯に追う:67.0-51.0-37.2-?-11.1

 

4カ月ぶりの実戦となります。前走は年明けでしたが、今回と同じ中京2000mでした。先行やや後方で道中を運ぶと、最後は脚を使うもキレ負けしてしまいました。休養前最後のレースでしたし、疲れあったと感じますので、良いタイミングの休養だったと思います。休み明けは手ごたえの割に案外走らないことがありますが、追い切り自体は良さそうですので、今回は期待できると思います。

 

単穴はピノクル

2週前追い切り

先週栗東、C良、助手

6ハロン一杯に追う:80.3-65.4-51.0-36.7-23.4-11.9

 

1週前追い切り

29日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:61.6-44.8-29.6-14.9

 

中2週での出走となりますが、前走内容が個人的に評価できる内容でした。2走前までは決め手に欠ける内容もありましたが、前走は後方から脚をのしっかり伸ばせていました。上がり3ハロンタイムもメンバー最速でしたし、位置取りがあと1列前なら先頭まであったと感じます。レース間隔が短いので追い切りこそ軽めですが、状態は良さそうですし、休み明け3戦目なら前走なみの好走可能でしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

常滑特別2022追い切りタイムと予想_本命ナリタザクラ:出走予定馬一覧

今年は13頭の登録がありましたが出走馬は次の通りです。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アナレンマ 57.0 騎乗予定:岩田望

ウインリブルマン 57.0 騎乗予定:松若

コスモスタック 57.0 騎乗予定:川須

ダノングレーター 57.0 騎乗予定:内田

ナリタザクラ 57.0 騎乗予定:松山

ハートオブアシティ 57.0 騎乗予定:幸

ピノクル 57.0 騎乗予定:富田

ルージュメサージュ 55.0  騎乗予定:団野

ピロコギガマックス 52.0 騎乗予定:杉浦

 

 

 

スポンサーリンク

常滑特別2022追い切りタイムと予想_本命ナリタザクラ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

当初は登録していたラブパイローを本命視していましたが、回避となりました。そのため、各評価を一段階上げましたが、アナレンマ、ウインリブルマンが先行勢としては気になります。人気薄でも残ることがしばしばありますので、紐として押さえておくならこの2頭でしょう。地力で考えれば、本命のナリタザクラだと思いますが、天候も崩れそうな予報がでていますので、馬場状態によっては十分に番狂わせはありえそうです。

 

レース日

レースの発走は、6月12日(日)の予定です。

 

あとがき

当レースの条件に近いデータでは、脚質の有利不利はそれほどありません。しかしなから、最終コーナーを上位で通過した場合、人気薄であっても残りやすいことがしばしばあります。複勝率も130%を超えています。また、休み明けでも好走することもありますので、軽視されている実力馬がいればマークしておきたいところでしょう。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました