東京ダービー2022予想(大井競馬)_本命シャルフジン

地方競馬
スポンサーリンク

 

東京ダービー2022予想(大井競馬)_本命シャルフジン

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「東京ダービー」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、6月8日に大井競馬場で行われる、ダート2000m、3歳の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京ダービー2022予想(大井競馬)_本命シャルフジン:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):シャルフジン

〇(対抗):ミヤギザオウ

▲(単穴):リコーヴィクター

 

本命はシャルフジン

JBC2歳優駿では重馬場の中、前目で粘り込み5着でした。2番人気で臨んだ当日は、2番手でレースを進めましたが、最後は後方勢に差されてしまい、門別の集大成とはなりませんでした。続く重賞の雲取賞から大井競馬に移籍しましたが、環境変化をものともせず先行押し切りの形で勝利し、京浜盃でも同様の形で押し切りました。前走の羽田盃は超ハイペースだったため後続に差し切られましたが、前目で粘り込み3着に入る好走を見せています。前走で能力の高さを改めて実感できましたし、当レースでも主役級の走りを見せてくれるでしょう。

 

対抗はミヤギザオウ

大井競馬で育ってきた1頭です。これまで6戦のキャリアがありますが、4戦でメンバー最速の上がりタイムを計時しています。前走では超ハイペースの展開で差し切りましたが、安定して使える末脚は魅力ですし、ある程度の位置からならどんな展開でも上位争いが可能だと思います。2000mは初めてになりますが、大井コースは走り慣れた地元ですし、直線の長いレースは末脚も確実にいきてくるでしょう。折り合いもつきやすいので距離に関しては問題なさそう。2冠目十分狙える状態だと感じます。

 

単穴はリコーヴィクター

前走の羽田盃こそ上がりで上位の脚は使えませんでしたが、キャリア8戦のうち7戦はは全てメンバー上位の脚を使っています。馬場状態に関わらず脚を発揮できますし、中団からの競馬は色々な競馬にも対応できると感じます。JBC2歳優駿でも3着に入った実績がありますので、このメンバーでも実績や実力が上位でしょう。ただ、JBC2歳優駿から騎手が乗り替わって勝利がありません。前走内容ももっと上位に来ても良い展開だと感じましたが、案外伸びなかった印象でした。

 

 

 

スポンサーリンク

東京ダービー2022予想(大井競馬)_本命シャルフジン:出走予定馬一覧

今年は16頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ミヤギザオウ 56.0  騎乗予定:真島大輔

タツノエクスプレス 56.0  騎乗予定:町田直希

リコーヴィクター 56.0  騎乗予定:笹川翼

ライアン 56.0  騎乗予定:今野忠成

ミゲル 56.0  騎乗予定:本田正重

ノブレスノア 56.0  騎乗予定:左海誠二

シャルフジン 56.0  騎乗予定:御神本訓

レディオスター 54.0  騎乗予定:酒井忍

カイル 56.0  騎乗予定:本橋孝太

フレールフィーユ 56.0  騎乗予定:和田譲治

ナッジ 56.0  騎乗予定:矢野貴之

イルヴェント 56.0  騎乗予定:岡村健司

クライオジェニック 56.0  騎乗予定:安藤洋一

リヴィフェイス 56.0  騎乗予定:森泰斗

トーセンエルドラド 56.0  騎乗予定:張田昂

キャッスルブレイヴ 56.0  騎乗予定:仲野光馬

 

 

 

 

スポンサーリンク

東京ダービー2022予想(大井競馬)_本命シャルフジン:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ

今年も実力馬が揃いましたが、先行勢が手頃な印象です。ほとんどの出走馬が初めての2000mとなりますので、道中は折り合い重視でけん制し合うそうな展開になると予想しています。本命のシャルフジンは前走が超ハイペースの中、豊富なスタミナを発揮し前で粘り込んだことから、2000mでも持つ可能性が高いと感じます。後続勢がけん制し合う展開になれば、より自分のペースで走れると思いますので、最後の直線でも一杯になって差されることは少ないと思います。

 

レース日

レースの発走は、6月8日(水)の予定です。

 

あとがき

大井競馬の2000mと言えば、Jpn1の帝王賞や東京大賞典でも使用されるチャンピオンディスタンスです。最初のコーナーまでは長い直線を走り切っては入るため、内外の不利はそれほどありません。しかし、道中は4つのコーナーを回りますので、外を回らされるとかなりの距離をロスします、そのため内側が有利となります。また、地方コースとしては最後の直線が長いので、差しや追い込みも度々決まることも多いです。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました