白百合ステークス2022予想_本命ヴェローナシチー

中央競馬
スポンサーリンク

 

白百合ステークス2022予想_本命ヴェローナシチー

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「白百合ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

白百合ステークスは、5月29日に中京競馬場で行われる、芝2000m、3歳オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白百合ステークス2022予想_本命ヴェローナシチー:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ヴェローナシチー

〇(対抗):フォースクエア

▲(単穴):フェーングロッテン

△(連下):アサヒ

 

本命はヴェローナシチー

1週前追い切り

栗東、坂路良、助手騎乗

4ハロン1F追う:53.4-39.0-25.3-12.7

デビューしでから全て3着以内と安定感抜群の実績です。しかもこの中には重賞の京成杯、京都新聞杯が入っていますので、素質面はメンバー上位と言えるでしょう。強力な決め手も持っていますし、この頭数なら展開に左右されることも少なそうです。メンバーも手頃ですので、まず好勝負になると思います。

 

対抗はフォースクエア

1週前追い切り

19日栗東、坂路良、水口騎手騎乗、内遅

4ハロン一杯に追う:51.5-37.5-24.6-12.5

キャリア1戦で重賞のきさらぎ賞に臨みました。最初のコーナーで挟まれて進路が塞がる不利を受けましたが、立て直して後ろからの競馬となりました。直線ではジリジリ伸びて6着でした。自分の競馬ができていれば、さらに上の着順もあったと思います。今回は仕切り直しの1戦となりますが、リステッドレースなら巻き返せると感じます。

 

単穴はフェーングロッテン

1週前追い切り

18日栗東、C良、助手騎乗

6ハロン一杯に追う:84.3-68.0-52.9-37.6-23.7-11.6

新馬戦ではドウデュースと走り、2番人気に推されて結果は3着でした。着差は3馬身程度でしたが、ドウデュースの強さが目立つ一方で、唯一後方から脚を伸ばしてきた1頭です。上がりタイムもほぼ差がな居所からは、地力の高さが伺えます。力を出し切れば好勝負に持ち込めると思いますので、期待したい1頭でしょう。

 

連下はアサヒ

1週前追い切り

19日美浦、W良、助手騎乗、内併

6ハロン馬なり:82.9-66.5-51.4-36.9-23.6-11.6

東京スポーツ杯2歳ステークスではイクイノックスに次ぐ2着、共同通信杯では出遅れながらもダノンベルーガに次ぐ2着と、強敵との戦いでは一歩及ばない内容が続いていました。満を持して臨んだ前走のスプリングステークスでは、調整不足もありましたが、中山コースが合わなかった印象です。休養明けですが、実績のある東京コースなら巻き返しが狙えると思います。

 

 

スポンサーリンク

白百合ステークス2022予想_本命ヴェローナシチー:出走予定馬一覧

今年は9頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アサヒ 56.0 騎乗予定:鮫島駿

アーティット 56.0 騎乗予定:吉田隼

ヴェローナシチー 57.0 騎乗予定:酒井

コマンドライン 57.0 騎乗予定:未定

ジャスティンロック 57.0 騎乗予定:未定

タマモエース 56.0 騎乗予定:国分

ピースファイン 56.0 騎乗予定:未定

フェーングロッテン 56.0 騎乗予定:未定

フォースクエア 56.0  騎乗予定:坂井

 

 

 

スポンサーリンク

白百合ステークス2022予想_本命ヴェローナシチー:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

出走メンバーの脚質から道中は落ち着いた流れで、最後は瞬発力勝負になりそうです。頭数も手頃なため、展開に左右されず、これまでの実績通りの結果になりそうです。となると、本命のヴェローナシチーは軸馬としてはうってつけでしょう。目立った逃げ馬もいませんので、決め手に優劣をつけて組み立てれば、点数も絞りやすくなると思います。

 

レース日

レースの発走は、5月28日(土)の予定です。

 

あとがき

京都新聞杯からのローテーション組が好走しています。この傾向からは、コースか距離に対応できるかどうかがポイントになりそうです。また、昨年は前走ダート組が2頭おり、いずれも連隊していたことから、主に中距離適性が問われる一戦となりそうです。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました