青竜ステークス2022予想_本命ヴァルツァーシャル

中央競馬
スポンサーリンク

 

青竜ステークス2022予想_本命ヴァルツァーシャル

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「青竜ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

青竜ステークスは、5月15日に東京競馬場で行われる、ダート1600m、3歳オープンクラス、WIN5対象のレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

青竜ステークス2022予想_本命ヴァルツァーシャル:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ヴァルツァーシャル

〇(対抗):リッキーマジック

▲(単穴):ペイシャエス

△(連下):ホウオウルーレット

 

本命はヴァルツァーシャル

1週前追い切り

4日美浦、坂路良、助手騎乗

4ハロン馬なり:56.8-41.6-27.4-13.2

 

デビューから強力な決め手で安定した実績を残しています。上がり3ハロンタイムはいずれのレースでも上位の存在ですが、特に前走の内容が強かった印象です。

うまくスタートを切れた後は位置を下げて後方待機に構えました。直線で外目に抜け出すと、そこから一気に突き抜ける姿は格が違う、と言わんばかりの力量差を見せつけました。まだ底を見せておらず、年齢からも伸びしろは大きいと思います。昇級初戦とはいえ、十分通用する力はありそうです。

 

対抗はリッキーマジック

1週前追い切り

4日美浦、W良、田辺騎乗、内併

7ハロン馬なり:99.7-68.3-52.8-37.9-24.5-12.4

 

これまで2戦しかしておらず、今回で3戦目となります。東京コースのマイルでは2戦2勝と抜群の相性と実績です。レースセンスも良く、長くいい脚を使いますので、休み明けとはいえ上積みは十分見込めそうです。

加えて、当レースもこれまでと同条件ですし、調教や馬体の状態も良さそうです。後は馬場次第になりそうですが、良馬場なら前走以上に走れそうです。

 

単穴はペイシャエス

1週前追い切り

4日美浦、坂路稍重、助手騎乗、内併

4ハロン馬なり:54.7-39.9-25.9-13.2

 

新馬戦を勝ち上がった後は連勝とはなりませんでしたが、1戦ごとに確実に地力強化ができていると感じます。前走は先行しながらも、最後の3ハロンはメンバー最速の上がりで後続を寄せ付けませんでした。

結果も5馬身差の楽勝でしたし、勝ちタイムも十分合格点を出せる内容だと思います。一族にはエルコンドルパサーがいる血統ですし、暖かくなり素質が開花してきた印象です。

 

連下はホウオウルーレット

1週前追い切り

5日美浦、W良、助手騎乗、外遅

6ハロン一杯に追う:85.8-67.8-52.5-37.9-24.2-11.7

 

デビューから連勝で臨んだ3走目は、1番人気でしたが5着でした。追い切り時から口を割って走っており、これがレース中にも出てしまいました。それでももう少し踏ん張れると思いましたが、後ろから目標にされてしまい、展開も厳しかった印象です。

この調教ではクロス鼻革をつけて入念に調整されていますし、長めで負荷もしっかりかけられています。巻き返しを狙うための準備は整っていると思います。

 

 

スポンサーリンク

青竜ステークス2022予想_本命ヴァルツァーシャル:出走予定馬一覧

今年17頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ヴァルツァーシャル 56.0 騎乗予定:三浦

ウラヤ 56.0 騎乗予定:岩田望

オディロン 56.0 騎乗予定:池添

グットディール 56.0 騎乗予定:ルメール

クロステック 56.0 騎乗予定:未定

グローリー 56.0 騎乗予定:未定

スマートラプター 56.0 騎乗予定:未定

ダンディジャック 56.0 騎乗予定:石橋

デアノヴァ 54.0 騎乗予定:宮崎

ハセドン 56.0 騎乗予定:横山典

バトルクライ 56.0 騎乗予定:戸崎

ペイシャエス 56.0 騎乗予定:菅原

ベストリーガード 56.0 騎乗予定:木幡

ホウオウルーレット 56.0 騎乗予定:横山武

ライラボンド 56.0 騎乗予定:未定

ラヤス 56.0 騎乗予定:未定

リッキーマジック 54.0 騎乗予定:田辺

 

 

スポンサーリンク

青竜ステークス2022予想_本命ヴァルツァーシャル:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

ハナを取りたい逃げ馬が複数いますので、スタート後から少しやり合う展開になると思います。その分、後続勢のチャンスも広がりそうですので、本命のヴァルツァーシャルにとっては向く展開でしょう。

最後の直線で先行していたリッキーマジックとペイシャエスがホウオウルーレット交わしたあたりで、ヴァルツァーシャルが最速の上がり脚でまとめて差し切る展開になると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、5月15日(日)の予定です。

 

あとがき

近年の当レースは先行馬が圧倒的有利で、差しや追い込みはかなり決まりにくい実績です。ただ、前走も先行している組よりは、中団や後方から進めた馬の方が実績が良くなっています。

さらに、昇級馬よりは同クラスで経験を積んだ馬の実績が良く、経験値の差が結果に反映するレースとなります。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました