函館スプリントステークス2022追い切りタイムと予想_本命ナムラクレア

G3
スポンサーリンク

 

函館スプリントステークス2022追い切りタイムと予想_本命ナムラクレア

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「函館スプリントステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、6月12日に函館競馬場で行われる、G3、芝1200m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

函館スプリントステークス2022追い切りタイムと予想_本命ナムラクレア:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ナムラクレア

〇(対抗):ヴェントヴォーチェ

▲(単穴):ビアンフェ

△(連下):シゲルピンクルビー

 

本命はナムラクレア

2週前追い切り

25日栗東、坂路良、調教師

4ハロン一杯に追う:50.3-35.9-23.0-11.5

 

1週前追い切り

1日栗東、坂路良、浜中騎手

4ハロン馬なり:53.4-37.6-23.7-11.3

 

前走は桜花賞でした。距離適性に不安はありましたが、現状できる満点に近い騎乗で3着に食い込みました。先行位置から直線で追い出す理想的な運びで、もしかしたら!と感じましたが、最後は伸び負けとなりました。それでも3着に入れたのは地力の高さでしょう。

中間調教の1週前追い切りでは、抜群の動きを見せていました。基本的に攻め駆けするタイプですが、馬なりで好タイムを計時するだけでなく、一際走りに伸びがある印象でした。状態の良さは間違いなく良いと思います。また、勝ち気な面があるので、古馬や牡馬とのレースでも臆することはなさそうです。秋のスプリンターズステークスに向けて、好発進となる期待大でしょう。

 

対抗はヴェントヴォーチェ

2週前追い切り

25日栗東、坂路良、助手、外先

4ハロン一杯に追う:51.9-37.8-24.3-12.2

 

1週前追い切り

1日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:54.3-39.5-25.4-12.4

 

前走の春雷ステークスは印象に残る走りでした。道中は先行好位につけると、直線で楽に抜け出して3馬身差をつける内容でした。追い出しのタイミングを計る余裕があったため、上がり3ハロンこそ最速ではありませんが、最初から追えばさらに差は広がったでしょう。その証拠に、ラスト2ハロンの加速ラップともに11秒台前半でした。

前走から2ヶ月空いてのレースになりますが、この中間調教では久しぶりを感じさせない動きでした。スピードを感じさせる走りで、仕上がり具合は上々でしょう。

 

 

単穴はビアンフェ

2週前追い切り

25日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:50.7-37.1-24.5-12.5

 

1週前追い切り

1日栗東、坂路良、助手

4ハロン一杯に追う:51.1-36.7-24.3-12.4

 

前走はオーシャンステークスで3着でした。一度使われてからの参戦で素軽さがあり、体調も良さそうでした。右回りのほうが走れるタイプで内容も良かったですが、勝ち馬がより強かったです。しかし、昨年の勝ち馬としては開催コースが札幌から函館に変わるとはいえ、連覇を狙っているでしょう。

中間の追い切りでは、大型馬の重苦しい感じはなく、どちらかというと力強さを感じました。仕上がりは順調そうですが、今年は57キロの斤量を背負います。ゲートに課題を残す中でスタートを決めて、自分のペースでリズム良く走れれば連覇も狙えそうです。

 

連下はシゲルピンクルビー

2週前追い切り

24日栗東、坂路良、助手

4ハロン馬なり:53.1-39.4-27.2-14.8

 

1週前追い切り

1日栗東、坂路良、調教師

4ハロン馬なり:54.7-39.7-26.0-12.6

 

前走は鞍馬ステークスでした。スタートを決めて、昨年も当レースに出走していますが、9着に敗れています。スタートを決められたこともあり、思っていたよりは楽に位置をとれた印象です。レースの速い流れに対応できたのは収穫でしょう。

前走で自信をつけたのか、中間の追い切りは走りにスピードを感じました。キレる末脚も健在で好気配の仕上がりです。スタートを決めて、前走のような好位で立ち回れれば出番がありそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

函館スプリントステークス2022追い切りタイムと予想_本命ナムラクレア:出走予定馬一覧

今年は22頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アスタールビー 54.0 騎乗予定:未定

イーサンパンサー 56.0 騎乗予定:未定

ヴェントヴォーチェ 56.0 騎乗予定:西村

キタイ 54.0 騎乗予定:丹内

キャプテンドレイク 56.0 騎乗予定:藤岡康

キルロード 57.0 騎乗予定:菊沢

コロラトゥーレ 54.0 騎乗予定:荻野琢

シゲルピンクルビー 54.0 騎乗予定:和田竜

シャンデリアムーン 54.0 騎乗予定:斎藤

ジュビリーヘッド 56.0 騎乗予定:横山和

タイセイアベニール 56.0 騎乗予定:鮫島駿

ダイメイフジ 57.0 騎乗予定:菱田

ナムラクレア 50.0 騎乗予定:浜中

ビアンフェ 57.0 騎乗予定:藤岡佑

ビップウインク 54.0 騎乗予定:吉田隼

ファーストフォリオ 54.0 騎乗予定:武

プルパレイ 52.0 騎乗予定:デムーロ

ペプチドバンブー 56.0 騎乗予定:松田

ボンセルヴィーソ 56.0 騎乗予定:池添

ライトオンキュー 58.0 騎乗予定:古川吉

レイハリア 54.0 騎乗予定:松岡

ローレルアイリス 54.0 騎乗予定:川又

 

 

 

スポンサーリンク

函館スプリントステークス2022追い切りタイムと予想_本命ナムラクレア:まとめ&前年レース回顧

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ・展開予想

本命のナムラクレア以外の有力馬は先行脚質が多いので、スタート後から押していき、位置取り争いが激化する可能性が高くなりました。レース後半も早めの動き出しがありそうですし、少なくともミドルスパート戦ぐらいにはなると感じます。ナムラクレアにとって展開は恵まれそうですので、軽いハンデをいかしてまとめて差し切ると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、6月12日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年はビアンフェが制しました。

2021年の当レースは12年ぶりに札幌競馬場で行われました。当日は5番人気だったビアンフェは、スタートはそれほど良くありませんでしたが、押してハナに立つと2馬身の差をつけて最後の直線に入りました。ゴール前に近づくに連れて、後続から各馬が殺到してきましたが、なんとか粘り切り、3着までが同タイムの接戦を制しました。

なお、2着には1番人気のカレンモエ、3着には4番人気のミッキーブリランテが入りました。

 

あとがき

近年は1分6秒台後半や7秒台の高速決着が続いています。ほほ開幕週での開催が主な要因ですが、前半からハイラップで進むことも大きいでしょう。函館コースは小回りなので基本的に先行有利ですが、ハイラップになれば差しも決まりやすくなります。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました