夏至ステークス2022追い切りタイムと予想_本命ルコルセール

中央競馬
スポンサーリンク

 

夏至ステークス2022追い切りタイムと予想_本命ルコルセール

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「夏至ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、6月12日に東京競馬場で行われる、ダート1600m、3歳以上3勝クラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏至ステークス2022追い切りタイムと予想_本命ルコルセール:勝ち馬予想の追い切りタイム

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ルコルセール

〇(対抗):キタノリューオー

▲(単穴):ドゥラモンド

△(連下):テイエムマグマ

 

本命はルコルセール

2週前追い切り

先週美浦、W良、助手

6ハロン馬なり:83.1-66.2-51.3-37.4-23.9-11.3

 

1週前追い切り

なし

 

未勝利戦から3連勝で臨んだG3レパードステークスでは、ゲートで出遅れて15着に大敗しました。しかし、次走の3勝クラスでは後方待機から直線ではメンバー最速の上がりを使って3着に巻き返しました。前走は騎手の乗り替わりが影響してか、力んでいつもと違う位置取りで実力を発揮できなかった印象ですが、それでも5着に入っています。今回は中1週の出走となりますが、引き続き調子は良さそうですので、前走からの巻き返しが期待できそうです。

 

対抗はキタノリューオー

2週前追い切り

25日美浦、W良、助手

6ハロンG前仕掛け:82.4-66.5-51.7-37.5-24.2-12.0

 

1週前追い切り

1日美浦、W良、助手

6ハロン一杯に追う:81.9-65.8-51.5-37.4-24.2-12.0

 

今年の始動戦となった2勝クラスで勝ち上がりました。中団待機から進めたレースでしたが、直線ではメンバー2位の上がり脚を使い、ゴール前で差し切りました。続く3勝クラス初戦はハンデ戦でしたが、スタート後はほぼ最後方の位置から、早めに位置を上げてました。直線では55キロの斤量をいかし、外からメンバー最速の上がり脚で伸びて3着に食い込みました。昇級戦と考えれば十分評価できる内容でしょう。前走では57キロの斤量にも対応して、メンバー最速の上がり脚を使えていますし、勝ち抜けるのは時間の問題でしょう。

 

単穴はドゥラモンド

2週前追い切り

26日美浦、W良、助手、内併

5ハロン馬なり:69.9-54.5-39.8-25.2-12.4

 

1週前追い切り

1日美浦、W良、助手、外遅

5ハロンG前強め:68.1-52.7-38.0-24.1-11.5

 

2走前はほぼ後方からの競馬でしたが、直線に入っても持ったままでした。重馬場の中、坂の手前からの追い出しからメンバー最速の上がりで外から一気に差し切った走りは、初のダートでも通用すると感じます。前走は、外枠だったため外々を回らされた分が着順の差が出ました。内枠ならまた違った印象ですが、ダートに転向しても決め手はいきてくるでしょう。

 

連下はテイエムマグマ

2週前追い切り

先週栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:53.1-37.6-23.9-12.0

 

1週前追い切り

2日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:54.7-39.9-25.7-12.2

 

高い先行力をいかして安定した結果を残しています。前走は不良馬場、前々走は重馬場でのレースでしたが、馬場不問で先行して粘り込んでいます。先行有利の中京コースでの実績が目立ちますが、当レースは前走が中京1800m組の相性が良く、ローテーション的には紐に入れておきたい候補となります。東京の長い直線で粘り切るのは難しいと思いますが、好走しても不思議でない実力はあると感じます。

 

 

 

スポンサーリンク

夏至ステークス2022追い切りタイムと予想_本命ルコルセール:出走予定馬一覧

今年は17頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アベックフォルス 57.0 騎乗予定:戸崎

ヴォウジラール 57.0 騎乗予定:未定

ウォーターパルフェ 57.0 騎乗予定:未定

オルクリスト 57.0 騎乗予定:未定

オーマイガイ 57.0 騎乗予定:未定

オールイズウェル 57.0 騎乗予定:菅原

キタノリューオー 57.0 騎乗予定:未定

ジェロボーム 55.0 騎乗予定:未定

シホノレジーナ 55.0 騎乗予定:未定

ダノングリスター 57.0 騎乗予定:未定

テイエムマグマ 57.0 騎乗予定:高倉

ドゥラモンド 57.0 騎乗予定:ルメール

ホウオウライジン 57.0 騎乗予定:未定

ボンボンショコラ 55.0 騎乗予定:未定

メイショウヨカゼ 57.0 騎乗予定:未定

リーガルバトル 57.0 騎乗予定:三浦

ルコルセール 57.0 騎乗予定:レーン

 

 

 

スポンサーリンク

夏至ステークス2022追い切りタイムと予想_本命ルコルセール:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

比較的差し勢が揃いました。直線の長い東京コースですので、当たり前と言えばそうかもしれません。ただ、データ傾向から後方待機すぎると馬券に絡みませんので、ある程度の位置で運べる候補がいいでしょう。本命のルコルセールはゲートや折り合いに課題はありますが、決め手なら上位の存在です。レースを引っ張る存在は複数いますが、直線では先行勢のドゥラモンドやテイエムマグマが残りそうです。週末は馬場も渋りそうなので、決め手のあるルコルセールが中団からまとめて交わすシーンも見られそうだと予想しています。

 

レース日

レースの発走は、6月12日(日)の予定です。

 

あとがき

近年の過去データからは、最終コーナーを後方で通過した出走馬はまず馬券に絡んでいません。そのため、極端な追い込み馬でなければ、どの位置からでもチャンスがあります。更には、距離短縮組の活躍が目立つ傾向で、前走が二桁着順でも当レースで変わり身を見せている舞台でもあります。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました