日本ダービー2022予想_本命イクイノックス

G1
スポンサーリンク

 

日本ダービー2022予想_本命イクイノックス

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「日本ダービー」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

日本ダービーは、5月29日に東京競馬場で行われる、G1、芝2400m、3歳の世代最強を決めるオープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本ダービー2022予想_本命イクイノックス:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧(現状)

◎(本命):イクイノックス

〇(対抗):ダノンベルーガ

▲(単穴):ドウデュース

△(連下):ジオグリフ

 

本命はイクイノックス

2週前追い切り

美浦、W良、助手騎乗

6ハロン馬なり:84.8-68.3-53.3-38.6-24.5-11.6

 

1週前追い切り

18日美浦、W良、ルメール騎手騎乗、内併

7ハロン馬なり:99.2-67.7-52.6-38.2-24.6-12.0

 

最終追い切り

美浦、W良、ルメール騎手騎乗

5ハロン馬なり:68.4-52.9-38.2-?-11.6

 

クラシック1冠目となった前走の皐月賞は、向う正面に行くまでに他馬と接触する不利がありました。最後の直線でも内にモタれるシーンがありましたが、久々の分もあったでしょう。厩舎としては久々以外の可能性も見ているようで、調教で改善できる方法も考えているようです。

今の馬体完成度では、走る度に背中や腰に負担がかかるため、皐月賞後は放牧に出され、十分なケアをされて14日に帰厩しています。今回もチャレンジャーとしの位置づけになりますが、コンディションが整えば、世代最上位の能力や素質を遺憾なく発揮できるでしょう。

続く…

 

対抗はダノンベルーガ

2週前追い切り

15日美浦、W稍重、助手騎乗

4ハロン馬なり:59.8-43.5-27.9-13.6

 

1週前追い切り

19日美浦、W良、川田騎手騎乗

6ハロン直一杯に追う:77.9-62.4-48.5-35.1-22.6-11.0

 

最終追い切り

美浦、W良、助手騎乗

5ハロン馬なり:66.5-51.6-37.6-?-11.4

共同通信杯時は馬体の戻りに時間がかかったようでず、前走の皐月賞後はこれまでよりも戻りが早かったようです。

また、12日に非公式で追い切りが実施されており、しっかり疲れをとった後でリズム重視の内容でした。タイムは5ハロンで66.6秒-11.8秒。まだトモの内容に緩さは残るものの、左右のバランスや息遣いは良さ気です。立ち上がりが慎重だっただけに、段階を見て仕上げが進んでいる状況です。

続く…

 

単穴はドウデュース

2週前追い切り

11日栗東、C良、助手騎乗、内併

6ハロン馬なり:82.6-67.7-53.0-37.8-23.6-12.0

 

1週前追い切り

栗東、C良、武騎手騎乗、内先

6ハロン強め:79.6-64.7-50.0-35.5-22.3-11.2

 

最終追い切り

栗東、P良、助手騎乗

6ハロン馬なり:85.2-68.2-52.6-37.9-?-11.4

11日の追い切りは気合を乗せる程度で行われました。終始良い感じで進められていたので、目的も達成したような感じでしょう。皐月賞後にすぐに乗り出せているところを見ると、弥生賞の後ほどダメージもないようです。1週前追い切りではジョッキーが乗る予定ですので、現状の確認はもちろんのこと、状態によっては長めや負荷もかけられていくかもしれません。

続く…

 

連下はジオグリフ

2週前追い切り

15日美浦、坂路稍重、助手騎乗

4ハロン強め:55.1-40.4-26.2-12.8

 

1週前追い切り

18日美浦、W良、助手騎乗、中併

7ハロン馬なり:98.7-66.4-52.1-37.9-24.2-11.5

 

最終追い切り

美浦、W良、福永騎手騎乗

6ハロン馬なり:83.2-66.5-52.0-38.5-?-11.4

 

前走の皐月賞では体調も良かったようですが、上手く立ち回りができていました。デビューした頃と比べてフォームが良い意味で異なり、成長している変化が見て取れます。皐月賞後は牧場でケアされており、11日に帰厩しています。距離延長に不安がない訳ではありませんが、皐月賞のように走れれば走りきれると思います。唯一2冠目を狙えるタイトルホースだけに、良い状態で本番を迎えたいところでしょう。

続く…

 

 

スポンサーリンク

日本ダービー2022予想_本命イクイノックス:出走予定馬一覧

今年は22頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アサヒ 57.0 騎乗予定:未定

アスクビクターモア 57.0 騎乗予定:田辺

アスクワイルドモア 57.0 騎乗予定:未定

イクイノックス 57.0 騎乗予定:ルメール

ヴェローナシチー 57.0 騎乗予定:未定

オニャンコポン 57.0 騎乗予定:菅原

キラーアビリティ 57.0 騎乗予定:横山武

コマンドライン 57.0 騎乗予定:未定

ジオグリフ 57.0 騎乗予定:福永

ジャスティンパレス 57.0 騎乗予定:デムーロ

ジャスティンロック 57.0 騎乗予定:松山

セイウンハーデス 57.0 騎乗予定:幸

ダノンベルーガ 57.0 騎乗予定:川田

デシエルト 57.0 騎乗予定:岩田康

ドウデュース 57.0 騎乗予定:武

ビーアストニッシド 57.0 騎乗予定:和田竜

ピースオブエイト 57.0 騎乗予定:藤岡佑

プラダリア 57.0 騎乗予定:池添

ポッドボレット 57.0 騎乗予定:未定

マテンロウオリオン 57.0 騎乗予定:横山典

マテンロウレオ 57.0 騎乗予定:横山和

ロードレゼル 57.0 騎乗予定:未定

 

 

スポンサーリンク

日本ダービー2022予想_本命イクイノックス:まとめ&前年レース回顧

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

予想確定後に追記します。

 

レース日

レースの発走は、5月29日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年、第88回日本ダービーを制したのはシャフリヤールでした。

2018年に生まれたサラブレッドは7398頭でした。その中でもシャフリヤールは、母はアメリカG1馬のドバイマジェスティ、父はディープインパクトという血統で、全兄には皐月賞馬のアルアインがいる良血馬でした。

道中は中団前目のイン側につけ、自身の脚質と2400mに対応した理想的な位置取りでした。しかし、3コーナーから馬群が一気に固まり始め、抜け出すには苦しい展開となりました。

進路を確保するため、最終コーナー時点では一時的に位置を下げながらも外目に出して、馬場中央の進路を選択しました。追い出し始めは狭いところを割ってくる場面もありましたが、進路確保できた後は脚を伸ばして前に迫りました。

残り200mで一冠目の皐月賞馬エフフォーリアが抜け出し、勝負アリと思った瞬間、馬群の合間からシャフリヤールが強襲をかけました。

シャフリヤールがジリジリ詰め寄る中、エフフォーリアも底力で再び伸びて、残り100mは意地と意地のぶつかり合いとなりました。最後までどちらも引くことなく、全く並んでゴール板を通過した結果、ハナ差でシャフリヤールが勝利をものにしました。

毎日杯制覇後、皐月賞には向かわず成長を優先させた結果が好勝負の要因でしょう。実際に走破タイムの2分22秒5は、2019年にロジャーバローズが出したタイムを0.1秒上回る、レースレコードとなっています。

また、勝利ジョッキーとなった福永騎手は、2018年のワグネリアン、2020年のコントレイルに続き、日本ダービーは通算3勝目となり、2021年のシャフリヤールで見事に連覇を果たしました。なお、3着には9番人気のステラヴェローチェが入り、2番人気の紅一点サトノレイナスは5着に敗れました。

 

あとがき

予想確定後に追記します。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました