東海ダービー2022予想(名古屋競馬)_本命タニノタビト

地方競馬
スポンサーリンク

 

東海ダービー2022予想(名古屋競馬)_本命タニノタビト

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「東海ダービー」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

当レースは、6月7日に名古屋競馬場で行われる、ダート2000m、3歳の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東海ダービー2022予想(名古屋競馬)_本命タニノタビト:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):タニノタビト

〇(対抗):イイネイイネイイネ

▲(単穴):ドミニク

 

本命はタニノタビト

前走の駿蹄賞は圧巻の内容でした。序盤は中団からの競馬になりましたが、早めから動き始め、3コーナーでは3番手、4コーナーでは先頭まで位置を上げました。直線ではメンバー唯一39秒台の脚で駆け抜け、2着以下に2秒以上の大差をつけました。前走は2走前から500m伸びても、ものともしませんでしたし、3連勝で重賞を制覇した勢いや実力は本物でしょう。

 

対抗はイイネイイネイイネ

前走の駿蹄賞は2着でした。当日は1番人気に支持されましたが、ゲートの出が悪く、最後方からの競馬になりました。しかし、二の脚を使い、すぐ中団まで位置を押し上げましたが、勝ち馬が動き出した勝負どころで脚が使えませんでした。脚を使う頃には大きく差が開いてしまいましたが、それでも最後まで脚を使って2着に入ったのは地力の高さでしょう。2着続きの惜敗が続いていますが、重賞制覇は時間の問題でしょう。

 

単穴はドミニク

駿蹄賞では牡馬との混合レースになりましたが、牝馬では最先着の3着でした。いつも通り後方からの競馬になりましたが、勝ち馬の速めに動き出しについていけなかった印象です。もう1列前で待機できればまた違ったと思いますが、最後は見せ場もありました。4コーナーではまだ中団位置でしたが、メンバー2位の上がり脚で3着に食い込みました。前走の経験から、少し前につける可能性もありますが、脚をためられれば上位争いも可能でしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

東海ダービー2022予想(名古屋競馬)_本命タニノタビト:出走予定馬一覧

今年は12頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

エムエスムーン 54.0 騎乗予定:村上弘樹

コスモライデン 56.0 騎乗予定:友森翔太

シノジマニヨラサイ 56.0 騎乗予定:戸部尚実

リンクスターツ 56.0 騎乗予定:今井貴大

パピタ 56.0 騎乗予定:丹羽克輝

ドミニク 54.0 騎乗予定:向山牧

プライムデューク 56.0 騎乗予定:大畑雅章

シャローナ 54.0 騎乗予定:加藤聡一

レイジーウォリアー 54.0 騎乗予定:丸野勝虎

ヒメコマチ 54.0 騎乗予定:藤原良一

タニノタビト 56.0 騎乗予定:岡部誠

イイネイイネイイネ 56.0  騎乗予定:渡辺竜也

 

 

 

 

スポンサーリンク

東海ダービー2022予想(名古屋競馬)_本命タニノタビト:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

 

予想まとめ

2012年には3連単配当が100万を超える決着もありましたが、基本的には堅めの決着傾向です。中でも駿蹄賞組の上位が好走しており、軸馬候補としてはうってつけでしょう。本命のタニノタビトは2022年駿蹄賞の勝ち馬です。レコード勝ち、2着に大差をつけた内容からも信頼度は大きいと感じます。

 

レース日

レースの発走は、6月7日(火)の予定です。

 

あとがき

今年から新しくなった名古屋競馬場で実施されます。2021年は1900mでの実施でしたが、2022年からは2000mに延長されます。スタミナ適性は言うまでもありませんが、各コーナーに緩急があるため、コーナーワークもポイントとなります。前有利には違いありませんが、最後の直線も長くなっているため、展開によってはある程度の位置なら差しも届きます。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました