ヒダカソウカップ2022予想(門別競馬)_本命ネーロルチェンテ

地方競馬
スポンサーリンク

 

ヒダカソウカップ2022予想(門別競馬)_本命ネーロルチェンテ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「ヒタガソウカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

ヒダカソウカップは、5月19日に門別競馬場で行われる、ダート1600m、3歳以上の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒダカソウカップ2022予想(門別競馬)_本命ネーロルチェンテ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ネーロルチェンテ

〇(対抗):サイファリス

▲(単穴):アブソルートクイン

 

本命はネーロルチェンテ

昨年のサンケイスポーツ杯ノースクイーンカップでは、勝ち馬とタイム差なしの2着でした。また、今年は牡馬との戦いでも3馬身差をつけるなど快勝するレースもありました。近走の充実ぶりは朗らかですし、実力的にもメンバー上位だと思います。2歳時に制覇したブロッサムカップ以来となる重賞制覇のチャンスですので、ここは何が何でも勝っておきたいところでしょう。

 

対抗はサイファリス

まだ重賞勝ちはなく、最高でも2着という結果です。しかし、堅実な差し脚でどのレースでも好走しており、決め手という武器でこのメンバーでも見劣りしません。内回りコースは今回が初めてになりますが、対応できれば上位争いも可能だと思います。1800m戦よりも距離が短くなることで、多少の忙しさはあるかもしれませんが、流れるようなペースならより展開も向くでしょう。

 

単穴はアブソルートクイン

過去にホッカイドウ競馬に所属していましたが、経験を積むために各地に移籍をしていました。今回は再移籍初戦となります。これまで牝馬限定の重賞でも入賞をしていますし、確実に成長して戻ってきた印象です。実績面でも他に引けはとらない内容ですので、枠順を生かした上位争いができても不思議ではありません。

 

 

スポンサーリンク

ヒダカソウカップ2022予想(門別競馬)_本命ネーロルチェンテ:出走予定馬一覧

今年は11頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

  

アブソルートクイン 56.0 騎乗予定:宮崎光行

ソーディスイズラヴ 55.0 騎乗予定:阪野学

ディアリッキー 56.0 騎乗予定:松井伸也

アトムアストレア 54.0 騎乗予定:五十嵐冬

ネーロルチェンテ 56.0 騎乗予定:石川倭

チビノヴァルタン 54.0 騎乗予定:黒澤愛斗

サイファリス 55.0 騎乗予定:服部茂史

クレモナ 56.0 騎乗予定:小野楓馬

バブルガムダンサー 55.0 騎乗予定:阿部龍

スティールティアラ 55.0 騎乗予定:桑村真明

クーファアチャラ 55.0 騎乗予定:落合玄太

 

 

スポンサーリンク

ヒダカソウカップ2022予想(門別競馬)_本命ネーロルチェンテ:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

本命馬のネーロルチェンテは先行馬ですので、3番手あたりにはつけられると思います。コーナーを4回通るため、ペースもそれほど速くならず平均ぐらいで進みそうです。ネーロルチェンテの押し切りが濃厚ですが、後方から追い込んでくるサイファリス、アブソルートクインの脚には気をつけたい展開になると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、5月19日(木)の予定です。

 

あとがき

門別コースの内回り1600mはコーナーを4回通ります。最後の直線が約200mしかないため、内枠の先行馬が有利な条件です。外を回されると距離のロスが大きいので、道中のポジション取りも重要になるレースです。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました