高知優駿2022予想(高知競馬)_本命コスモポポラリタ

地方競馬
スポンサーリンク

 

高知優駿2022予想(高知競馬)_本命コスモポポラリタ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「高知優駿」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、6月12日に高知競馬場で行われる、ダート1900m、3歳の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高知優駿2022予想(高知競馬)_本命コスモポポラリタ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):コスモポポラリタ

〇(対抗):ヴェレノ

▲(単穴):ガルボマンボ

 

本命はコスモポポラリタ

前走は南関東牝馬クラシックの東京プリンセス賞でした。着順こそ2着でしたが、勝ち馬のスピーディキックとはタイム差なしでした。もう一列前ならまず突き抜けていたと思いますし、追い出しのタイミングの差が出た印象です。強力な決め手で2歳時にレベルの高い門別競馬で重賞を連勝しているように、地力は南関東牝馬の中でも上位レベルです。長距離輸送と小回りコースに対応できれば、上位争いになりそうです。

 

対抗はヴェレノ

2走前の高知クラシックの一冠である黒潮皐月賞を制して、重賞初制覇となりました。当日は5番人気で道中は中団につけました。最後はメンバー最速の脚で先頭に迫り、接戦の末、アタマ差で差し切りました。続く、準重賞では重馬場の中、初の1800mに対応して連勝となりました。この勝利で1900mの目処も立ちましたので、3年ぶりの牝馬によるダービー制覇と、2冠目も射程圏となりました。

 

単穴はガルボマンボ

前走は準重賞でした。ハナ差の接戦の末、ヴェレノに敗れましたが、堅実な走り書き歳台の魅力です。門別から高知に移籍して10戦走りましたが、複勝圏を外したのは2回だけです。距離は短くても実績把握ありますが、個人的には伸びる方が良さそうに感じます。牡馬特有の力強さをいかせば、内側から差し切る展開があっても不思議ではありません。

 

 

 

スポンサーリンク

高知優駿2022予想(高知競馬)_本命コスモポポラリタ:出走予定馬一覧

今年は12頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アイウォール 56.0 騎乗予定:森泰斗

ハッピーオーラ 54.0 騎乗予定:永森大智

ラッキーライズ 54.0 騎乗予定:鴨宮祥行

アンティキティラ 54.0 騎乗予定:多田羅誠

マオノウイッシュ 54.0 騎乗予定:宮川実

フレッシュグリーン 56.0 騎乗予定:矢野貴之

アラバド 56.0 騎乗予定:岡村卓弥

ガルボマンボ 56.0 騎乗予定:林謙佑

アムールジョイ 54.0 騎乗予定:佐原秀泰

コスモポポラリタ 54.0 騎乗予定:赤岡修次

ヴェレノ 54.0 騎乗予定:畑中信司

サンコーチ 56.0 騎乗予定:岡遼太郎

 

 

 

 

スポンサーリンク

高知優駿2022予想(高知競馬)_本命コスモポポラリタ:まとめ・展開予想

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

小回りコースですが、先行勢が手薄いメンバー構成です。そのため、比較的まとまった状態で早めから動き出す展開が予想されます。中には多少距離をロスしても外から捲くろうとする馬もいるでしょう。ミドルスパート戦になれば本命のコスモポポラリタにとっては向く展開でしょうし、強力な決め手もよりいきてくると感じます。

 

レース日

レースの発走は、6月12日(日)の予定です。

 

あとがき

高知の1900mは平坦なコースを1周強するレースです。コーナーを6回通るため外を回らされると不利になります。ただ、内ラチ沿いの砂が深いため、内側を通るとスタミナ消費が激しくなりので、一概に有利とも言えません。スタートを決めてテンを速めて好位を取るか、豊富なスタミナをいかして距離ロスのない内側を選択するか、になりますが、いずれにしても先行力とスタミナが問われる一戦となります。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました