北大過去問解いてみた!過去問の感想と傾向、これからの全科目対策まとめ!

受験
スポンサーリンク

 

「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」、「実学の重視」

上記4つの基本理念を掲げ、現在まで発展してきた北大は札幌農学校が前身。

今では様々な学部が設置され、

毎年全国各地から受験生が集まるほどの国立総合大学ですが、

実際は道内からの進学者が半数です。

 

この記事では北海道地方の高校3年生に向けて、

北大個別試験の特徴と対策方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語

 

読解問題2題、英作文1題、会話問題1題の合計4題を90分で解答します。

 

難関国立大としては珍しく選択肢問題が割と多く、

空所補充や内容一致問題などが多い傾向です。

問題自体のレベルはそれほど高くなく、いわゆる予備校の標準レベル。

文構造や文中の指示語に気を付けて解いていけば、

おおよそ理解できる内容になっていますが、時間にそれほど余裕がないので、

速く読む力も必要になってきます。

普段からこのあたりを意識して勉強すれば十分対応が可能です。

 

ただし、英作文は少し変わっていて、

英文を読んでその内容を英語で言い換える問題や

80語程度の英語で自分の考えを書く場合もあります。

そのため、英作文も普段から自分の考えを書く練習が必要ですし、

その内容に文法のミスがないか添削してもらうことも大切です。

 

スポンサーリンク

数学

 

理系数学は全範囲から万遍なく、大問5つ出題されます。解答時間は120分です。

 

問題レベルは難しいものもあれば、比較的易しいものもありますので、

得点しやすいと言えるでしょう。

そのため、しっかりと書く力、計算できる力、色々な問題に対応できる力を

身に付けることが必要です。

 

 

文系数学の解答時間は90分で、大問4つ出題されます。

 

ほとんどの生徒ができないという難しい問題はなく、

標準的なレベルの問題がほとんどです。

しかし、複雑な計算をさせる問題があるため、計算ミスをなくし、

部分点をとりまくるという作戦がとれますので、

日頃から計算ミスをしないように心がけましょう。

 

対策としては、理系数学も文系数学も、

標準レベルの問題集一冊を何度も解きなおすことです。

 

 

スポンサーリンク

国語

 

120分で4題を解きます。内訳は現代文2題、古文1題、漢文1題です。

 

問題は標準レベルですが、ほぼ記述式の解答になるため、

選択肢問題に偏らないようにしましょう。

また、解答時間のわりに記述量が多いので、

現代文や古文、漢文の長い文章(行数)を

読んでまとめる(要約・縮約)練習が効果的です。

特に現代文は、大問2題分解答しないといけないので、

速く読む力も身に付けておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク

理科

 

2科目で解答時間は150分です。時間の使い方は特に決められていません。

選択できる科目は、物理、化学、生物、地学から選べます。

 

 

物理は、例題などのパターン問題が解けるだけでは足りません。

公式や原理を説明できる知識と理解が必要で、

これがないと解答が難しくなります。

「なぜそうなるのか」という意識を常に持ちながら、

分野の偏りなくバランスよく対策しておきましょう。

ちなみに、出題は毎年3題で、空所補充形式です。

 

 

化学は、基礎知識を確認する出題内容が準備されています。

空所補充ですが、解答する量も多いため、

時間をかけすぎないようにしましょう。

また、問題難易度は高くありませんが、

すべての分野から偏りなく出題されることが多いです。

そのため、基礎固めを中心とした対策を行いましょう。

 

 

生物は、基本的な出題が非常に多いので高得点が狙えます。

逆に言うと、ケアレスミスや取りこぼしは周りとの差につながるので、

基礎中心の対策を行いましょう。

また、知らないと解けない問題もあるので、

実験系の範囲には十分注意をしてください。

 

 

地学は、基礎レベルです。教科書レベルといってもいいでしょう。

このことからわかるように、

教科書内容を中心とした基礎知識を身につけてください。

実際の問題は、一問一答形式で出題されますので、

早々に片づけたあとで記述問題に取り掛かりましょう。

 

スポンサーリンク

地歴公民

 

日本史は、大問が4問です。

後半で論述問題となっており、

説明文からは判断しにくい内容になっています。

試験時間である90分で解答しきるのは大変です。

読み取る力や記述する力を磨いておきましょう。

さらに、出題範囲では北海道が関係する事柄は

必須で覚えておかないといけません。

 

 

世界史は大問は3つです。

問題数は少なく見えますが、

実際には90文字前後で論述しなければならない問題もあります。

そのため、知識に頼った解答だけでは対応は難しいでしょう。

しかし、問題難易度は教科書レベルのため、論述対策が進んでいない生徒は、

教科書の読み直しや知識の補充から始めるといいでしょう。

また、キーワードをヒントに論述する方法も良いでしょう。

 

 

地理も各分野からバランスよく出題されます。

地形に関する出題多いことが特徴で、話題になっている環境や

エネルギー資源についてもよく出題されます。

ただし、問題の難易度は教科書レベルですが、

しっかりとした記述力が必要になりますので、

日頃から添削してもらうようにしておきましょう。

 

 

公民は教科・科目の設定はありません。

 

 

まとめ

 

人気の難関国公立大学とはいえ、標準的なレベルで出題される北大。

特別な能力や力がなくとも、特徴を踏まえて対策内容であれば、十分合格できる力がつきます。

北大は努力次第で合格できる大学だと思いますので、

上記を参考に対策していただき、ぜひ合格につなげてもらいたいと思います。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました